明治大学平和教育登戸研究所資料館 第13回企画展 極秘機関「ヤマ機関」と登戸研究所

2022年11月24日

11月24日(木)~2023年5月27日(土)10:00~16:00
会場:明治大学平和教育登戸研究所資料館 &オンライン
入館料無料
主催:明治大学平和教育登戸研究所資料館
連絡TEL044-934-7993


「二つの栃木」の架け橋 小口一郎展 足尾鉱毒事件を描く

2023年1月21日

2023年1月21日(土)-3月26日(日)9:30~17:00
会場:栃木県立美術館展示室
観覧料:一般 ¥900(¥800)、大高生¥ 600(¥500)、中学生以下無料
主催:栃木県立美術館/下野新聞社
連絡TEL:028-621-3566
栃木県小山市出身で版画家として活躍した小口一郎(こぐち・いちろう、1914-1979)の全貌を、そのライフワークとなった足尾鉱毒事件を主題とした作品を中心に紹介します。
幼少期より絵画に秀でた才能を示した小口一郎は、1946年に鈴木賢二らが結成した日本美術会の北関東支部の活動に参加し、
本格的に木版画を手がけるようになると同時に、仲間たちとともに、絵画教室での指導やサークル活動に熱心に取り組んでいきました。
その一方で、やがて足尾鉱毒事件と田中正造のことを知って大きな衝撃を受け、広く世に伝える方法を模索し始めます。
まずは、足尾銅山の鉱毒被害に苦悩する旧谷中村の農民たちと田中正造のこと、次に、厳寒の佐呂間へ移住した人々の生活と帰郷への思い、
そして最後に、足尾銅山の坑夫たちの労働問題を取り上げ、それぞれ連作版画《野に叫ぶ人々》(1969年)、《鉱毒に追われて》(1974年)、
《盤圧に耐えて》(1976年)の3 部作にまとめ上げました。
これらは小口一郎の代表作として、今なお、高い評価を得ています。
《鉱毒に追われて》に描かれたように、明治期、鉱毒被害に遭った旧谷中村や渡良瀬川流域の農民たちは、北海道開拓移民として佐呂間の原野にわたり、
「栃木集落」を形成しました。
その後、歳月を経て、彼らが栃木県への帰郷を果たしたのは、1972年のことです。
このとき、小口一郎が自ら帰郷運動の世話役を務め、当時の栃木県知事が受け入れを表明したことで、ようやく実現にいたりました。
すなわち、2022年は、栃木県立美術館の開館50周年であると同時に、「もう一つの栃木」から帰郷して50年の節目の年にあたります。
開館50周年を記念して企画される本展は、小口一郎研究会の全面的な協力を得て、初めて連作版画《野に叫ぶ人々》、《鉱毒に追われて》、
《盤圧に耐えて》の全点を一堂に展観するものです。
あわせて油彩画や版画作品なども紹介し、約300点で知られざる美術家、小口一郎の生涯を回顧します。


写真展 ミャンマー、ウクライナ、アフガニスタン

2023年2月4日

2月4日(土)9:00~16:00 2月6日(月)15:00~18:00 2月10日(金)15:00~20:00 2月13日(月)、2月17日(金)15:00~18:00
会場: 静岡雙葉中学校・高等学校 講堂エントランス(静岡県静岡市葵区追手町10番71号)
観覧料無料
写真展特別企画 写真の向う側と繋がろう
2月10日(金)18:00~
会場:静岡雙葉中学校・高等学校 講堂
参加費無料
川口敏彦(写真家)お話会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主催:FUTABA中高生PEACEプロジェクト生徒有志
連絡TEL054-255-0305(林)


2023JNATIP連続オンラインセミナー&座談会 人身取引のない社会をつくる!

2023年2月4日

第1回 「性暴力・性搾取のない社会に向かって~女性支援新法の役割、現場からの声」
2月4日(土)14:00~16:00
第2回「技能実習制度廃止の先には・・外国人労働者とともに進む社会を!」
2月23日(木・祝)14:00~16:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加無料
主催:人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)
連絡TEL03-38367-2316


関口照生&亀山仁写真展 ミャンマーの日常3

2023年2月4日

2月4日(金)~2月25日(土)11:00~19:00(日月祝休廊)
会場: ギャラリー冬青( 〒164-0011 東京都中野区中央5丁目18−20 冬青社)
連絡TEL03-3380-8123


映画「エイン」「めぐる」 映像作家モンティンダンさん支援特別上映会

2023年2月6日

2月6日(月)14:00~16:45
会場:川崎市アートセンターアルテリオ映像館
入場無料
主催:日本映画大学
連絡TEL044-951-2511


国軍クーデターから2年 ミャンマーのことを知ろう 歴史と現在

2023年2月8日

2月8日(水)18:15開場 18:30~
会場:IKE・Bizとしま産業振興プラザ 多目的ホール &ZOOMオンライン
参加費¥1000 ZOOM¥800
主催:「ミャンマーのことを知ろう」実行委員会


復帰50周年シンポジウム デニー知事と考える沖縄と日本の安全保障

2023年2月8日

2月8日(水)19:00開場 19:30~21:00
会場:文京シビックセンター 小ホール
参加無料
主催:沖縄県
連絡TEL03-3948-7255(新外交イニシアティブ)


第14回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル 特集:“教育”について

2023年2月8日

2月8日(水)~2月12日(日)
会場:座・高円寺2(〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2 地下2階)
チケット:2023年1月21日[土]チケット発売開始
※コンペティション部門入賞作品は、1枚のチケットで全ての入賞作品・表彰式をご覧いただけます。
※「無料参考上映」表記のある作品は、無料でご覧いただけます。ただし、上映後のトークイベントは有料です。
主催:座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル実行委員会/共催:(株)ドキュメンタリージャパン/(株)104/提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺/協力:(株)neo P&T
連絡:「座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」実行委員会 〒107-0052東京都港区赤坂8-12-20 和晃ビル1階(株)ドキュメンタリージャパン内TEL:03-5570-3551


平和祈念展示資料館特別展示 軍人たちの描いた大陸スケッチ

2023年2月8日

2月8日(水)~14日(火)9:00~17:00
会場:九段生涯学習館 2階 九段ギャラリー(東京都千代田区九段南1-5-10)
入場料無料
主催:平和祈念展示資料館
連絡


~2023年新春セミナー ミャンマーとともに~

2023年2月8日

2月8日(水) 18:30~20:00
ミャンマーから来て、ミャンマーを支援する
大槻美咲(在日ミャンマー人クラウドファンディングチーム)/長谷川留理花(ロヒンギャ出身翻訳者)
3月15日(水)18:30~20:00
日本人が体験したミャンマーのクーデター
メイ(元ミャンマー駐在NPO職員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ZOOMオンライン
参加無料
共催:麹町聖イグチナオ協会/イエズス会社会司敬センター
連絡TEL03-5215-1844
↓お申込みはこちらのサイトから http://www.jesuitsocialcenter-tokyo.com/?page_id=9868


収蔵品展 高麗博物館収蔵品でたどる日本コリア交流の歴史

2023年2月8日

2月8日(水)~4月23日(日)123:00~17:00
入館料:一般¥1000・中高生¥200
会場:高麗博物館
連絡TEL03-5272-3510


井戸川裁判 第24回口頭弁論

2023年2月8日 18:00

2月8日(水)10:30開廷
場所:東京地方裁判所103号法廷
報告集会 11:30受付 12:30開始
会場:衆議院第一議員会館(大会議室)
呼びかけ:井戸川裁判支える会


「新しい戦前にさせない」連続シンポジューム 第1回シンポ

2023年2月9日

2月9日(木)18:15開場 18:30~21:00
会場:文京区民センター3A
参加費¥500
トーク:小室等✕佐高信
シンポ:山城博治/纐纈厚/清水雅彦
主催:共同テーブル
連絡TEL090-8808-5000(藤田)


新チョボゼミシリーズ みどりの食料システム戦略(農林水産省)の概要と問題点

2023年2月9日

2月9日(木)17:30会場 18:00~21:00
会場:スペースたんぽぽ
参加費¥800
講師:天笠啓祐
主催:たんぽぽ舎
連絡TEL03-3238-9035


東京「君が代」裁判5次訴訟・第8回口頭弁論・第9回口頭弁論

2023年2月9日

第8回口頭弁論
2月9日(木)10:30~傍聴希望者集会 11:00開廷
場所:東京地裁709号法廷
第9回口頭弁論
3月23日(木) 13:00=傍聴希望者集会 13:30開廷
場所:東京地裁709号法廷
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
呼びかけ:「日の丸・君が代」不当処分の撤回を求める日処分者の会/東京「君が代」裁判原告団
連絡TEL090-5327-8318(近藤)


尾澤裁判の勝利を目指す2・10報告集会

2023年2月10日

2月10日(金)18:30~
会場:文京区民センター2A(東京都文京区本郷4-15-14)
資料代:500円
主催:韓国サンケン労組を支援する会/尾澤孝司裁判を支援する会・埼玉
連絡:東京都台東区上野1-12-6 3階 中小労組政策ネットワーク気付Tel.03-5816-3960 Fax.03-5812-4086
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
検察側証人(警備員)尋問で「暴行」「威力業務妨害」容疑のでっち上げが暴露された!

韓国サンケン争議の渦中の2021 年5月10 日、本社門前で 不当逮捕され7か月を超える長期勾留を余儀なくされた尾澤孝司さんの裁判は、2月からいよいよ弁護側証人の尋問が始まります。
3回にわたる検察側証人(警備員)尋問で、起訴容疑が全くの虚構であり、でっち上げであることが暴露されました。
裁判所の予断と偏見に満ちた不当な傍聴制限、強権的な訴訟指揮の実態も含め、裁判闘争の現状と課題を報告し討論します。
尾澤孝司さんの無罪を勝ち取るために、2.10 集会に、多くの参加を!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<公判予定>さいたま地裁に結集を!
開廷の1時間前に傍聴整理券が配布され抽選で傍聴が不当に制限されています。公判終了後に報告集会を開きます。

第 5 回 2月27日(月) 13:30
松平証人 (韓国サンケン労組と連帯する埼玉市民の会)
第 6 回 4月26日(水) 10:00
キムウニョン証人 (韓国サンケン労組副支会長/民主労総副委員長)
第 7 回 5月17日(水) 10:00 被告人質問
第 8 回 6月20日(火) 10:00 被告求刑・最終弁論
第 9 回 未定 判決


新聞記者 望月衣塑子さん講演会 世界情勢とこれからの日本

2023年2月10日

2月10日(金)18:30~ 開場18:00
会場:墨田区みどりコミュニティセンター 多目的ホール(墨田区緑3-7-3)
入場料(資料代):500円
プログラム:ミニコンサート フルート:岡田恵美子/ピアノ:赤田貴子
講演会 望月衣塑子(東京新聞・社会部記者)/質疑応答
主催:とめよう戦争への道!百万人署名運動 東部連絡会
連絡TEL03-5211-5415


【PARC50周年記念講座】 問い続ける者たち―アジアと日本の歴史から描く未来

2023年2月10日

2022年4月~2023年2月金曜日10:30~12:30
全12回 オンライン(zoom)
受講料:各回1,000 円(PARC会員、25才以下の方、生活困窮者の方は無料)

1973年に設立したアジア太平洋資料センター(PARC)は、来年の2023年で50周年を迎えます。
英文『AMPO』を通じた国際連帯、企業のアジア進出の裏で起こった環境破壊や人権侵害の告発、
身近なモノを通してグローバリゼーションを考える市民調査、国際行事ピープルズ・プラン21、
そしてODAや貿易、債務などに関する国境を越えた監視と提言――。
50年の活動は多岐にわたり、時代とともに変化もしてきました。
しかし、PARCの設立時に掲げた「私たちが変わることで、南と北の人びとが対等・平等に生きることのできるオルタナティブな社会をつくる」という理念は今も変わりません。
この講座では、設立50周年に向けた取り組みの一環として、これまで活動の中心を担って来られた諸先輩を講師に、
PARCでの経験やその成果・意義、課題や失敗、当時の思いなども含めて、じっくりとお話いただきます。
会員、理事、事務局はもちろん、多くの方と時代の流れと変容を共有した上で、国内・国際的な運動の未来に向けた議論をするような時間をイメージしています。

2月10日(金)10:30~12:30
開発援助の功罪―NGO・市民社会の50年/神田浩史(フェアトレードタウン垂井推進委員会 会長/NPO法人泉京・垂井 副代表理事)


第49回出版研究集会

2023年2月10日

2月10日(金)~3月1日(金)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
分化会1 個人情報の利用だ!さ、あなたの個人情報をマイナスポイントと交換しよう!でも、それってほんとうに大丈夫?
2月10日(金)18:30~20:30
会場:出版労連会費室 +ZOOM
分化会2 デジタル社会のデモクラシーを求めてービッグ・テックとのの闘い
2月15日(水)18:30~20:00
会場:出版労連会議室+ZOOM
分科会3「いいね」で名誉毀損?SNS時代の表現の自由講座
2月20日(月)18:30~20:00
会場:出版労連会費失意+ZOOM
分科会4文科省による「拉致問題関連本の充実」要請問題を通して図書館の自由を考える
2月24日(金「)
会場:文京シビックセンター4階会議室B」+ZOOM
全大会 いま、本を読むこと・つくることーパンデミックと戦争のさなかに
2月28日(火)18:30~20:00
会場:文京シビックセンター26Fスカイホール+ZOOM
分科会5 教育DXは何をもたらすか
3月1日(水)18:30~20:00
会場:出版労連会議室+ZOOM
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加費¥1000
主催:出版労連・第49回出版研究集会実行委員会
連絡TEL03-3816-2911


本郷文化フォーラム ワーカーズスクール講座「中国共産党第20回大会と現代世界──中国社会主義の実像を探る」

2023年2月11日

2月11日㈯ 開始:13:00 終了:15:30
会場:本郷文化フォーラム
参加費:1,500円(学生1,000円)
講師:朱 建 榮(東洋学園大学教授)「日本における中国報道の神話──天安門から香港、チベット、ウイグル」
主催:本郷文化フォーラム
問合せ:HOWS事務局 TEL.080―9816―3450(要事前予約)E-mail : hows@dream.ocn.ne.jp

「長征」とは中国紅軍の壮絶な大遠征であった。「社会主義現代化強国」「共同富裕」という、いま「新たな長征」をめざして中国共産党は第20回党大会をむかえる。
米国バイデン政権による中国包囲網と対中敵視政策のなかで焦点化した台湾海峡危機を第1講で、第2講では六四天安門事件にはじまる中国報道への歪みを剔抉、
第3講で中国の革命と建設において重要な役割を果たした革命第一世代の周恩来の足跡からその精神と思想を探る。


市民講座 横浜での関東大震災時朝鮮人虐殺 講演会

2023年2月11日

第3回講演会 「関東大震災時の朝鮮人虐殺:否定論の批判的検証」
2023年2月11日(土))14:15受付 14:30~17:30
講師:鄭栄桓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場:神奈川県立かながわ労働プラザ 4F第5・6・7会議室
参加費:一般¥1000 会員¥800
主催:関東大震災時朝鮮人虐殺の事実を知り追悼する神奈川実行委員会
連絡TEL090-3965-6236(谷)


wamセミナー天皇制を考える(9)天皇制と仏教

2023年2月11日

2023年2月11日(土・休)14:30~17:00
会場:wamオープンスペース
参加費¥1000
お話:源淳子
主催:アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和」資料館
連絡TEL03-3202-4633


国連・憲法問題研究会講演会 敵基地攻撃・軍事費倍増でどこに向かうか

2023年2月11日

2月11日(土)18:30開場 19::0開始
会場:文京区民センター3階D会議室
参加費¥1000
講師:永山茂樹
主催:研究所テオリア
連絡TEL03-06273-7233


第17回 思想・信教の自由を守る日 横浜地区集会「台湾有事」に突き進む自衛隊、そして「天皇の軍隊」へ

2023年2月11日

2月11日(土・休)10:00受付 10:30~12:00
会場:日本基督教団 紅葉坂教会
参加費¥500
講師:小西誠
主催:第17回 思想・信教の自由を守る日 横浜地区集会実行委員会
連絡TEL090-89458-4605(中沢)


いっしょ広場2023春 いのちを支える食と農を三鷹から

2023年2月11日

2月11日(土)13:30~
会場:三鷹市市民協働センター 第一会議室
参加費無料
映画「希望の給食」上映/講演&トーク:内田聖子/野村羊子
主催:野村羊子といっしょにつくる三鷹の会


第56回「建国記念の日」を考えるつどい ー大軍拡に私たちはどう対処すべきか―岸田政権の進めるねらいは―

2023年2月11日

2月11日(土)pm.1:30~4:30
会場: 亀戸文化センター(カメリアプラザ6階)
資料代 500円
講師:布施 祐仁(ジャーナリスト)
主催:「建国記念の日」を考えるつどい実行委員会/後援:民主主義と平和憲法を守る文京連絡会/東京平和委員
連絡:川田(090)8082-9598


小林多喜二没後90年文学のつどい

2023年2月11日

2月11日(土・祝)13:00開場 13:30~15:30分
会場:全労連会館 2階ホール(〒113-0034 東京都文京区湯島2-4-4)&オンライン
参加費:1000円(会場・オンライン参加とも)
講演:「多喜二は文学で戦争にどう向き合ったか」能島龍三(作家・文学会会長)/朗読:小林多喜二「蟹工船」 井上百合子/次世代トーク いま多喜二を読む
共催:日本民主主義文学会/多喜二・百合子研究会/後援:光陽出版社
連絡:日本民主主義文学会(〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-29-9 サンレックス202)TEL 03-5940-6335 FAX 03-5940-6339


戦争を回避せよ 「外交」の力で平和をきづくために

2023年2月11日

2月11日(土・休)18:30開場 18:45
会場;Coconeri 3階区民。産業プラザ研修室1
参加費¥500
柳澤協二/猿田佐世
主催:戦争法NO!ねりま集会実行委員会
連絡TEL03-5984-3221


歴史に学び軍拡・改憲を許さず平和な世界と日本へ 「建国記念日」反対 2・11集会

2023年2月11日

2月11日(土)13:30開会
会場:東京労働会館7階ラパスホール
参加費¥700
主催:「建国記念の日」に反対し思想・信教の自由を守る連絡会
連絡


建国記念の日を考える集会 証言から知る 関東大震災・朝鮮人虐殺事件

2023年2月11日

2月11日(土)13:30開場 14:00~
会場:連合会館2F 大会議室
参加費
映画「隠された爪痕」/講演:西崎雅夫
主催:フォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)
連絡TEL03-5289-8222


オスプレイ飛行訓練反対 立川市民集会

2023年2月11日

2月11日(土)13:30~
会場:幸学習館第1会議室
参加費
講師:小口明菜(弁護士)「自衛隊オスプレイの立川基地周辺での飛行訓練は止めてほしい」
主催:オスプレイを飛ばすな!立川市民の会
連絡TEL070-3542-2860


2.11反戦デモ@高円寺

2023年2月11日

2月11日(土)16:00~
場所:高円寺駅前
主催:改憲・戦争阻止!大行進 東京西部
連絡TEL03-3329-8813(ほらぐちともこ事務所)


第12回死刑映画週間 国家と戦争犯罪の死刑

2023年2月11日

2023年2月11日(土)~2月17日(金
映画館:渋谷ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5KINOHAUS 3F
入場料金:一般¥1500/前売券」:5回¥4500 3回¥2800 1回¥1000


「紀元節」と「天皇誕生日奉祝」に反対する2.11&2.23連続行動

2023年2月11日

2.11反「紀元節」銀座デモ
2月11日(土・休)14:00集合 15:00デモ出発
会場:ニュー新橋ビル(地下2階)・ニュー新ホール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2.23「天皇誕生日奉祝」反対討論集会
2月23日(木・休)13:15開場 13:30開会
会場:南部労政会館 第5&第6会議室
資料代¥500
主催:「紀元節」と「天皇誕生日奉祝」に反対する2.121&2.23連続行動
連絡TEL050-3630-8945


SOGIハラ学習会+トーク SOGIハラは労働問題

2023年2月11日

2月11日(土)16:00~18:00
3月25日(土)13:00~16:00
ZOOMオンライン
参加費無料
講師:森本ひかる
主催:プレカリアートユニオン
連絡


「子ども脱被ばく裁判」判決前集会

2023年2月12日

2023年2月12日(日) 12:00開場 12:30~16:30
会 場:港区男女平等参画センター「リーブラ1階ホール」(みなとパーク芝浦1階)
資料代:500円  (子ども、学生、福島原発事故からの避難者の方は無料)
第1部 開始12:30~映画上映 「かくれキニシタン」監督・関久雄(70分)
第2部 14:00~16:30
主催:脱被ばく実現ネット、劣化ウラン廃絶みなとネットワーク


日本における LGBT差別をなくすために! なめかわゆりさんのお話し

2023年2月12日

2月12日(日)13:30開場、14:00~16:00
会場:あむねすみと2F ハングルアカデミー
参加費無料
講師:滑川友理(特定非営利活動法人 RAINBOW/茨城 初代会長/水戸市議会議員)
主催:アムネスティ・インターナショナル日本・水戸グループ
連絡TEL0299-48-2695(除信)


宮前九条の会 第84回学習会「専守防衛を貫く-暴虐の政治を阻 むために」

2023年2月12日

2月12日(日)14:00~16:30
会場:宮前市民館 第4会議室(〒216-0006 川崎市宮前区宮前平2丁目20番地4)
資料代:300円   
講師:脇正太郎(ジャーナリスト)
主催:宮前九条の会
連絡TEL044-855-8896(若原)


第68回憲法を考える映画の会 「テロリストは誰?」

2023年2月12日

2月12日(日)13:00開場 13:30~16:30
会場:文京区民センター
参加費:一般¥1000 学生¥500
主催:憲法を考える映画の会


映画「ラーゲリより愛を込めて」上映会

2023年2月12日

2月12日(日)9:30開場 10:00開演
会場:板橋区グリーンホール1階ホール
参加費¥1000
主催:新建築家義儒者集団
連絡TEL03-3260-9810


壊憲NO!96条改悪反対連絡会議の労働者・人民集会 物価高騰下の貧困格差問題を問う

2023年2月14日

2月14日(火)18:00開場 18:30^20:30
会場:文京区民センター2A会議室
資料代¥800
講演:瀬戸大作「コロナ禍と物価高騰のなかをどう生きる」
主催:壊憲NO!96条改悪反対連絡会議
連絡TEL03-5802-3809


映画会「ケアニン こころに咲く花」上映会

2023年2月14日

2月14日(火)(1)10:00~12:10 (2)18:30~20:40
会場:イオンモール日の出3階イオンシネマ日の出
社協会員:無料
主催:社会福祉法人 日の出町社会福祉協議会
連絡TEL


ICT技術を活用した生活困窮者支援の新たな取り組み

2023年2月15日

2月15日(水)18:30開場 19:00~20:45
会場:新蒲田一丁目複合施設第三・第四集会室
参加費無料
ゲストスピーカー:佐々木大志郎
主催:おおた社会福祉士会
連絡TEL03-3774-2955


やっぱりいらない!!武器見本市 院内集会

2023年2月15日

2月15日(水)13:30~16:00
会場:参議院議員会館B103
参加費無料
主催:安保関連法に反対するママの会@ちば


三田崇博 写真展トキナーレンズで撮るミャンマー~before and after~

2023年2月15日

2月15日(水)~27日(月)11:00~19:00、2/21(火)は休館
会場: ケンコー・トキナーギャラリー(東京都中野区中野5丁目68-10)
主催:


オンラインシンポジウム ~ミャンマー NUGとの対話~

2023年2月15日 6:00

2月15日(水)18:30~20:00
YouTube配信 /https://www.youtube.com/watch?v=CaXxHHJGhus
国防省政務官 Naing Htoo Aung「国防省が守ろうとするもの、そして展望」/議員連盟 中川正春/石橋通宏
主催:難民ナウ


2023年阿佐ヶ谷市民講座 許せぬ国の原発政策の大転換!

2023年2月16日

2月16日(木)18:30~
会場:杉並区産業商工会館
参加費¥800
講師:鴨下祐也
主催:阿佐ヶ谷市民講座実行委員会
連絡TEL090-8080-6860


警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法住民訴訟 報告集会

2023年2月17日

2月17日(金)18:30開場 19:00~
会場:武蔵野公会堂第3会議室
資料代¥500
主催:警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法住民訴訟原告団
連絡


調布「憲法ひろば」第187回例会 ウクライナ戦争時代に考える「靖国神社」と「市ヶ谷記念館」

2023年2月18日

2023年2月18日(土)13:30~
会場:あくろすホール1
参加費¥300
お話:長谷川順一/春日恒男
主催:調布九条の会


市民企画講座 障害者権利条約をこの国で実現するために

2023年2月18日

2023年2月18日(土)13:00~16:00
会場:あきる野ルビア 3階 産業情報研修室 &オンライン
参加費無料
講師:藤井克徳
企画:優生思想を考えるあきる野・日の出市民の会
連絡TEL090-1345-6560
主催:あきる野市中央公民館


さよなら原発!三鷹アクション パレードその22

2023年2月18日

2月18日(土)13:30集合 14:00パレード
場所:下連雀児童公園
主催:さよなら原発!三鷹アクション実行委員会
連絡TEL090-1214-8044


2・18集会「米軍基地と『水』の汚染 -沖縄でも、首都圏でも」

2023年2月18日

2月18日(土)14:00 ~ 16:30(開場:13:30)
会場:文京シビックセンター4階 シルバーホール
資料代:500円
プログラム:講演:「沖縄のPFAS 問題」桜井国俊(沖縄大学名誉教授)
報告:「多摩地域の宝・地下水がPFAS汚染!」根木山幸夫(多摩地域の有機フッ素化合物汚染を明らかにする会 事務局)
主催:沖縄戦の史実歪曲を許さず沖縄の真実を広める首都圏の会(沖縄戦首都圏の会)/共催:沖縄平和ネットワーク首都圏の会/沖縄環境ネットワーク
連絡:沖縄戦首都圏の会:〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-19-8 杉山ビル2F千代田区労協気付
TEL 03-3264-2905 FAX 03-6272-5263 /(携帯)080-5874-0724(事務局)


第39回憲法カフェ「原発政策の暴走の背景ーその理由と、わたしたちにもできること」

2023年2月18日

2月18日(土)14:00~16:00
会場:東京YWCA会館カフマンホール ⁺オンラインZOOM
参加費¥500(学生無料)
講師:内藤新吾牧師(日本福音ルーテル稔台教会牧師)
主催:公益財団法人東京YWCA平和と正義委員会
連絡TEL03-3293-5456


与那国島を戦場にするな! 2.18緊急集会

2023年2月18日

2月18日(土)14:00~
会場:渋谷区勤労福祉会館・第1洋室
資料代¥500
講師:内田雅敏(弁護士)/与那国島オンライン:狩野 史江(与那国 民宿経営)
主催:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
連絡TEWL090-3910-4140
昨年12月、沖縄の島々に敵基地攻撃の長距離ミサイル配備を前提とした「安保関連三文書」が閣議決定された。
特に台湾と111キロしか離れていない与那国島では、105ミリ砲搭載された装甲車が生活道路を走り、
ミサイル基地や電子部隊など戦争を想定した要塞化が加速され、新たな用地買収が進められている。
装甲車を運び入れた空港は戦闘機の離発着のために2500メートルに滑走路を拡張、さらに軍艦の接岸可能な軍港も建設するという。
島、まるごとの要塞化だ。 糸数健一町長は「町危機事象対策基金」を新設すると地元メディアが報じた。
日本政府が盛んに煽る「台湾有事」の危機に乗じて、島を出ていきたい者に町から支度金を出すという。
先の沖縄戦では、戦争遂行のため学童や住民を集団疎開させた経緯がある。
戦争の最前線とされている与那国町はそこまで追い詰められているのだ。だれが、自分の故郷を戦争の具にさしだすか!
琉球・沖縄列島が戦争の最前線に立たされている。特に台湾や中国に最も近い与那国島では「戦争」の危機をあおり、住民を恐怖に陥れている。
子どもたちの通学路や島の人が行きかう生活路を装甲車が走る状況を想像してほしい。与那国からの怒りに応え私たちは自分の足元から何をすべきか。
また、半世紀前の中国と日本の歴史的関係を紐解くことで、「台湾有事」を煽られ、あたかも「戦争」が眼前にぶら下がっているような状況を打破していこう。
この緊急集会で情報を共有し、ともに考えていこうではありませんか!与那国島を戦場(いくさば)にしてはならない!


PRIME国際シンポジウム 第5回市民的不服従としての良心的兵役拒否

2023年2月18日

2月18日(土)13:45開場 14:00~18:00
会場:明治学院大学 白金キャンパス 本館1101教室 &オンライン
参加費無料
報告(1)市川ひろみ/(2)白承徳
主催:明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
連絡TEL03-5421-5652(白金)


米日による中国戦略戦争反対!沖縄を戦場にするな!戦争反対街宣&デモ

2023年2月18日

2月18日(土)15:30~ 16:30デモ
場所:横浜駅西口相鉄口前
よびかけ:関生弾圧を考える神奈川の会


第169回市民憲法講座 賃金破壊が若者も壊す~持続可能な次世代のつくりかた

2023年2月18日

2月18日(土)18:30~
会場:文京区民センター2階A会議室
参加費¥800
お話:竹信三恵子
主催:許すな!憲法改悪・市民連絡会
連絡TEL03-3221-4668


第17回全国若者・ひきこもり協同実践交流会 in 東京三多摩 ローカル×協同×わたし ー 語り合えるつながりと地域をつくる ー

2023年2月18日

2月18日(土)9:45受付~・19日(日)
会場:東京経済大学 国分寺キャンパス
参加費:一般3000円/早割り2500円(2月5日〆切)/若者1000円/ アーカイブ(視聴&資料集)1000円/
※大会オリジナルお弁当(お茶付き)1000円
主催:全国若者・ひきこもり協同実践交流会 in 東京三多摩実行委員会


ふぇみ・ゼミ「連続講座」高柳聡子さん「ソ連以後を闘う女性たち~政治という暴力がもたらすもの」

2023年2月18日

第4回 カフカース(アゼルバイジャン、ダゲスタンなど)
2月18日(土) 18:00~20:00
ロシアの法とイスラムの慣習のはざまで殺される女性たち

第5回 ウクライナ
3月11日(土) 18:00~20:00
戦争は女性たちの運命をどう変えるのか? 戦争前/現在の問題を考える
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
赤羽近辺の会場×オンラインのハイブリッド
一般通し券 ¥15,000/学生/2022年度ふぇみ・ゼミU30受講生&寄付者(今年度1万円以上ご寄付くださった方対象)通し券 ¥12,000
ふぇみ・ゼミU30受講生 ¥6000円 ※クラスルームの記載をご覧ください。お分かりにならなければふぇみ・ゼミにご連絡ください
一回券 一般 ¥3500円/学生/2022年度ふぇみ・ゼミU30受講生&寄付者 ¥2800円/ふぇみ・ゼミU30受講生  ¥1200円
主催:ふぇみ・ゼミ~ジェンダーと多様性をつなぐ自主ゼミナール


討論会 戦争反対と訴えていこうではありませんか~そのために何をすべきか~

2023年2月19日

2月19日(日)13:00開場 13:30~16:30
会場:東京ウイメンズプラザ視聴覚室ABC &ZOOMオンライン
参加費¥1000
講師:杉原浩司/越智祥太
主催:ゲノム問題検討会議
連絡TEL090-2669-0413(神野玲子)


75th CHIN NATIONAL DAY

2023年2月19日

2月19日 14:00~19:30
会場:千葉県民文化会館
主催


とめよう!軍拡 もつな!敵基地攻撃能力 やめて!増税 池袋アクション

2023年2月19日

2月19日(日)11:00~12:00
場所:池袋駅東口
主催:池袋アクション


第61回 脱原発ウオーキング

2023年2月19日

2月19日(日)13:30~
場所:三軒屋公園
主催:脱原発にいざ市民の会


<ロシアのウクライナ侵攻 1 年> これからの反戦運動を考える練馬の集い

2023年2月20日

2月20日(月)18:15開場 18:30~
会場:練馬区立区民・産業プラザ研修室1
資料代 500 円
主催:戦争に協力しない!させない!練馬アクション/憲法骨抜きNO!ねりま
連絡:090-5208-5803(池田)090-8311-6678 kashiwa09autumn@gmail.com(柏木)
お話 岡本厚(ジャーナリスト、元「世界」編集長、岩波書店前代表取締役社長)

ロシアがウクライナに侵攻してから、2023 年2月で一年になります。戦争は長期化し、避難民の帰還の目途は立たず、多くの人々が死傷し続け、
非人道的行為も数多く報じられています。
戦時体制の下におかれたウクライナの人びと。反戦運動を徹底弾圧するプーチン政権の下で、動員を恐れ、経済制裁に苦しむロシアの人びと。
戦争は彼らを苦しめているだけではありません。
戦争伴う穀物・エネルギー価格の上昇は、ウクライナに武器供与などをしてきた米・NATO諸国のみならず、世界中の人びと、殊に発展途上国の人びと生活を脅かしています。
日本も例外ではありません。しかし岸田政権は、インドやトルコが停戦を模索しているのとは対照的に、
対ロシア経済制裁を諸外国に説いて回り、ロシアのウクライナ侵攻を利用して軍拡と改憲を進めようとしています。
反戦運動も苦境に立たされています。「ロシアの侵略に抗するウクライナの戦い」が注視される中、
戦後の反戦平和運動が重視してきた「非武装・中立」などの価値が大きくゆらいでいます。
このような状況の中で、これからの反戦運動をどうのように展望していくのか、岡本厚さんのお話を伺い、論議したいと思い、集いを開催することにしました。
是非、ご参加ください。


小林多喜二没後90年追悼 東京大集会―築地多喜二祭

2023年2月23日

2月23日(木・祝日)13:30開場 14:00~17:00
会場:日本橋公会堂2階会議室(〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目31-1)定員120名
資料代:500円
DVD「燃やし続けた炎」上映(治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟制作/26分)/記念講演「多喜二文学の世界への広がり」荻野富士夫(小樽商科大学名誉教授)
主催:小林多喜二没後90年追悼 東京大集会実行委員会
連絡TEL090-4077-2282(福田) pcdepot09162@ozzio.jp


ウクライナ侵攻1年・シリア内戦勃発から12年・イラク戦争20年 戦争と命の尊厳を考えるつどい

2023年2月23日

2月23日(木・祝)13:30開場 14:00~16:00
会場:専修大学神田キャンパス7号館(大学院棟) 3階731教室
資料代¥1000
対談:「戦場のリアル」志葉玲✕安田純平
主催:2.23戦争と命の尊厳を考えるつどい実行委員会
共催:人と猫の共生を図る対策会議/市民社会フォーラム/あけび書房
申し込み・お問い合わせ先:人と猫の共生を図る対策会議(hitotoneko@ezweb.ne.jp 080-5437-2665)/市民社会フォーラム(civilesocietyforum@gmail.com)
賛同団体(1/16現在)
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ/JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)/ChalChal/PEACE BOAT/許すな!憲法改悪・市民連絡会/草の実アカデミー(第二言論サミット)/チェチェンニュース編集室


プーチンの戦争を止めよう!ウクライナに連帯を!2.23新宿デモ

2023年2月23日

2月23日(木)13:30集合 14:00デモ出発
場所:新宿駅東口アルタ前広場
呼びかけ:ウクライナ連帯ネットワーク
連絡TEL090-1429-9485


2・23全国一斉アクション 入管法改悪反対デモin東京

2023年2月23日

2月23日(木・休)13:45集合 14:00デモ出発
場所:上野恩賜公園(予定)
主催:入管の民族差別・人権侵害と闘う全国市民連合
連絡TEL


ドキュメンタリー映画「教育と愛国」上映&トークセッション

2023年2月23日

2月23日(木・休)午後の部13:00~(開場12:40)/夜の部17:00~(開場16:40)
会場:立教大学14号館D201教室
資料費:1000円(18歳未満無料)
ゲスト:斉加尚代監督 ナビゲーター:砂川浩慶(立教大学教授)
午後の部 トークセッションパート1 14:50~15:30
スペシャルゲスト:宮澤弘道(小学校教諭)
夜の部 トークセッションパート2 18:50~19:35
スペシャルゲスト:武田砂鉄(フリーライター、ラジオパーソナリティ)
主催:立教大学社会学部メディア社会学科砂川ゼミ sunakawa@rikkyo.ac.jp 「教育と愛国」上映実行委員会
メール・電話で予約 kashiwa09autumn@gmail.com  090-8311-6678


ウクライナ戦争1周年 戦争とめよう!2.23全国反戦集会

2023年2月23日

2月23日(木・休)13:00~
場所:芝公園23号地
主催:「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会
連絡TEL080-6053-1751(本山)


連続講座 憲法研究者と市民運動家が安保3文書を読み解く

2023年2月23日

第2回 2月23日(木・休)14:00~17:00
報告者:石村修/綾野妙実子
第3回 3月5日(日)14:00~17:00
報告者:清末愛砂/杉原浩司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ZOOMオンライン
参加無料
主催:憲法ネット103


広瀬隆講演会「気候変動の宇宙物理学:IPCCのCO2 温暖化説は本当か」(後半)

2023年2月24日

2023年2月24日(金)18:15~20:30 (前半は2023年1月24日(火)に開催いたしました)
会場:全水道会館4F大会議室/定員:160名=予約必要 電話かメールでお申し込み下さい
資料代:1回参加1,000円(2回通し参加1,600円)
講師:広瀬隆
主催:たんぽぽ舎(東京都千代田区神田三崎町3-1-1 高橋セーフビル1F)
連絡tel 03-3238-9035 fax 03-3238-0797  Email: tanpopo3238@yahoo.co.jp URL: http://www.tanpoposya.com/
ちょうど1年前に「二酸化炭素CO2によって地球が温暖化しているという説は科学的にはまったく根拠がないデマであると題した講演を予定しましたが、
コロナの激増のために講演会を中止して、視聴者なしで録画してYouTubeで放映してきました。
しかし、私が目的とする「CO2地球温暖化論者」と直接対決する公開討論会は、
いまだ実現していません。そのため地球が温暖化しているのか、
それとも私が実証するように恐怖の氷河時代が目前に迫っているのか、社会的には決着がつかないまま、
全世界で燃料不足を引き起こし、温暖化論者の大嘘のために物価暴騰を招き、
挙句の果てに「原発必要論」が威勢よく復活し始めています。トンデモナイ事態です。
そこで、この現状をいつまでも黙視して放置することはできません。この問題に決着をつけるため、今回は「気候変動の宇宙物理学」を大規模に公開することにしました。
必見の内容であることを保証致します。


考えよう!原発事故の汚染で生じた土の再利用、ホントにいいの?

2023年2月24日

2月24日(金)18:00開場 18:30~20:30
会場:小手指公民館分館 音楽ホール
参加費無料
講師:満田夏花
主催」所沢へwの福島原発汚染土持ち込みを考える市民の会
連絡TEL090-1814-4616(村上)


ロシアのウクライナ侵攻から1年 ウクライナに平和を!2・24日比谷野音集会&デモ

2023年2月24日

2月24日(金)17:30開場 18:30~19:15 ~銀座デモ
場所:日比谷野外音楽堂
主催:さよなら原発1000万人アクション/戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会/戦争させない1000人委員会/
憲法9条壊すな!実行委員会/憲法共同センター
連絡TEL03-5289-8224


抗いのうた/中川五郎・バラッドショット

2023年2月25日

2023年2月25日(土)18:00開場 18:30開演
会場:Live Bar “TUBO”(東京都世田谷区南鳥山6-8-7喜多ビル2F)
チケット:予約¥2500 当日¥3000
主催:Live Bar “TUBO”
予約:お問い合わせ:utatane.message@gmail.com


戦争から逃げる 兵役拒否を考える

2023年2月25日

2月25日(土) 14:00~16:30
会場:県南生涯学習センター 小講座室2(土浦市大和町9-1ウララビル5階 )
参加費¥500
お話:「戦争から逃げる 近代日本の兵役拒否・兵役忌避」 三上真理子(大学非常勤講師)
主催:戦時下の現在を考える講座
連絡TEL090-8441-1457(加藤)

ロシア・ウクライナ戦争が始まって一年になろうとしているが、まだ終わりは見えない。
国連の発表では、ロシアがウクライナに侵攻を始めた二〇二二年二月から十二月末までに七千人近いウクライナの民間人が死亡した。
ウクライナ兵の死者は、十二月一日のウクライナ政府の発表では、一万人から一万三千人とされる。同じ発表によれば、ロシア兵の死者は最大で十万人。
ロシア国防省は昨年三月以降のロシア兵の死傷者数を発表していない。
多数の兵力を喪失したロシアは、九月、旧ソ連時代に遡っても第二次大戦後初めてとなる動員令の発令を行った。合わせて兵役拒否者には厳罰を科す刑法改正も行った。
他方ウクライナでは、ロシアの侵攻直後に総動員令が発令され、十八歳から六〇歳の男性は国外に出ることが禁じられた。
徴兵カードを渡された者は志願するか否かを選択できるとも言われるが、徴兵免除証明書もなく自由に兵役を拒否できるわけではないだろう。
このような国家が「国民」を戦争に動員する権限は、いったいどのように正当化されるものなのであろうか?また、
とりわけ自衛戦争を戦っているウクライナにおいて、兵役拒否をすることは、リアリティのないこと、あるいはそもそもあってはならないことなのだろうか?
戦時下の国家で兵に取られそうになった時、嫌だ!と答えた人たちは昔から世界中に大勢いる。
その人たちは、正面から兵隊にならない銃を持たないと答えた人たちと、兵隊にされる前に逃げた人たちに分けられて、前者を良心的兵役拒否、後者を兵役忌避と呼ぶ。
近年では両者をまとめて兵役拒否と呼ぶこともある。私たちがいるこの国にももちろんいた。
ただし私たちのいる国では兵役忌避の方が比較にならないくらいに多い。逃げ方は様々だ。
養子になったり徴兵制が施行されていない地域へ籍を移すといった制度上の抜け道が使えた期間は短く、自分の体を傷つけたり文字通り逃げ出したり。
けれども逃げた人たちは逃げたこと自体を隠したし、戦争中だけでなくその後もずっとこの国は戦争から逃げた人たちを卑怯者と言い続けた。
それは平和を唱える人たちでも変わらない。良心的兵役拒否は死を恐れない立派な行為だが兵役忌避は死ぬのが怖い臆病者と見なしていた。だから逃げた人たちの話は知られていない。
死にたくないのは当たり前だ。誰だって殺される理由なんかない。国を守るためと言えば人々は褒め称えるけど、そんなものは殺されたり殺したりする理由にはならない。
戦争から逃げる、で何が悪い。
戦争から逃げる具体的なやり方を考えてみよう。そのために徴兵忌避を研究している三上真理子さんの話を聞く。
三上さんは茨城の事例も調べているそうなので、私たちの足元から、戦争から逃げるリアリティがどこにあるのか考えてみようと思う。


サークル体験集会 防衛力を認めるか?では憲法9条は〜

2023年2月25日

2月25日㈯ 13:00〜15:00
会場:千代田区立生涯学習館3階第1学習室
参加費:500円
講師:高山俊吉弁護士(参考文献:高山林太郎著かもがわ出版「ボク、ああいうの嫌い」)
主催:九段生涯学習会館
連絡TEL03-3234-2841


私学九条の会・東京結成17周年記念・第52回憲法学習会

2023年2月25日

2月25日(土)17:30~19:30
会場:全国教育文化会館 5階会議室B(〒102-0084 東京都千代田区二番町12-1)
参加費:500円
講演:防衛費2倍、軍拡増税で戦争できる国へ―この流れにいかに抗うか―/望月衣塑子(東京新聞記者)
主催:私学九条の会・東京
連絡:03ー3230ー4091(東京私教連)2016aizu@gmail.com


3.1朝鮮独立運動 104周年 東アジアの民衆連帯で新たな戦争を起こさせない!植民地支配を清算し大軍拡を止めよう!

2023年2月25日

屋内集会
2月25日(土)18:00開場 18:30開会
会場:文教区民センター2A
資料代¥800
講演:「関東大震災時の朝鮮人虐殺の歴史的背景」慎蒼字
3.1キャンドル行動
3月1日(水)189:00開始
場所:新宿駅西口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主催:「3.1朝鮮独立運動」日本ネットワーク
連絡TEL070-6997-2546(日韓民衆連帯全国ネットワーク)


3・3反戦春闘首相官邸前行動

2023年3月3日

3月3日(金)18:30~
集合場所:首相官邸前(東京都千代田区永田町2-3-1、東京メトロ「国会議事堂前」駅下車)
主催:労組反戦行動実行委員会
連絡:全水道東京水道労働組合 電話03-3814-3795/FAX03-3815-5341/全国一般・全労働者組合 電話03-3234-1816/FAX03-3234-3026/
全国一般東京東部労働組合 電話03-3604-5983/FAX03-3690-1154
みなさんの日夜のご奮闘に敬意を表します。昨年10月21日にわたしたちが呼びかけた「国際反戦デー首相官邸前行動」へのご協力に心より感謝申し上げます。
同行動には28の労働組合、政党、市民団体、弁護士、議員らがご賛同いただき、当日は180人のご参加をいただきました。
実行委では同行動の成功を確認すると同時に、ロシアとウクライナとの戦争がいまだ停戦に至っていない現状と、
日本政府が中国や朝鮮への敵視キャンペーンを煽りながら憲法改悪と大軍拡に突き進んでいる情勢を踏まえ、
引き続き労働者・労働組合が先頭に立った反戦運動を継続・拡大していく必要性を確認しました。
そこで2023年の「春闘」において、職場における賃金や労働時間などの労働条件の改善だけにとどまらず、労働者・労働組合が戦争反対の声をあげていこうと、
以下の「3.3反戦春闘首相官邸前行動」を呼びかけることとしました。同行動へのご参加とご協力をよろしくお願いいたします。


SJFアドボカシーカフェ第76回『インターセクショナル・フェミニズム~ふぇみ・ゼミ&カフェの挑戦~』

2023年3月3日

3月3日(金) 13:30~16:00 ※受付時間13:00~
ZOOMオンライン ―リアルタイム字幕表示あり―
参加費無料
ゲスト:鄭允瑞/葉山慧/遠藤純一郎/熱田敬子/飯野由里子
主催 NPO法人まちぽっと/ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)
連絡・申込 https://socialjustice.jp/20230303.html


シンポジウム セクハラの慰謝料はなぜ低い?ー慰謝料額から現代日本のセクハラを考えるー

2023年3月4日

3月4日(土)13:30~16:30
ZOOMオンライン
参加費無料
基調講演:金山直樹「違法な性行為による損害賠償請求の諸問題」
主催:日本弁護士連合会
連絡TEL03-3580-9941


2023国際婦人デー 3・4東京集会

2023年3月4日

3月4日(土)13:30開場 14:00開会
会場:文京区民センター2A
資料代¥1000
主催:国際婦人デー3・4東京集会実行委員会/本郷文化フォーラム・ワーカーズスクール(HOWS)
連絡TEL03-3818-6671


最低賃金 大幅引き上げを目指す労使研弁シンポジウム

2023年3月4日

3月4日(土)14:00~17:00
会場:建設プラザかながわ 2階ホール
参加費
講演:山縣宏寿「最低賃金の呪縛と日本経済の混迷ー賃金と雇用の二者択一を超えてー」
主催:Fight For1500神奈川実行委員会
連絡TEL045-319-4891


第42回全国争議団交流会・交流集会

2023年3月5日

3月5日(日)13:00~
会場:渋谷勤労福祉会館
参加費
主催:争議団連絡会議/関西争議交流会/北部九州反弾圧争議団労組交流会
連絡TEL03-5577-6705


あれから12年 原発いらない CANDLE ACTION 2023

2023年3月11日

3月11日(土)18:00~
場所:JR船橋駅南口
主催:脱原発船橋(仮)


3.11反原発福島行動’23 反原発福島集会

2023年3月11日

3月11日(土)13:00開会 集会後デモ
会場:福島県青少年会館・体育館
参加費
主催:3.11反原発福島行動実行委員会
連絡TEL090-5237-9851(長沢)


本郷文化フォーラム ワーカーズスクール講座 「いま労働者・労働組合が起ちあがるために」

2023年3月11日

(3)3月11日(土)13:00~
朝・日友好の青年運動をいかに進めていく か──神奈川県での取り組みから
講師=髙井一聴(自治体労働者)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場:本郷文化フォーラム
参加費:1,500円(学生1,000円)
連絡:HOWS事務局 TEL.080―9816―3450(要事前予約)  E-mail : hows@dream.ocn.ne.jp

わたしたちの生活を直撃する物価高騰、ウクライナ事態を口実とした「台湾危機」のでっち上げ、憲法改悪の危機、朝鮮学校差別をはじめとする人権無視、排外主義の横行……。労働者、労働組合が声をあげ行動することが今こそ求められている。闘う仲間から学ぼう! ともに声をあげよう!


根本敬教授 最終講義『20世紀ビルマのナショナリズム:タキン党の中の〈否定の論理〉とその軌跡』

2023年3月11日

3月11日(土)14:30~17:00
会場:上智大学6号館 3階 301教室&オンライン
参加費
共催:上智大学総合グローバル学部*地域研究専攻/アジア文化研究所
連絡:https://bit.ly/3Rx7REs 申込期限3月5(日)


本郷文化フォーラム ワーカーズスクール講座「中国共産党第20回大会と現代世界──中国社会主義の実像を探る」

2023年3月18日

3月18日㈯ 開始:13:00 終了:15:30
会場:本郷文化フォーラム
参加費:1,500円(学生1,000円)
講師:村田忠禧(横浜国立大学名誉教授)「周恩来の生涯と思想──中国の革命と建設における周恩来の足跡から考える」
主催:本郷文化フォーラム
問合せ:HOWS事務局 TEL.080―9816―3450(要事前予約)E-mail : hows@dream.ocn.ne.jp
「長征」とは中国紅軍の壮絶な大遠征であった。「社会主義現代化強国」「共同富裕」という、いま「新たな長征」をめざして中国共産党は第20回党大会をむかえる。
米国バイデン政権による中国包囲網と対中敵視政策のなかで焦点化した台湾海峡危機を第1講で、
第2講では六四天安門事件にはじまる中国報道への歪みを剔抉、第3講で中国の革命と建設において重要な役割を果たした革命第一世代の周恩来の足跡からその精神と思想を探る。


日光キッズゲルニカ2023

2023年3月18日

3月18日(土)~19日(日)10:00~15:00
会場:道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣 ニコニコホール
参加無料
主催:日光キッズゲルニカ制作委員会
連絡TEL0288-25-7771


本郷文化フォーラム ワーカーズスクール講座 ソ連邦倒壊から30年──社会主義諸制度の解体を経て資本主義ロシアへ

2023年3月25日

3月25日(土)開始13:00 終了15:30
会場:本郷文化フォーラム
参加費:1,500円(学生1,000円)
講師:山下勇男(社会主義理論研究)
主催:本郷文化フォーラム
問合せ:HOWS事務局 TEL.080―9816―3450(要事前予約)E-mail : hows@dream.ocn.ne.jp


ドキュメンタリー映画『金福童』川崎上映会

2023年3月25日

2023年3月25日(土)14:00~16:30(開場13:30)
会場:川崎市総合自治会館・ホール(武蔵小杉駅前)
参加費:前売り 800円 当日  1000円 学生  500円
上映後トーク 梁澄子(希望のたね基金代表)
主催: 川崎から日本軍「慰安婦」問題の解決を求める市民の会/日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
連絡TEL:080-3494-2411 Mail:keikopeace@sand.ocn.ne.jp