【ぷりずむ】

LINEで送る
Pocket

 AI(人工知能)の発達で人間の仕事がなくなってしまうということで、ベーシックインカムの評価が再び始まっている。所得に関係なく一律に政府から支給を受ける▼当初この考えを知った時は反対だった。働く気がなくなってしまうんじゃないかと。でも仕事がない世の中になったら「働く気」の問題ではすまない。自分自身がわずかの年金を受けながらそれだけでは生活できないから働き続けると、これもなかなかいいもんだと思うようになった。年金がちょうどベーシックインカムの役目を果たしてくれて、あくせく働かなくても食べていける。また下駄をはかしてくれるのだから、仕事の選択肢も増える▼ただ、国民全員にベーシックインカムを支給するための財源はどうするのだろうか。普通の人から仕事を奪い続けているIT企業が面倒を見てくれるとは思えない。先日も朝日新聞にアマゾンのことが載っていたが、日本国内で1兆円の売り上げがありながら、日本法人が支払った法人税はたった1億円で、同規模の小売業の10分の1以下だそうだ。かつての植民地支配と全く同じ▼だとすると、消費税でまかなうしかないということになり、結局生活が成り立たない。タコが自分の足を食うみたいなもんだ。(や)

LINEで送る
Pocket