【海外からのメッセージ】G20は世界を新たな金融危機にさらしている責任を問われなければならない ウオルデン・ベローさん

10年前、ピッツバーグで開催されたG20サミットでG20諸国の政府は新たな金融危機を防止するためにグローバル金融システムの大胆な改革を実施することを約束しました。G20が約束を守れなかったために、今日、世界は次の金融危機 …

【海外からのメッセージ】ボリビアから:私たちはG20がしたくないことをする必要がある パブロ・ソロン(元ボリビア国連大使)

日本の皆さん 私たちはG20についての不快な真実を暴露するために集まったすべての人々に連帯を表します。G20は毎年集まった資本主義の金融システムを救済する方法を議論していますが、その間にも人類と自然は生命の第6絶滅期に直 …

【海外からのメッセージ】インドネシア民衆闘争戦線(FPR)からの連帯メッセージ

日本でのG20サミットに反対する!全世界での帝国主義の介入、侵略戦争、ファシズムに反対しよう! 私たちインドネシア民衆闘争戦線(FPR)は、6月28-29日に大阪で開催されるG20サミットに反対している日本の様々な団体の …

狭山・冤罪被害者の自由と尊厳のために連帯 フリーライター 谷町 邦子

石川一雄・中山千夏(市民グループ「おんな組いのち」世話人)講演会 警察による不公正と それを支える偏見  5月16日、「大阪市立港区民センター」で「石川一雄・中山千夏 講演会」が開催され、定員550席の1階ホールは、集ま …

【記者の目】参院選 長谷川豊候補による部落差別発言 維新の無知・人権意識の欠如に批判殺到

 夏の参議院選挙に日本維新の会から立候補する予定の長谷川豊氏(元フジテレビアナウンサー)が、今年2月24日に世田谷区でおこなわれた講演会で被差別部落に対する差別発言をした。5月15日にYouTubeに投稿された動画におさ …

【声明】「5・1有象無象のレッツゴー★メーデー」に対する曽根崎署の暴行を弾劾する 有象無象のレッツゴー★メーデー実行委員会

救急搬送・7日間の加療―現在も痛み 新天皇ナルヒト 即位を弾劾  5月1日、新天皇ナルヒト即位を真っ向から弾劾し、天皇制国家解体を掲げて、「有象無象のレッツゴー★メーデー集会」を開催し、大淀区民センターから扇町公園までの …

【贈呈本紹介】無罪の人がなぜ自白するのか-市民の集い 講演の記録 評者 編集部 谷町 邦子

「狭山事件」のいま 第二の「石川一雄」を出さないためにも、すべての差別をなくす運動に生涯携わっていく ――石川一雄  「無罪の人がなぜ自白するのか 市民の集い 講演の記録」は2015年4月に大阪市で開催された「第2回狭山 …

【7月衆参同日選挙に向け】アベノミクスに対抗する 左派の経済政策を 松尾 匡(立命館大学教授)、山本 圭(立命館大学准教授)、西郷 南海子(薔薇マークキャンペーン事務局長)

薔薇マーク キャンペーン  以下の「反緊縮」の経済政策を公約に掲げた候補者を「薔薇マーク」に認定します。(1)消費税の10%増税凍結。(2)人々の生活健全化を第一に、社会保障・医療・介護・保育・教育・防災への大胆な財政出 …

【門真市】維新の実態を暴露する 活動を続ける 戸田 ひさよし(前・門真市議)

公明党叩きを期待する市民感覚が維新へ 大阪の統一地方選で維新が大勝したが、市民派として活動してきた戸田ひさよし市議は、惜しくも落選。市議会は、維新公認市長のもと、維新・公明・自民で議席の85%という圧倒的多数となった。戸 …

【与那国島】自然豊かな小さな島が 島嶼軍事拠点に山本 英夫(フォトグラファー/名護市在住)

 フォトグラファーの山本英夫さんは、1989年5月から沖縄を訪れ、95年から沖縄・日本各地の基地・軍隊を撮影している。近年、「与那国通い」を重ねる山本さんに、与那国島の現状について寄稿していただいた。 (編集部)  初め …

【時評短評 私の直言】戦没船員の追悼式 で感じた強い危惧柿山 朗(元外航船長/元海員組合全国委員)

 5月15日、私は観音崎公園(横須賀市)で行われた戦没・殉職船員追悼式に参加した。海に面した碑文には「安らかにねむれ わが友よ 波静かなれ とこしえに」と刻まれている。太平洋アジア戦争では約6万600名の船員が命を落とし …