【本紹介】『四日市における自然エネルギー問題』四日市大学教学課編集(2017年3月31日刊行)

 本書は、2016年12月2日に催された四日市シンポジウムをまとめたものである。  四日市では森林面積がわずか14%程度しかない状況なのに、桜町と足見川の2カ所でメガソーラー計画が進んでいる。2カ所で森林の4・1%を占め …

【文化欄】映画評 「港町」

 2015年に映画「牡蠣工場」を発表した想田和弘監督が、新たに映画を撮った。「牡蠣工場」は、岡山の瀬戸内海の牡蠣工場で働く外国人技能実習生のドキュメンタリーだ。一切の解説なしでその実態を見事に描き出す、その精神に感銘をう …

【ぷりずむ】

 森友問題で、ごみの撤去費算出に関わった業者が学園と近畿財務局の誘導で虚偽報告をしたと自白した▼この業者を批判する声はほとんど聞こえてこないが、明らかに彼らは汚いことをしたのだ。繰り返される企業の不正でも、トップや上司だ …