ぷりずむー1620号

 いつものように大阪城公園の夜回りに行くと、ちょうどJO-TERRACE OSAKAの開業初日だった。公園の商業化という何とも憂鬱な事態である▼市民の森から大阪城公園駅前の広場にぬけると、フェンスが取り払われ、きらびやか …

世界は今(2)フランス エリート主義的「ヨーロッパ」ではなく下からのコスモポリタニズムを

パリ第八大学博士課程在学 須納瀬 淳  いま、欧米諸国の政治にはポピュリズムの波が押し寄せていると言われる。この現象(その特徴の本質は大衆迎合というより、「我々と彼ら」という対立軸の形式そのものによって民衆の支持を獲得す …

時評 短評 私の直言 

 福島から、(1)健康問題、(2)除染問題、(3)避難問題の課題を、報告する。これらの問題はすべて連関するものだが、論点を明確にするため、分けて報告する。 (1)甲状腺がん多発  まずは子どもの「甲状腺がん」です。201 …

「朝鮮危機」をあおり権力の私物化進める安倍政治

6月25日、『「戦争の危機の時代」を問う』と題して、立教大学特任教授で、安保法制反対運動などで発言してきた西谷修氏の講演会が行われた。大阪市立中央会館には約210名が結集した。以下に講演を要約・紹介する。(編集部) 政府 …

世界は今(3)英国 総選挙結果から学ぶべきこと

クレア・サンドバーグ『リアル・ニュース・ネットワーク』(6月14日)翻訳・脇浜義明 右傾化が顕著な世界で、メイ英国首相は、議会解散・総選挙という博打に出た。労働党・コービン党首は、内部からも「過激派」「テロ支援者」と石つ …

イスラエル集団懲罰

シャーロット・シルヴァー(電子インティファーダー、6月13日)翻訳・脇浜義明 封鎖で傷めつけているガザに対し、イスラエルは6月12日、PA(自治政府)の要請だと言って、さらに40%の送電カットを決定。ガザの200万人は、 …

小林麻央さんの死と放射能汚染

市民と科学者の内部被曝問題研究会会員 渡辺 悦史  フリーアナウンサーで、歌舞伎役者・市川海老蔵さんの妻である小林麻央さんが乳がんのため34歳の若さで亡くなりました。この悲劇は、がんと原発事故による東京圏の放射能汚染との …

TOP 森友・加計でも倒れない独裁政権 野党は今こそ実力行使の習慣を

「戦後最悪」の通常国会が閉会し、共謀罪がついに強行採決された。本紙も取り上げ続けた森友学園、加計学園、復興相暴言…と続いた内閣総辞職ものスキャンダルは、全て押し切られた。なぜこうなってしまったのか、全国で頭を悩ませ振り返 …

共謀罪採決日、梅田で徹夜抗議

6月14日、共謀罪法案強行採決に危機感をいだき梅田HEP前へ行きました。 日の沈むころ、抗議の声をあげる仲間が集まりました。 国会中継は深夜から早朝にかけてネットのみで配信されました。 私たち市民のアクセスが限られた条件 …

ぷりずむー1619号

 近くに広大な墓地がある。その南には、野坂昭如の小説『火垂るの墓』に出てくるニテコ池がある。この墓地を歩くと、独特の形をした戦死者の墓の多いことに驚く。戦時中に建てられたものは大きい。戦争末期の戦死者を戦後まつった墓は、 …

国連科学委員会のデータから5基の年間稼働で最大7000件の発がん・1700人のがん死の可能性

市民と科学者の内部被曝問題研究会会員 渡辺悦司  九州電力の川内1・2号機、四国電力の伊方3号機に続いて、関西電力は高浜3・4号機の再稼働を行った。裁判所もまた、住民の安全を全く無視する福島事故以前の「原発安全神話」の無 …

視点 論点 「教育の価値付け」から議論しよう

下地真樹(阪南大学経済学部准教授) 注目を集める大学の高学費・奨学金問題  近年、大学生の学費負担、奨学金の問題が注目を集めています。低額ないし無料が一般的なEU加盟諸国の学費に比べると、年間百万円前後を必要とする日本の …

時評・短評 私の直言 「普通コンプレックス」押しつける 世間のプレッシャー

じゃこおろし  「大人の発達障害」がにわかに世間の耳目を集め始めている。「大人の発達障害」に関する書籍が本屋の店頭に並び、恐らく大人向けであろうADHDの診断を促す車内広告が登場し、マスメディアでも発達障害の特集が組まれ …

占領50年の報告~独立には何が必要か~

ガリコ美恵子 高まるトランプ批判の声  イスラエルがパレスチナを占領して、50年が経つ。この50年間でイスラエルは東エルサレムに15箇所の入植地を建設し、20万人のユダヤ人が移住。西岸地区には127箇所の入植地を建設し、 …

各地のムーブメント 国会前を占拠しよう!

 神戸・脇浜義明  共謀案が議会を通過しました。しかし、私たち主権者は承認していません。本当の決定権は私たちにあるのです。  この逆立ちした状態は、民主主義と平和(どちらも表面的で欺瞞的ですが、建前にしろ、重要視されるこ …