ぷりずむー1599号

LINEで送る
Pocket

 トランプの登場でポピュリズムに批判が賑やかだが、わが国ではもうだいぶ前からポピュリズムに席捲されている。橋本を筆頭に維新の会の連中はポピュリズムのどこが悪いのかと自認しているが、誰よりもアベこそがポピュリズムの親玉ではないか▼もともと北朝鮮を敵視することで党内の地歩を固め、首相になってからは中国・韓国を敵視することで支持を集めた。これらの国と地続きだったら、アベも国境に壁を作ると言い出しただろう。戦後民主主義を次々と破棄し、憲法9条も改悪した。何よりもそれらを守ろうとした人々に対する攻撃はすさまじい。国会でも数の力で押し切り、野党にケンカを売ろうとする。あえて敵を作り、激しく攻撃することで、大衆の支持を得ている。支持率60%には、トランプも羨ましいがるだろう▼トランプとの最大の違いは、読売、日テレ、サンケイ、フジテレビがアベの応援団となり、率先して提灯持ちをしていることだ。彼らはもはやジャーナリズムとは言えない。憲法改悪のための御用メディアになりさがっている。いや、彼らがアべを生み出したと言ってもいい▼この連中とやりあうのに、理屈で批判してもダメだ。もともと反知性主義だし、体育会系のノリで政治をやっている。「戦争法」とネーミングしたのは社民党の福島さんだが、我々はもっと言葉を磨き、心に響き、あのヤカラの心に突き刺さるように訴える必要がある。      (や)

LINEで送る
Pocket