シンポジウム 「大阪都構想」=「大阪市廃止・特別区設置構想」の現状を検証する


イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ:

LINEで送る
Pocket

4月21日(土)午後2時~午後5時
会場:大阪市立大学(杉本キャンパス) 法学部棟3階・730教室
参加無料(定員200名)
(プログラム)森 裕之(立命館大学教授 地方財政学)「自治を奪われる特別区、当て馬としての総合区」/ 村上 弘(立命館大学教授 行政学・地方自治論)「詐欺的な住民投票用紙の改訂を!―【付論】年表で読む、大阪市の存在意義」/ 薬師院 仁志(帝塚山学院大学教授 社会学)「5・17『投票率 66.83%』の意味:2度目の住民投票の危険性」/ 藤井 聡(京都大学大学院教授 公共政策論)「大阪を愛していない人が都構想=大阪市廃止を支持している事が、実証されました」
主催:「豊かな大阪をつくる」学者の会

LINEで送る
Pocket