【各地から】『米騒動』100年プロジェクト

過去と現在の民衆の闘いをつなぐ

LINEで送る
Pocket

 1918年(大正7年7月23日)、北海道へのコメの輸送船が魚津港に寄港したその日、米価高騰に苦しんでいた主婦たち数十人がコメの積み出しを行っていた大町海岸岸の十二銀行の倉庫前に集まり、「県外にコメを持ち出すから魚津のコメがなくなるのだ」とコメの搬出を実力で中止させた。この運動が全国に報じられるや瞬く間に近隣の町、村に、1道3府32県の全国各地に「コメよこせ運動」が広がった。当時の内閣は総辞職に追い込まれた。

 ロシア革命直後に起こったこの画期的な大衆運動は、当時の支配階級を震撼させた。それから今年は100年を迎えた。
※『米騒動』を抱きしめて連続講座(詳細は事務局まで)
4月28日(土)
5月12日(土)
6月9日(土)
7月14日(土)
8月18日(土)
9月15日(土)
10月13日(土)
開催時間はいずれも13:00より 場所:富山県サンフォルテ305号室 主催:生・労働・運動ネット富山 代表 植野謙二 

TEL:076-441-7843 E-mail:jammers.net.tym@gmail.com

LINEで送る
Pocket