【ぷりずむ】

「安倍首相と比べると天皇の方がリベラル」という意見を時折見る。しかも現政権に批判的で、天皇主義ではない(であろう)人々の口からだ。思想的にリベラルを全否定した上で天皇主義になる転向ではなく、リベラルなことを主張する根拠に …

【オシテルヤン日記】「わしの命や。もう覚悟はできてる」 ……と言うけれど大阪・長居「コミュニティスペース オシテルヤ」職員 中桐 康介

困窮の「底が抜けている」野宿の労働者  「知り合いが悪いことして捕まってるんや。なんとかしたってくれへんか」―夜回りで出会った労働者からこんな相談を受けて、拘置所に面会に行き、弁護士をつけて裁判を支援したり、出所後の暮ら …

【時評短評 私の直言】水産物禁輸は「風評被害」ではない 高校非常勤講師 大今 歩

  WTO 韓国の禁輸措置を是認    2018年2月22日、WTO(世界貿易機関)の紛争処理小委員会(パネル)は福島第一原発事故を理由に韓国が福島県など東北や関東地方の8県産の水産物の輸入を禁止していることについて、禁 …

【文化欄】「人間の根源は食べ物」 直感で田舎へ編集部 矢板 進

Iターンする若者たち(1)  昨年、京都の街でひとの集うところを取材してまわり、京都の農村とつながっているひとびとや、農村に可能性を見出し移住する若者たちに出会った。全国的にもそのような若者は増えているようだ。田舎暮らし …

【時事雑感】山本太郎の新党名「れいわ新撰組」に異議あり編集部 園 良太

 山本太郎参議院議員の新党名が発表された。「れいわ新選組」。彼は東京五輪の招致成功決議案に国会で唯一反対したり、悪法への体を張った抵抗で市民運動からの評価も高い。だからこそ残念だ。維新の勝利に焦ったのか? 回顧ブームに短 …

【各地のムーブメント】鴨川河川敷でピクニック「声をあげるひとのメーデー」ユニオンぼちぼち

ユニオンぼちぼち流 メーデーの過ごし方 「あの職場 あかんわ~!  「ピクニックスタイルのメーデー」というと、違和感をもつ人もいるのではないでしょうか?   ユニオンぼちぼちでは、毎年、4月下旬に独自メーデーを開催してい …

【天皇制を考える】連載 天皇制を考える意見特集(1) 太田 昌国さん(評論家・編集者)

弱者に「寄り添う」ことで 弱肉強食の政治を補完する  天皇代替わりイベントが迫っている。編集部は、天皇制について、(1)人民統治の道具、(2)植民地主義の残滓、(3)身分制・差別の象徴であるとして、「廃止すべき」との立場 …

【ぷりずむ】

 2018年に警察から児童相談所に通告された児童虐待数と摘発した児童虐待事件が過去最多となった。DVの専門家・山口のり子氏は受動喫煙禁止の動きを受け、「受動虐待」を造語し対処を提起した。言わんとすることには賛成だが、虐待 …

【天皇制を考える】意見特集(2) めふぃ~☆さん(ダンスパフォーマー)インタビュー

天皇制の政治利用、身分制度、戦争責任に いち右派はこう答える  天皇制を否定する論拠、(1)政権による政治利用(2)身分制度(3)戦争責任。それらについて右派はどう考えるのか。2006年まで日本会議に所属し、今は極右支持 …

NPO 社団法人役員名簿の 警察提出を求める自治体 K・Yさん(兵庫県在住)

個人情報が警察に集中する  自治体の助成金申請時に提出する役員名簿(個人情報)が警察に流される仕組みが作られているという。「暴力団排除条例」を錦の御旗とする市民団体監視システムが進行しつつあるようだ。 「反社会団体」とは …

【緊急報告 釜ヶ崎より】センターは閉まらず大谷 隆夫(釜ヶ崎公民権運動/釜ヶ崎医療連絡会議)

ジェントリフィケーションへの抵抗  1970年に竣工された、あいりん総合センター(以下、センターと略す)は、釜ヶ崎日雇労働者にとっては文字通りなくてはならない場所ですが、このセンターが、ジェントリフィケーション(地域の高 …