大量の食品廃棄 格差が広がる日本社会 ~わたしたちにできることは?~


イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ:

LINEで送る
Pocket

4月26日(木) 18:30~
会場:茨木市福祉文化会館303号室(オークシアター)(JR茨木駅・阪急茨木市駅から約700メートル)
参加費¥300
   日本の食品廃棄量が世界でも1、2位を争うほど高いのをご存じでしょうか。政府広報によれば、日本の食品廃棄物は年間1900万トン。これは世界の7000万人が1年間食べていける量だということです。
そのうち、まだ食べられるのに捨てられてしまう、いわゆる「食品ロス」が500万トンから900万トンもあるといわれています。
日本では6人に1人の子どもが貧困状態にあり、満足に食事ができない一方で、大量の「まだ食べられる食品」が捨てられてしまうという現実。身近なところで、わたしたちにできることはあるのではないでしょうか。みんなで考えるきっかけとしましょう。
~知ってみよう。そして考えてみよう。わたしたちの食と未来、そして農業~
(内容)BSドキュメンタリー上映 「食品廃棄物をゼロにせよ~フランス新法の衝撃」/現地レポート「フードバンクってどんなとこ?」

主催:服部良一事務所 山下けいき事務所  〒567-0817 茨木市別院町6-40 2F
連絡:090-5063-0073

LINEで送る
Pocket