【ぷりずむ】

 米朝首脳会談がらみの報道で、認識のゆがみが典型的に出ているのが拉致問題だ。米朝首脳会談で日本人拉致問題が解決するはずがないのに、日本のメディアでは事前にも会談後にも、拉致問題が解決に向けて大きく前進するかのような楽観的 …

【ぷりずむ】

  私は人生で2度痴漢にあった。2度目は30代、場所は映画館。太股のあたりがおかしいと気づき、無性に腹が立ち、隣の男性へ場内響き渡るような声で「何すんの!」。男性は立ち去った。少しは世間というものがわかりかけていたからだ …

ぷりずむ

 「もしあなたがある日目覚めたとき、そこが監獄で看守がネズミだったとしたら、あなたはおとなしくその監獄にとどまるだろうか」。 先日亡くなったイギリスの理論物理学者のホーキングは、何年も前にこのような警告を発した ▼彼は体 …

ぷりずむ

 JRに乗っていたら「線路内への立ち入り情報があり点検しました。それで列車が遅れています。ご迷惑をおかけし深くおわびします」と車内放送。安全のためにやったのだから、何もわびることはない。遅れたことをわびるのなら運賃を半分 …

ぷりずむ

 今年の冬は寒い。例年よりもストーブを炊く時間が長くなり、しかも灯油代も上がっているので厳しいが、暖をとれるのは、ありがたいことだ。寒い日がつづくと、身のまわりで調子を崩す人も多い。インフルエンザも流行っているが、精神的 …

ぷりずむ

 沖縄で相次ぐ米軍機のトラブルの追求に、「それで何人死んだんだ」とヤジる副大臣。「何人死んだら動いてくれるのだ」と、宜野湾市民。この政治、忘れへんで! ▼先の大戦と何もかわらない権力政治、意識。違いは言い返すことができる …

ぷりずむ

 今年は明治維新から百五十年の節目だ。非西洋で最初に「近代化」した日本は、自らの「近代」を振り返り、次の時代を拓かねばならない ▼この百五十年は、十五年戦争の敗北と、福島第一原発核惨事に帰着した。戦前これを主導したのは、 …

【ぷりずむ】

 テレビやラジオの声が早口になっている。特にニュースは短時間にどれだけたくさんしゃべるか競っているようだ。かつて久米宏と黒柳徹子が早口の双璧で、ひとつの芸だったのに、今や誰もがそんなふうにしゃべる。政治家もそう。アベも小 …

ぷりずむ

 この社会を構成しているものは、(1)市場・科学、(2)制度・政治、(3)愛・道徳・精神・個人・文化・アートのレベルがある。企業家や学者は(1)、法律家や政治家や行政職員、政治闘争/制度改革運動は(2)のレベルで動いてい …

ぷりずむ

 歯茎が腫れたので歯医者にいった。歯の埋めものの下の炎症で、原因部分を治療した。医者は、念のために抗生物質を出すと言う。いらないと言った。腫れが残ってもいずれ治る。医者は薬の出し過ぎだと思っていたら、アメリカはもっとひど …

ぷりずむ

 その昔大杉栄が吉原を歩いていたとき、通りがかりに酒場で揉めているところに立ち会ったことがあった。酔っ払った男が窓ガラスをこわしたので、警察が呼ばれていたのだが、大杉はそこでこう言ったという。「この男は今一文も持っていな …

ぷりずむ

 トランプ米大統領は11月20日、北朝鮮をテロ支援国家に再指定すると発表した。2008年に指定解除して以来九年ぶりである。翌日、さっそく安倍首相は「歓迎し支持する」と迎合した。  しかし、一番のテロ支援国家は実はアメリカ …