東京ドキュメンタリー映画祭2018


イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ:

LINEで送る
Pocket

12月1日(土)~12月14日(金)
上映会場:新宿ケイズシネマ(K’s cinema)〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目35-13 3F TEL:03-3352-2471
チケット:【前売】1,300円 3回券=3,300円(複数人使用可・期間中も販売)【当日】一般=1,500円均一 シニア=1,000円
●各回定員入れ替え制
(上映スケジュール)
12月1日(土)10:00~ 招待1「原一男 次は「水俣」にチャレンジ」上映後トーク:原一男(映画監督)19:00~ 長編1『破天荒ボクサー』
12月2日(日)   9:45~ 長編2 『辺野古抄』19:00~ 短編1「記録なのか、フェイクなのか」・『PAKKKKKKKIS(パッキス)』・『YARASE~フェイクニュースの見破り方~』
12月3日(月)10:00~ 長編3『OKINAWA 1965』19:00~ 特別1「ドキュ・メメント」上映後トーク:内山直樹、松井至、竹岡寛俊、西村大助
12月4日(火)10:00~ 特別2 ビデオアクト傑作選「強制不妊手術を問う」・『忘れてほしゅうない』・『ここにおるんじゃけえ』19:00~ 短編2「未知の大陸 アフリカ」・『リアル・ギャングスターズ』 上映時間17分・『マッガビット~雨を待つ季節~』・『トホス』
12月5日(水)10:00~ 長編4『タリナイ』19:00~ 短編3「家族のかたち」・『Birth-つむぐいのち-おどるいのち(選)』・『愛のカンヅメ』・『影の由来』
12月6日(木)10:00~ 短編4「震災から7年、東北の祈り」・『音なき潮騒』・『未来につなぐために ~赤浜 震災から七年』19:00~ 長編5『双子暦記・私小説』
12月7日(金)10:00~ 長編6『抱く{HUG}』19:00~ 短編5「辺境に生きる子どもたち」・『祈りの果てに』・『山河の子』
12月8日(土)10:00~ 短編6「レディたちのブルース」・『また次階!』・『コール・ミー・ミセス・チャン』・『非正規に尊厳を!-メトロレディーブルース総集編』19:00~ 長編7『日常対話』
12月9日(日)  9:45~ 特別3「東京オリンピック 1964」・『オリンピックを運ぶ』・『あるマラソンランナーの記録』上映後トーク:中垣恒太郎(専修大学教授)19:00~ 短編7「少女たちの戦い~台湾・香港編~」・『西索米~人の最期に付き添う女たち~』・『巨大中国と戦う“民主の女神”~香港 オタク少女の青春日記~(未来世紀ジパング特別編)』
12月10日(月)10:00~ 特別4「中国インディペンデント映画の現在」・『ザ・デイズ3』上映後トーク:島本まさき(中国映画研究)19:00~ 招待2 『映画になった男』上映後トーク:金子遊(批評家・映像作家)
12月11日(火)10:00~ 招待3 追悼・田村正毅『三里塚・岩山に鉄塔ができた』上映後トーク:伏屋博雅(元小川プロ・プロデューサー)19:00~ 短編8「珍日本カルチャー紀行」・『タヌキの里のヒミツ』・『がらんどう』・『ビヨンド・ザ・ファット』
12月12日(水)10:00~ 長編8『チャルカ 未来への糸車』19:00~ 短編9「ドキュメンタリー表現の最前衛」・『10424』・『綿の意思』・『凶暴なまでの沈黙』・『KATSUO-BUSHI』
12月13日(木) 10:00~ 特別5 国境を越える「ドッグ・ノマズ」短篇選・『月と太陽と銃兵』・『パルス』・『ウィズ・オール・アワ・カメラズ』上映後トーク:安岡卓治(日本映画大学教授)藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)19:00~ 長編9『うつろいの木』
12月14日(金)  9:45~ 特別6「野田眞吉特集」・『この雪の下に』・『マリン・スノー-石油の起源-』・『ふたりの長距離ランナーの孤独』・『冬の夜の神々の宴-遠山の霜月祭』19:00~ 長編10 『断層紀』 上映後各賞授賞式   
主催:neoneo編集室 〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨4-15-8-506
連絡先:メール tdff.neoneo@gmail.com

LINEで送る
Pocket