【大阪高裁判決】「山田洋一さんは無罪コールと横断幕で抗議 同志社大学大学院社会学研究科 メディア学専攻博士後期課程教授 浅野健一

LINEで送る
Pocket

 人民新聞・山田洋一編集長が神戸地裁の不当判決を不服とし、控訴した事件で、大阪高裁(樋口裕晃裁判長、佐藤洋幸・柴田厚司両裁判官)は12月11日午後3時15分から、高裁201号法廷で判決を言い渡した。一審判決を正当化し、控訴を棄却する悪質な判決だ。

 午後2時50分に入廷したと同時に50人の支援者は法廷内で「山田洋一さんは無罪」の横断幕を掲げ、「樋口はやめろ」「裁判無罪」とコールを繰り返し、いつ裁判が始まったかも分からない状態。コールは20分以上続き、樋口裁判長はおどおどしながら、傍聴席の一列目にいた木村真・豊中市議に「退廷命令」を出し、抵抗する木村さんを宙吊りにして職員8人で強制排除した。

 非暴力の市民を暴力的に外に運び出すのは、民主主義国ではあり得ないことだ。傍聴人は次々に「退廷命令」が出され、退廷された傍聴者は6人にのぼった。

 裁判長は、大阪府警本部長に警官の法廷への「派出」を要請、機動隊の制服警官6人が法廷に内に入り、傍聴人は「警官は帰れ」「司法の独立はどこへいった」と抗議した。

 樋口裁判長は3時15分ごろ、コールが続く中、「今から判決を言い渡します」と述べ、判決要旨を読み上げた。樋口裁判長が強調したのは、山田さんが友人に預けたカードの使い方が「新生銀行の規定に違反している」ということだ。犯罪に使われなくても、形式的に規則に反する行為があれば犯罪で、カードの使用目的が生活費、医療費であっても詐欺罪になるという。

 もし、銀行の規則に反するなら、銀行と山田さんの間で解決すればいいことで、刑事事件にする必要はない。

 樋口裁判長が判決要旨を読み上げている際、橋下太地弁護士が「何が違法なのか」と聞く場面もあったが、裁判長は「判決理由を聞いてください」と答えるのみ。

捏造情報を流し続ける報道犯罪も許してはならない

 判決後、大阪弁護士会館で報告集会が開かれ、山田さんは「想像を超えた事態になった。面白い裁判だった。有罪になり、判決要旨には納得できないが、みんなで抗議できたのはよかった。裁判官たちは、前回の訴訟指揮がいかにひどかったのがわかったのではないか。最高裁へ控訴する」と表明した。

 人民新聞編集部の園良太さんは「弾圧をはねのけ、新聞の購読者が増え、山田さんと元気に一緒に仕事ができているだけで勝利だ」と述べました。救援会のメンバーは「何が詐欺かわからない。銀行に被害を与えたというが、どんな被害があったというのか。日常的な生活の行為そのものが犯罪にされる恐ろしい時代だ」、「前回、脱力感を持った。何も言ってもだめだと思った。今日のような方法があるのだとわかってよかった。今後、どうやったらいいか学習を重ねたい」と話した。

 高裁は11月13日の初公判で一回結審を決定し、抗議した傍聴者に退廷を命じた。山田さんの被告人陳述も認めず、「12月11日15時に判決」とだけ言って閉廷した。実質的な被害者が存在せず、被害金額もゼロに等しい「詐欺」事件なのに、二審で実質的審理なしの判決。

 人民新聞社は山田さんの逮捕の際の新聞社への捜索について、国賠訴訟を起こしており、11月28日に第1回口頭弁論が開かれた。

 山田さんの逮捕後、「日本赤軍に資金協力」という捏造情報を流し続ける神戸新聞、逮捕時に過去の捜索映像を流したMBSの報道犯罪も許してはならない。

 記者クラブメディアが、今日の法廷の模様をどう報道するかも注目したい。

LINEで送る
Pocket