ぷりずむ

 杉田水脈議員の差別発言に続いて、今度は稲田朋美議員。  日本会議のある支部で「憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理を応援」である。国会議員という公の立場にある者らのこの発言は、まさに差別糾弾の対象である ▼問題は、こ …

「LGBTは生産性がない」-杉田水脈発言 「非生産的人間」を認めない日本社会の歪み 浪花の歌う巨人・パギやん(趙博)

殺戮者の手記で儲ける太田出版  太田出版は、1997年に起きた神戸連続児童殺人事件の犯人「酒鬼薔薇聖斗」を名のった「少年A」(事件当時14歳)が32歳になって書いた手記『絶歌』を2015年に発売、発行後1カ月で25万部、 …

性と人権の啓発の現場から

 97年に発足したNPO法人「SEAN(シーン)」。大阪府高槻市で一時保育や高齢者向けのデイハウスに加え、大阪府を拠点にジェンダーや人権などに関する講師や出前授業などを行う。子どもから大人まで、幅広い年代の人々に、授業で …

【言わせて聞いて】

 前々号の国際欄のニカラグアの記事に対し、ご意見ありがとうございます。矛盾の中で自らも矛盾を抱え込んで政権運営するのですから、当然変質も生じてくるでしょう。  今のFSLN(サンディニスタ民族解放戦線)はかつて私たちがモ …

【本 BOOK】『原爆の世紀を生きて爆心地からの出発』米澤鐡志著 アジェンダ・プロジェクト刊単行本222㌻ 1512円

この本は、1945年8月6日朝、広島市内の爆心地近くの電車の中で母と共に原子爆弾を浴びた10歳の少年が恐ろしい破滅と人間の生き死を見せつけられながら被爆の死の淵を彷徨い、9月1日に母を失い、母乳を飲んだ一歳の妹を10月に …