弾圧の控訴審11月13日 国賠訴訟11月28日決定

11/13(火)15時~大阪地裁201大法廷 11/28(水)10時~大阪地裁202大法廷

LINEで送る
Pocket

 昨年11月の山田編集長不当逮捕は、3カ月もの不当勾留を経て、今年7月に神戸地裁が「懲役1年、執行猶予3年」の不当判決を下しました。誰でも行いうる通常の行為を恣意的に弾圧する「詐欺罪」の拡大であり、許されません。9月20日に控訴趣意書を提出し、大阪高裁での控訴審の初公判が決まりました。

 また新聞社家宅捜索に対し、新聞社が原告となり兵庫県警への国家賠償請求訴訟の期日も決定です。パソコン・名簿など仕事道具押収による損害や名誉の毀損を問います。100人の大法廷を埋めるため、ぜひ結集をお願いします。

 警察は「関生連帯労組」の委員長をはじめ26人も不当逮捕し、組合の正当な争議を暴力団扱いし、壊滅させるような弾圧をしています。本紙も断固抗議します。全てを連帯してはね返すため、みなさまに以下お願いします。

★裁判への賛同願い

個人・団体名と所属を people (at) jimmin.com までメールで送ってください。
 ★控訴趣意書、国賠の訴状はブログに掲載です。http://support-yamada.skr.jp/2018/10/05/200/

 いつも同封しています「言わせて聞いて」のはがきから、皆さまの意見特集を組みたいと思います。  1回目は「地震・台風水害」です。今夏は大阪北部地震に始まり、中国・四国地方の大水害、全国的な酷暑、北海道地震と大停電、台風被害が相次ぎました。編集部も一部崩落や停電をしました。みなさまも被災され、さまざまなことを感じられたと思います。大変な被害、行政の問題、企業活動による気候変動の影響、インフラの崩壊、原発への影響など…。ぜひ、同封のはがきに今夏の自然災害の体験や意見を書いていただき、返送ください。(編集部)20180918000155
記者会見の映像:http://twitcasting.tv/jg9u08w8wjtjt/movie/493959535
  
 弾圧以降、みなさまのご支援で読者は100名以上増加しました。新聞社は現在、専従体制と協力者を拡充させながら、月1回の拡大編集会議、文化欄会議、東京での会議などを行っています。左翼媒体がのきなみ縮小や廃刊を強いられるなか、新たな試みを続けられるのは、ひとえにご支援のお陰です。安倍政権の暴政が強まる中、対抗言論の火を消してはならないと思い、行動する人々が増えているからだと思います。

 警察は「関生連帯労組」の委員長をはじめ26人も不当逮捕し、組合の正当な争議を暴力団扱いし、壊滅させるような弾圧をしています。本紙も断固抗議します。全てを連帯してはね返すため、みなさまに以下、お願いします。

 
★賛同願い

控訴審と国賠訴訟への賛同をお願いします。それぞれの趣意書を末尾に掲載しました。
個人・団体名と所属を people (at) jimmin.com までメールでお送りください。
逮捕時の500名近くもの賛同者一覧:https://jimmin.com/2017/11/22/protest-to-arrest-and-raid/

LINEで送る
Pocket