ぷりずむー1586号

マイナスを、外に追いやって見ないふり

LINEで送る
Pocket

 ぢりぢりと照りつける陽射しに、アスファルトの照り返し。街中を歩いていると、オーブンの中にでも放り込まれた気分で生きた心地がしない。クーラーのきいた部屋に逃げ込むとホッとするが、そこから排出された熱気で、街はさらにオーブン化している。ピザでも焼いたらおいしいだろうか▼よく言われることだが、外部不経済みたいな話は、あちこちにあふれている。外部不経済というのは、市場では合理的に見える取引が、長い目で見たら大きなマイナスを引き寄せてしまうことだ。たとえば公害だとか、地球温暖化だとか、原発事故なんかもそうだろう。そこで生じたマイナスは、結局は自分たちに跳ね返ってくる▼環境問題ばかりではない。たとえば人間関係においても、自分にとってマイナスと思われることを外に追いやってしまっていると、それは、かならず自分たちに跳ね返ってくるだろう。たとえば、ゲーティッドコミュニティの内部で銃乱射事件が起きたり、正規雇用からはじかれて不安定な生き方を強いられた人が街中で事件を起こしたりする。事件までいかずとも、身近な人間関係でも相似形の問題が大なり小なりある▼身近な関係にある、そして自分自身の中にあるマイナスを、外に追いやって見ないふりをしていたら、やがては人間関係もオーブン化して焼けてしまうだろう。(K)

LINEで送る
Pocket