【乱鬼龍の森羅万笑】レイバーネットTV放送中! 映像でわかる社会問題

LINEで送る
Pocket

柳界にたったひとりのむしろ旗―川柳デモが通る

菊タブー誰がタブーと言っている 乱鬼龍

レイバーネットは、インターネット上の労働運動に関する機関誌。手掛ける「レイバーネットTV」が5月22日で140号を迎える。  

動画はHPやYoutubeで視聴可能。チャンネル登録者数は4580人。徴用工・死刑制度・マイナンバー・砂川事件など、幅広く扱う。  

第139号の放送では、竹信三恵子さん(元・朝日新聞の編集委員)を聞き手に、現役記者で新聞労連委員長の南彰さんが近年のマスメディアを批判。2016年の高市総務相のテレビの「電波停止」発言に続く各局の看板報道番組のキャスター降板問題や、官邸記者クラブの質問制限問題を挙げ、政権による締め付けで現場がびくびくしている状況を語った。

LINEで送る
Pocket