人民新聞の発展と国賠訴訟のため読者紹介と夏季カンパをお願いします

編集長 山田洋一

LINEで送る
Pocket

 昨年11月に起こった人民新聞弾圧への広範な抗議と、発行継続へのご支援・ご協力に心から感謝します。反弾圧カンパは、300万円を突破し、おかげさまで人民新聞は、紙面改革を加速させることができ、読者も大幅に増加しています。私たちは、公安警察のたくらみを見事に跳ね返しつつあると確信しています。

 朝鮮半島の平和・非核化に向けた歴史的な交渉が進むなか、蚊帳の外で存在感を示せず、拉致問題を言い立てるだけの安倍外交。多数をかさに着て強行採決をくり返し、専制政治を強める政治手法。農民を切り捨てるTPPを進め、サービス残業と過労死を増加させる「働き方改革」を進める安倍政権への批判は、ますます強まりつつあります。

 「モリカケ」疑惑にもかかわらず、安倍政権の内閣支持率が維持されているのは、安倍首相の政策が支持されているわけではなく、対抗勢力の不在による消極的追認の結果に過ぎません。

 資本主義にとって代わる「もうひとつの社会構想」が必要です。それは競争ではなく協同を社会原理として、安定した労働生活、しっかりしたセーフティネットなど、資本ではなく庶民の生活改善をこそ目的とする政治です。

 人民新聞は、通常編集会議に加えて、総合編集会議(月1回)で中長期編集方針を議論する体制が確立し、文化欄の定期化、8ページ化も視野に入りました。弾圧を仕掛けた兵庫県警に対しては、国家賠償請求訴訟を提起して、その不当性と再発防止を訴えていきます。

 読者のみなさんに熱い支援に心から感謝するとともに、さらなる自己変革に向けて邁進することを誓って、夏期一時金カンパ・国賠訴訟カンパへの協力を訴えます。

LINEで送る
Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。