【人民新聞弾圧】拘置所へ激励行動

12月27日、神戸地裁に対し保釈を求める要求行動、神戸地検に対し起訴取り消しを求める要求行動、編集長がとらわれている神戸拘置所への激励行動を約30人で行いました。 神戸拘置所では、数十人の職員および増員された警察官らが通 …

センター移転は森友・加計問題に通じる/企業を儲けさせるだけの計画

センターは釜ヶ崎の心臓  11月11日、西成市民館(大阪市)にて、「釜ヶ崎は労働者のまち! センター潰すな! 仮移転も本移転も許さない! 西成特区構想はジェントリフィケーション! 大集会」が開催された。釜ヶ崎では現在、西 …

【人民新聞弾圧】押収物の還付請求

編集長勾留とともに、押収されたすべてのPCと資料がいまだ返還されないままであり、人民新聞社の業務に多大な支障をきたしている。昨日神戸地検に対して弁護士より還付請求を行ったので、以下文書を掲載する。 (編集部) 平成29年 …

編集長からの獄中メッセージ

今回の私・山田に対する被疑事実と人民新聞社は、全く無関係である。にもかかわらず、人民新聞社に対し大規模な家宅捜索を行い、パソコンを全て持ち去るなど新聞社が業務不能に陥るほどの徹底した押収を行った。これは、政府・権力に批判 …

ぷりずむ

 その昔大杉栄が吉原を歩いていたとき、通りがかりに酒場で揉めているところに立ち会ったことがあった。酔っ払った男が窓ガラスをこわしたので、警察が呼ばれていたのだが、大杉はそこでこう言ったという。「この男は今一文も持っていな …