座標塾 第ⅩⅦ期

2021年3月5日

1回スガノミクスは何を狙うか
3月5日(金)
白川真澄
第2回民主主義は蘇るかーポピュリズム・権威主義の波に抗して
5月21日(金)
中村勝巳
第3回ベーシックインカムをめぐって論争を読み解く
7月18日(金)
白川真澄
第4回グリーン・ニューディールは気候危機を解決できるか
9月17日(金)
白川真澄
第5回いま、MMTをどう考えるか
11月19日(金)
白川「真澄
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
18:30~21:00
会場:文京シビックセンター
参加費:第17期(5回)通し¥4000 各回¥1000
主催:研究所テオリア
連絡tel03-6273-7233


日消連 連続講座 福島原発事故10年ーいあま、原発とエネルギーを考えるー

2021年5月26日

第1回5月26日(水)13:30~15:30
「気候変動と原発を考える」
第2回6月23日(水)13:30~15:30
「食べ物の安全と放射能「を考える」
第3回7月24日(土)13:30~15:30
「電磁波の危険性ー家電から送電線まで」
第4回8月28日(土)13:30~15:30
「5G~エネルギー多消費と監視社会」
第5回9月25日(土)13:30~15:30
「小さなエネルギーがつくる「もう一つの社会」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講師:第1回~4回は天笠啓祐(科学ジャーナリスト、日消連顧問)/第5回は特別ゲストを予定
会場(少人数制にしていますので先着順です)第1,2回(定員各5人):日本消費者連盟(新宿区西早稲田1-9-19-207 )/第3~5回(定員各20人):連合会館(千代田区神田駿河台3-2-11)
Web(Zoom)を使ってのオンライン参加(定員100人)
参加費 各回1000円(日消連会員500円)(事前振り込みをお願いします)
主催:日本消費者連盟   協賛:食の安全・監視市民委員会
電話:03-5155-4765/FAX:03-5155-4767/email:office.@nishoren.org
申込み 各開催日の3日前までに参加申し込みをお願いします。申し込みは日消連のホームページから(お申し込み後に、入金・聴講方法等をご連絡いたします) → https://nishoren.net/


少女マンガとジェンダー、フェミニズムの関係性を探る

2021年8月6日

第1回8月6日(金)19:00-21:00「少女マンガはどこから来たのか、少女マンガを研究すること」
第2回8月20日(金)19:00-21:00大和和紀「はいからさんが通る」
第3回9月3日(金)19:00-21:00安野モヨコ「ハッピー・マニア」
第4回9月17日(金)19:00-21:00坂井恵理「鏡の前で会いましょう」
第5回10月1日(金)19:00-21:00「全体のまとめ、受講者同士の交流タイム」
講師:トミヤマユキコ:1979年、秋田県生まれ。早稲田大学法学部卒業。早稲田大学文学研究科修士課程・博士後
期課程満期退学。博士(文学)。ライターとして日本の文学、マンガ、フードカルチャー
について書きつつ、大学では日本の少女マンガやサブカルチャーに関する講義を行っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オンライン
チケット:5回セット券15,000円(寄付者12,000円)
※受講料以外の出費=指定した作品をご自身で入手していただく必要があります。
少女マンガはどこから来たのか、少女マンガを研究するということ
少女マンガを単なる娯楽として消費するのではなく、ジェンダー、フェミニズムの観点か
らもうちょっと深掘りしたい、批評的思考をもって読み解きたい、と思っている方を対象
に、少女マンガ研究者&大学講師のトミヤマがその「とっかかり」をお見せします。
隔週開催にすることで、作品を読む時間をしっかり取り、受講者によるディスカッション
もできればと思っていますが、ムリに発言しなくても大丈夫です。また、普段マンガを読
まない方でもついていけるようにしますのでその点ご安心ください。
主催:ふぇみ・ゼミ~ジェンダーと多様性をつなぐフェミニズム自主ゼミナール
お申込み https://b3fz.peatix.com/ Eメール femizemi2017@gmail.com


「菊池事件」をもっと知る 連続公開講座 全12回

2021年8月20日

第1回8月20日(金)19:00~「連続講座を始めるにあたってー菊池事件とはー」
第2回9月17日(金)19:00~「菊池事件の背景としての無らい県運動」
第3回10月20日(水)19:00~「当事者が語る菊池事件」
第4回11月19日(金)19:00~「凶器とされた短刀をめぐる謎」
第5回12月20日(月)19:00~「国民的最終請求とは何かー市民の果たすべき役割」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第6回~第12回
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
YOUTUBE開催
参加無料
主催:菊池事件再審弁護団


映画「ミス・マルクス」 マルクスの娘として、女性や子供、労働者の権利向上に生涯を捧げたエリノアの激動の半生を描いたドラマ

2021年9月4日

東京 シアター・イメージフォーラム 9/4(土)~
東京 シネマカリテ         9/4(土)~
神奈川 シネマ・ジャック&ベティ   近日
神奈川 あつぎのえいがかんkiki  10/2(土)~10/15(金)
大阪 シネ・リーブル梅田      9/17(金)~
京都 京都シネマ          9/24(金)~
兵庫 シネ・リーブル神戸      10/8(金)~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
解説(映画.com:https://eiga.com/movie/93564/)
19世紀を代表する哲学者、経済学者カール・マルクスの末娘で、女性や子ども、労働者の権利向上に生涯を捧げた活動家エリノア・マルクスの激動の半生を、パンクロックに乗せて描いた伝記ドラマ。1883年、イギリス。
最愛の父カールを亡くしたエリノアは、社会主義者の劇作家エドワード・エイヴリングと出会い恋に落ちる。
しかし、不実なエイヴリングヘの献身的な愛は、次第に彼女の心を蝕んでいく。
エリノアは時代に先駆けた女性活動家として活躍しながら、苦悩に満ちた愛と政治的信念の間で引き裂かれていく。
「エンジェル」のロモーラ・ガライが主演を務め、「戦火の馬」のパトリック・ケネディがエイヴリングを演じた。
2020年・第77回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、FEDIC賞とベストサウンドトラックSTARS賞を受賞。


シネマハウス大塚特別企画『四方田犬彦連続映画講座-シオニズムとパレスチナ-』

2021年9月17日

9月17日(金)~12月10日(金)全6回 各日18:00~20:00
会場:シネマハウス大塚(〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4-7-4-101)
講座参加券:各回¥1300円均一(税込) 6講座通し券¥6000円
講座内容:第1回9月17日(金)「シオニズムのプロパガンダ映画」/第2回10月1日(金)「パレスチナの抵抗は他者によっていかに描かれたか」/第3回10月22日(金)「パレスチナ人は大厄難をどう描いたか」/第4回11月5日(金)「パレスチナのカリスマ映画人 バクリ」/第5回11月26日(金)「世界を放浪するパレスチナ人 スレイマン」/第6回12月10日(金)「ベイルートの眼差し サアブ」
主催:シネマハウス大塚
予約・問い合わせ:info@cinemahouseotsuka.com
1948年のイスラエル建国は、イスラエル人を劇映画の主人公にし、パレスチナ人をドキュメンタリーの主人公とした。」(ジャン・リュック=ゴダール)
シオニズムは挫折した。国家イスラエル成立後70年以上に及ぶ臨戦状態は、ユダヤ人国家建設という植民地主義的ユートピアの夢が、根本的に誤りであったことを告げている。
パレスチナ人抵抗勢力との戦闘は日に日にで熾烈と化し、憎悪と無感動が状況を支配するに到った。
本講座は20世紀前半のプロパガンダ映画からパレスチナ難民のい自己像確立まで、一世紀にわたるパレスチナの表象史を辿り、映像の政治学を論じる。


ミャンマーの平和を願う写真展 アウンサンスーチーと家族の写真を中心に

2021年9月22日

9月22日(水)〜30日(木)10:00~16:00 最終日~15:00
会場:東本願寺 慈光殿2階ホール沙羅
入場無料
主催:ビルマ応援の会
連絡TEL03-3280-1824


ミャンマー問題を考える講演・学習会「ミャンマーの民主化運動」(仮題)

2021年9月25日

9月25日(土)13:20受付 13:40開始
会場:立川市こぶし会館(〒190-0002 東京都立川市幸町5-83-1)
資料代¥500
講師:ミョーミンスエ(Myo Min Swe)/プロフィール:2007年のサフラン革命から2016年2月に国会を開くまで日本で民主化活動にたずさわる。
その後活動は中断していたが、2021年2月1日にクーデターが発生、再び民主化のために立ち上がる。
主催:ミャンマー問題を考える会
連絡:立川自衛隊監視テント村・立川反戦ビラ弾圧事件元被告 大洞俊之Facebook https://www.facebook.com/toshiyuki.obor


saveミャンマー すわじゅんこ・チャリティーコンサートin LKEBUKURO

2021年9月25日

9月25日(土)15:45開場 16:00開演
会場:スプリングレボルーションレストラン(豊島区西池袋1-20-4第7三宅ビル3F)
参加費¥3000(1ドリンク付き)
主催:saveミャンマー すわじゅんこ・チャリティーコンサートin LKEBUKURO実行委員会
連絡TEL090-8728-1610(宮間)


映画監督×写真家×NGO代表が語る ミャンマーの過去と未来

2021年9月25日

9月25日(土)17:45~19:15
会場:新宿区箪笥地域センター 4F会議室AB
参加費¥1000
主催:NGO SOSIA


オンラインシンポジウム 警察官職務執行法の「精神錯乱者」は国際的に恥ずかしくないのか?

2021年9月25日

9月25日(土)13:00~16:30
ZOOM
参加無料
主催:安永健太さん事件に学び共生社会を実現する会
連絡


ミャンマーから学ぶ 私たち若者が自由のためにできること

2021年9月25日

9月25日(土)15:00~17:00 申込み期限:2021年9月24日(金)18:00
ZOOMミーティング 使用言語 :日本語 定員90名
中高生:無料/大学生:1000円(大学院ほか高等教育相当の学校在籍者含む)/一般:1500円
登壇者:渡邉彰悟/在日ミャンマー人のTさん
ミャンマーは1962年の軍事クーデター以降、軍事政権によって長らく人権侵害を繰り返してきた歴史がある国です。
2015年と2020年には国民民主連盟(NLD)が総選挙で大勝し民主化に向けての道筋についたと思われました。
しかし、30年間にわたる民主化への長い道のりは2021年2月1日のクーデターによってその時計の針を巻き戻すことになりました。
現在も続く国軍の支配下では、市民の逮捕・拘束・夜間外出禁止令などが続きます。そのようななか、若者による国軍への「不服従運動(CDM)」の展開にも注目が集まっています。
本イベントの協力校の生徒の皆さんからは、問題の背景・歴史や、
ミャンマーの若者がどのような社会を目指して民主化運動をしているのか理解することが難しくもどかしいと意見をもらいました。このイベントは、そうした日本の若者の声から企画されたイベントです。
ニュースなどでミャンマーのクーデタを目の当たりにし、衝撃を受けたが自分に一体何ができるのかと悩む方は多いのではないでしょうか。今回のサマースクールを通してミャンマーの歴史から現代の不服従運動について理解を深め、ミャンマーの民主化のためにどのような行動を起こすことができるか考えます。
ゲスト講師は、90年代初頭から難民への法律問題支援を続け、難民認定や外国人の入国・在留手続に詳しい渡邉彰悟弁護士です。この機会に、中高生・大学生、そして大人の皆様も是非ご参加下さい!
主催:認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ 協力:学校法人 玉川聖学院
連絡:info@hrn.or.jp


学習講座「ドイツと日本の空襲の記憶」

2021年9月25日

9月25日(土)13:10開場 13:30~17:00
会場:文京区民センター3階 ・3A会議室
資料代¥500
講師:柳原伸洋
主催:NPO 都市無差別爆撃の原型・重慶大爆撃を語り継ぐ会
連絡TEL03-3501-5558


第2回オンライン学習会 陸上自衛隊のオスプレイはいま

2021年9月25日

9月25日(土)14」:35開場 14:50~
ZOOM
参加費無料
講師:半田滋
主催:「オスプレイはいらない」千葉県署名推進委員会
連絡TEL090-2444-1388(柴田)


外国人のための無料法律相談会

2021年9月25日

9月25日(土)13:00~16:00 事前予約制
会場:弁護士会館11階
無料
主催:関東弁護士会連合会/東京弁護士会/第一党東京弁護士会/第二東京弁護士会
連絡TEL03-3595-8575


オンライン学習会 「関生弾圧の狙いと裁判の現状」

2021年9月25日

9月25日(土) 14:00~17:45
ZOOMオンライン (定員100名)
参加費
講師:弁護団:永嶋 靖久 弁護士
主催:関生東海の会 ZOOM担当
【申込方法】 (オンライン-ZOOM-で開催します) Eメール kannamatokai@gmail.com へお申込を
・メール表題を「9/25学習会参加申し込み」として下さい。・参加者のご氏名と、参加メ-ルアドレスを明記して下さい。・参加費無料 カンパ歓迎 全国どこからでもご参加頂けます。


「ビデオの全面開示」を求める全国一斉行動 9.25東京デモ

2021年9月25日

9月25日(土)14:30集合 15:00出発
場所:日比谷公園霞門
主催:ウイシュマさん事件の真相究明を求める学生・市民の会


今知りたい!ミャンマーのこと

2021年9月25日

9月25日(土)14:00-16:30
オンライン(Zoom配信)
参加費無料
共催:JICA沖縄センター/浦添市国際交流協会(UIRA)
連絡:098-879-3010(UIRA) お申込みフォームはこちら:https://forms.gle/bHDoVHZbp411N4Ra6
ミャンマーで起こっている事を知り、次の行動に繋げてみませんか?
前半のふれあい講座ではミャンマーの伝統や文化、言葉などを参加型で楽しく知り、
後半の世界塾では現在のミャンマーの情勢やミャンマーと沖縄の繋がりについて、所縁のある方々からお話をお伺いします。


Pwal! Pwal! Pwal!#1 Stay with Myanmar

2021年9月25日

9月25日(土)〜9月26日(日)
オンライン *配信コンテンツは10/3まで同チャンネルにて見逃し配信
YouTube、ローラーズのチャンネルにて(https://www.youtube.com/c/rollers-view
視聴費無料
Ko Bo Thu Rain(コー・ボートゥーレイン)/丸山洋司・下里雛乃/大友良英/Cho Cho Aye with村上巨樹/栗コーダーカルテット with
ビューティフルハミングバード/
OORUTAICHI, KOM_I
主催:株式会社ローラーズ代表 井口 寛
問い合わせ:mynameisrollers@gmail.com(株式会社ローラーズ)


「核兵器廃絶のための国際デー」シンポジウム2021

2021年9月26日

9月26日(日)14:00~16:00
オンライン
主催:Japan NGO Network


第34回DVD上映とみんなで話す会「This is a オスプレイ」

2021年9月26日

9月26日(日)13:30~16:00
会場:油平クラブハウス
参加費
主催:オスプレイいやだ!あきる野&日の出市民上映会
連絡TEL090-1345-6560


市民企画講座 デジタル関連法を考える

2021年9月26日

9月26日日)14:00~16:00
会場:あきる野中央公民館 第6・7研修室
資料代¥300
講師:大住広太
主催:あきる野中央公民館
連絡TEL042-559-1221


コロナ禍で五輪・パラ強行 戦争準備進める自民党たおそう 9・26集会

2021年9月26日

9月26日(日)13:00~ 集会後デモ
過剰:横浜市開港記念会館 1階講堂
資料代¥800
Main Speach 坂手洋二
主催:改憲・戦争阻止!大行進神奈川
連絡TEL080-5002-8744(品川)


とりプロのオンライン選挙講座VOL7 政治とカネ

2021年9月26日

9月26日(日)14:00~16:00
オンライン You Tube
参加無料
ゲスト:加藤一彦
主催:とりプロ
連絡TEL080-5873-7431(吉野)


DRAFT学習講座 フェミサイドとは何か

2021年9月26日

9月26日(日)14:00~
会場:富士見区民間 &ZOOM
主催:DRAFT


水は誰のものではない みんなのもの ByeBye売国!!NO!水道民営化全国三か所連帯デモ

2021年9月26日

9月26日(日) 15:00~
場所:東京新宿西口小田急前
主催:


「伊達判決」から学んで、沖縄につなげよう!!

2021年9月26日

9月26日(日)14:00~16:00
会場:小金井市市民会館 萌え木ホールA室 &オンライン
参加費¥500
講演:土屋源太郎
主催:伊達判決を勉強する会
連絡TEL080-5384-7683(中津)


精神病院のふじょうり第4弾 身体拘束は医療の敗北である!

2021年9月26日

9月26日(日)13:00~16:00
ZOOMオンライン 定員500人
参加費¥1500
主催:日本のMottoの町を考える会


731部隊の史実を語り継ぐ連続学習会第7回 731部隊について

2021年9月28日

9月28日(火)18:30~
ZOOMオンライン
参加費無料
主催:むさしの科学と戦争研究会
連絡:080-3157-1858(鳥居)


「パレスチナの声を聴く」オンラインセミナー ~パレスチナにおける食料主権を取り戻すために~

2021年9月28日

9月28日(火)19:00~21:30
ZOOMオンライン
参加費無料
スピーカー:フアード・アブー・サイフ(パレスチナ農業開発センター(UAWC) 代表)/ドゥアー・ザーイド(同 マネージャー)※アラビア語・日本語の逐次通訳あり/大澤みずほ(日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業担当)
共催:株式会社オルター・トレード・ジャパン/特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター/特定非営利活動法人APLA
協力:特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク/家族農林漁業プラットフォーム・ジャパン/農民運動全国連合会
申込みフォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S42191866/
イスラエルの占領下にあるパレスチナ。パレスチナの人びとは、家屋破壊や土地収奪、畑や車両の損害など、日常的にイスラエルによる迫害を受け、抑圧下で暮らしています。
また、政治や経済、日常的な移動など、あらゆる面でイスラエルによりコントロールされ、食料も輸入に頼らざるを得ません。
こうした状況のなか、パレスチナ農業開発センター(UAWC)は「食料主権」をかかげ、小農の権利や土地、水、種子を守るための地道な活動を続けています。
パレスチナの人びとから見た「食料主権」とその重要性とはどのようなものでしょうか。占領下における小農の支援はどのような意味を持つのでしょうか。
本セミナーでは、UAWCのメンバーに、主にシード・バンクやイスラエル管轄区域(エリアC)で土地や農業を守る具体的な活動について報告いただきながら、
食料主権について、そして占領の問題について考えます。
また、2021年5月に起きたイスラエルによる11日間にわたる空爆により、ガザ地区では、66人の子どもを含む256人が命を落とし、約2,000人が負傷するとともに、
建物やインフラに甚大な損害が生じました。UAWCが停戦後に実施した調査では、農業部門にも甚大な被害が出たことが明らかになっています。
UAWCは、爆撃で住居を失った住民や避難者への食料支援にとどまらず、ガザ地区での農業生産の復旧支援も計画していいます。
本セミナーでは、日本ではほとんど知られていないガザ地区の農業の現状についてもお話いただきます。


ミャンマーのためにみんなで編もう!@横浜

2021年9月28日

(2)9月28日(火)(3)10月5日(火)(4)10月26日(火)13:00~15:00
会場:たまプラーザ駅徒歩2分図書館 (横浜市青葉区)
参加費 無料
ミャンマーのために編み物をするという、優しいイベントが開催されます。
出来上がった編み物を「クリスマスマーケット」で販売し、売り上げを全額ミャンマーに寄付するとのこと。
同時に不要になった毛糸の寄付も受け付けています。
主催:ミャンマーのために、みんなで編もう!の会
■申込 各回10人限定。Facebookページから参加予約要


企画展再提示 少女が残した登戸研究所の記録

2021年9月29日

9月29日(水)~10月30日(土)10:00~16:00
会場:明治大学平和教育登戸研究所資料館 &オンライン
入場無料
主催:明治大学平和教育登戸研究所資料館
連絡TEL044-934-7993


韓国キャンドル革命の第一決算期 ~来春の大統領選挙と日本~ 韓国民主化100年史をたどり、2020年代を展望する

2021年9月30日

9月30日(木)18:30開場 19:00~21:00
会場:スペースたんぽぽ(千代田区神田三崎町3-1-1高橋セーフビル階)
参加費¥800
お話:青柳純一(翻訳家・金起林記念会共同代表)
主催:たんぽぽ舎
連絡電話:03-3238-9035 ファックス:03-3238-0797
文在寅政権5年間の社会変化を中心に、現在進行中の韓国キャンドル革命の到達点を確認し、3・1独立運動後100年の歴史を学びながら日本社会との深い関りを改めて考えます。
1919年 植民地朝鮮における3・1独立運動の歴史的意義 1945年 日本の敗戦後、米ソ・南北対立の激化 1950~53年 朝鮮戦争による南北分断体制の確立 1960年 4・19革命と60年第一次安保闘争
1980年 5・18光州民主化闘争 1987年 6月民主抗争 1998年 金大中政権の誕生と南北首脳会談 2016年~17年 キャンドル革命、朴槿恵政権の弾劾、文政権の誕生
私たち日本の市民はどう応えていくのか、来春3月9日の大統領選に向けて連帯の道を探る。


ユナイテッド闘争団 10.1 高裁勝利!解雇撤回!銀座デモ

2021年10月1日

10月1日(金)18.30集合 デモ出発19.00
場所:築地川銀座公園
主催:全労働者組合・ユナイテッド分会
連絡TEL03-3234-1816


『白金猿II』出版記念オンラインシンポジウム コロナ禍で可視化されたこの国の深層

2021年10月1日

10月1日(金)18:30~
ZOOMオンライン
参加費¥500
白井聡/金平茂紀/猿田佐世
主催:新外交イニシアティブ(ND)〒160-0022 東京都新宿区新宿1-15-9 さわだビル5F
連絡TEL03-3948-7255 FAX:03-3355-0445
コロナ禍が露わにした日本社会の劣化は、私たちの生命と尊厳そして未来を脅かしています。にもかかわらず、法の支配すら歪める「2012年体制」や、敗戦後から維持されてきた「対米従属構造」により、主権者であるはずの市民の間には無力感が渦巻いています。そのような体制や構造を脱し、日本社会を覆う巨大な不安を晴らすために、私たちには何ができるでしょうか。「統治の崩壊」はいかにしたら止められるでしょうか。『白金猿II-コロナ禍で可視化されたこの国の深層-』(かもがわ出版)の出版を記念した本シンポジウムでは、「危機の時代」の内実を見つめ直し、乗り越えていくための道筋を探ります。


アジア共同行動首都圏 第17回学習会 「対中国シフトの陸自大演習反対!」

2021年10月1日

10月1日(金)18:45開場 19:00開始
会場:諏訪台ひろば館・いこい室
参加費¥200
講師:大西一平(立川自衛隊監視テント村)
「米中対立」が強まるなかで、東アジアでは軍事的緊張が高まっています。米軍の「下請け」たる自衛隊は防衛予算を増加させ、今秋陸自の大演習を強行しようとしています。その実態はどうなのか。
また、このような軍拡を正当化する理屈として「中国脅威論」がありますが、これとどう対抗していくのか。
東京西部の地で、粘り強く反戦運動を続けてきた立川自衛隊監視テント村の方をお招きして学習・討論します。
主催:アジア共同行動首都圏


李政美バースデーライブ

2021年10月1日

10月1日(金)18:30開場 19:00開始
会場:space & cafe ポレポレ坐
料金¥4000(1ドリンク付き)要予約
主催:オフィスとんがらし
連絡TTEL044-573-1155


映画「棘2」板橋上映会

2021年10月1日

10月1日(金)18:30開場 19:00開始
会場:板橋区立グリーンホール504号室
協力金¥1000
主催:「棘2」上映会東京北部実行委員会
連絡TEL03-6914-0487


治安法連続討論会 日本版FBI登場!警察法改悪を斬る!

2021年10月1日

10月1日(金)17:40開場 18:00~20:00
会場:佃区民館1号室
資料代¥500
提起:足立昌勝
主催:破防法・組対法に反対する共同行動/共謀罪反対!国際共同署名運動
連絡TEL03-3591-1301


第2回 新型コロナウイルス・ワクチン予防接種に係る人権・差別問題ホットライン

2021年10月1日

10月1日(金)10:00~19:00 10月2日(土)10:00~17:00
電話番号 0120-320-794
主催:日本弁護士連合会


おとなのための紙芝居・秋<紙芝居とハーモニカとおしゃべりの北川ワールド>

2021年10月2日

10月2日(土)14:00(開場:13:30)14:00[上演]北川鎭(きたがわしずむ)15:50[報告]全国紙芝居まつり 遠山昭雄・上野明美・わかち愛
会場:ギャラリー古藤 電話:03(3948)5328
参加費\1700(予約優先・30名・当日¥2000/障がい者・学生¥1000)ペア割引設けました(2名で¥3000)ご活用ください。
主催:詩と朗読「たきび」の会 協力:花咲けシルバ組/おっぺ舎/ギャラリー古藤/くるんば
ホームページhttp://furuto.info/
問合せ・予約先メール takibinokai_poem@yahoo.co.jp(大島)


第57回さよなら原発 川越パレード

2021年10月2日

10月2日(土)15:00~
場所:川越駅東口 緑地公園
主催:さよなら原発川越の会
連絡TEL049-226-6171


緊急ウェビナー「大地を守る先住民族の声を聞く -カナダにおける日本のガス開発の影響」

2021年10月2日

10月2日(土)10:00~12:00
参加費:無料
日本の官民が関わるガス開発に反対し、弾圧されている先住民族がカナダにいることを
ご存知ですか?
温室効果ガスの排出が石炭と比べ少なく、再生可能エネルギーが普及するまでの「つなぎ」とみなされることが多いガス。
しかし、ガスも化石燃料であることから、気候変動対策にはなり得ません。
それ以外にも、たくさんの課題があります。カナダのブリティッシュ・コロンビア(BC)州で進められている新規の大規模なガス開発の現場には、
人権や環境を脅かすこの開発に長年反対してきた先住民族がいます。
このガス開発事業には日本の企業や民間銀行、そして政府機関も関わっており、国際協力銀行(JBIC)はその一部開発への融資を今まさに検討中です。
本ウェビナーでは現地で反対を続ける先住民族の方からお話を聞き、事業と日本の官民の関わりを明らかにします。
ぜひご参加ください。
主催:Foe  Japan
申込み 要
申込みフォーム→https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_E6Tg_VUCRruY1Jm4IGEBGw
※オンライン会議システムのzoomを使います。
※マイク・スピーカー機能のついたPCもしくはスマホ、タブレットが必要です。


あれから1年、私たちの自由は?そして社会は?ー日本学術会議問題とその後ー

2021年10月2日

10月2日(土)17:30開場 18:00~19:30
会場:ロフトヘヴン(渋谷)
参加費¥1500(1ドリンク付き)
主催:学問と表現の自由を守る会
連絡TEL03-6427-46512(ロフトヘヴン(渋谷))


外国人のための無料相談会

2021年10月2日

10月2日(土)10:00~15:30
会場:立川タクロス1階 立川市窓口サービスセンター
主催:立川市/NPOたちかわ多文化共生センター
連絡TEL042-527-0310


「未来を花束にして」映画上映&トーク

2021年10月2日

10月2日(土)13:00~
会場:立川市立女性総合センター・アイムホール(1)
参加無料 定員70名
講師:栗田隆子
主催:立川市男女平等参画課
連絡TEL042-528-6801


充実した福祉と誰もが尊重される社会を築いてきた、スウェーデンの政治とデモクラシーについて学ぶ3回連続講座

2021年10月2日

10月2日(土)14:00-16:00
第1回:スウェーデンの選挙と政党政治~スウェーデンの民主政治の基本的なしくみ
11月13日(土)14:00-16:00
第2回:スウェーデンの福祉国家と社会民主主義~スウェーデン政治のなりたちと特色
12月4日(土)14:00-16:00
第3回:スウェーデン政治の現在~民主政治の変化と現状
ZOOMオンライン
講師:渡辺博明(龍谷大学法学部教授/スウェーデン現代政治)
スウェーデンはヨーロッパの北の端にある小国ですが、充実した福祉国家として知られています。また同国は、民主主義(デモクラシー)を重視し、誰もが個人として尊重される社会を目指している点でも注目されています。この講座は、いったいどのような政治がそれを可能にしているのかを理解するために企画しました。スウェーデンの福祉や教育、デモクラシーなどに関心をもち、それらを支える政治のあり方についても知りたいと考えている方々に向けた連続講座を開催します。
この講座では、第1回でスウェーデンの民主政治の基本的なしくみを学び、第2回では、社会政策や社会保障制度へと話を広げ、福祉国家の成り立ちやそれを主導した社会民主主義の動きを見ていきます。第3回では、最近のスウェーデン政治の状況について解説します。割安の3回連続(先着40名)と各回ごとの申し込みができます。
主催:デモクラシー・ラボ


市東さんの農地を守ろう! 空港機能強化粉砕!改憲阻止・菅政権打倒!10・3全国総決起集会 

2021年10月3日

10月3日(日)12:00~
場所:成田市栗山公園
主催:三里塚芝山連合空港反対同盟
連絡:成田市天神峰63 市東孝雄方(TEL 0476 35 0087)
全国の闘う仲間の皆さん。私たちは来る10月3日、市東さんの農地を守る決意も新たに全国総決起集会を開催します。
市東さんの農地をめぐる請求異議裁判で、最高裁第三小法廷(長嶺安政裁判長)は、6月8日付で上告を棄却する決定を下ろしました。
強制執行の違憲性、不当性を不問に付し、成田空港会社(NAA)による農地取り上げ強制執行にお墨付きを与えたのです。
断じて許すことはできませんが、私たちはすでに「何があろうとこの地で畑を耕し続ける」という市東さんの決意を共有し、4月1日から「農地死守」の強制執行実力阻止態勢をとっています。
他方、判決から2カ月あまりが過ぎてなお、NAAは市東さんの農地に何ら手を出すことができません。
市東さんの農地を奪う緊急性も必要性もないことの証(あかし)です。
新型コロナウイルスの感染拡大で破綻(はたん)の危機に瀕するNAAが、市東さんの農地を奪う理由などどこにもありません。
「来るなら来い!」 私たちは闘いの正義を確信し、強制執行攻撃を迎え撃ちます。天神峰現地への結集を強化し、
あらためて強制執行を許さない陣形を拡大し、NAAを包囲していきましょう。10・3集会はそのための総決起集会です。
成田空港の破綻的状況にもかかわらず、千葉県は空港周辺9市町を対象に国家戦略特区に向けた提案を行いました。
空港機能強化のためとして農地を奪い、物流基地を造り、巨大な交通網を造ろうというのです。自然破壊、農業破壊を極限まで推し進め、
その先に軍事空港化をねらうものに他なりません。相川勝重芝山町長の会場貸出拒否をとことん追及し、
怒りの決起が拡大する地域住民との連帯を深め、空港機能強化を白紙撤回させましょう。
菅政権はオリンピック・パラリンピックを強行して新型コロナ第5波の感染爆発を引き起こし、労働者民衆に犠牲を押しつけて命を奪っています。
さらには新型コロナを奇貨として戦争のできる国へと憲法改悪をねらい、私たちの権利を踏みにじる強権支配を強めています。
今こそ怒りを解き放って闘う時です。世界中で労働者民衆が歴史を画する闘いを開始するなかで、日本でも強権政治に怒りの実力決起が巻き起こっています。
こうした決起と、「不屈非妥協」「実力闘争」を先達から引き継いで55年、今も「国策」と真っ向から闘い続ける三里塚が結びつくことこそ未来を切り拓く力です。
そして私たちと動労千葉・関西生コン支部をはじめとした闘う労働組合、
「帰還」強制攻撃と闘う福島、辺野古新基地建設と闘う沖縄など菅政権と最も鋭く闘う勢力が一堂に会する10・3集会こそ、菅政権打倒の総決起集会です。
労働者、農民、住民・市民、学生、あらゆる闘う皆さんの参加を呼びかけます。民衆の団結した力で政治を変え、社会を変えましょう。
10・3全国総決起集会にぜひお集まり下さい。  2021年8月26日 記


第6回ながやまのりおがのこしたもの in赤羽青猫書房

2021年10月6日

展示 10月6日(水)~11月8日(月)11:00~18:00
会場:赤羽青猫書房
見学無料
イベント
(1)トーク&DVD 永山則夫と尾崎豊
10月16日(土)13:30~15:30
参加費¥1000
(2)トーク&DVD 死刑執行の現場から
11月7日(日)13:30~16:00
参加費¥1000
(3)演奏と懇親
10月17日(日)11:30~14:30
参加費¥500+ドリンク代
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場:青猫書房
連絡TEL03-3901-4080


ZOOMシンポジウム いま問いただす!日本にカジノは必要か

2021年10月8日

10月8日(金)18:00~20:00
ZOOM
参加費無料
主催:日本弁護士連合会
連絡TEL03-3580-9504


「九条の会」群馬ネットワーク(群馬県)講演会「憲法九条を守る闘いにはロマンチックとリアリスチックが必要」

2021年10月9日

10月9日(土)14:00~16:00
会場:群馬県公社総合ビル ホール(前橋市大渡町1-10-7)定員:150人、マスク着用
参加費¥   
講師:中村幸生(元県内高校教師)
主催:「九条の会」群馬ネットワーク
後援:上毛新聞、朝日新聞前橋総支局、毎日新聞前橋支局、東京新聞前橋支局
連絡:FAX027-261-3789


コロナ禍の差別・分断・ヘイトを許さないACTION第5弾―10・10新宿A CTION―

2021年10月10日

10月10日(日)14:00集合  デモ出発:15:00(リレートーク後)
場所:JR新宿駅東口 アルタ前広場
主催:差別・排外主義に反対する連絡会
連絡:riteihyo@gmail.com
命を脅かし、生活を破壊する菅政権と小池都政にNOを叩きつけろ!
2011年9月23日、差別・排外主義に反対する連絡会(2010年結成)呼びかけによる最初
の新宿デモが闘われました。以来10年、職安通りをメインにしたデモを呼びかけ、多く
の皆さんとの連帯・共闘を進めてきました。特に昨年の緊急事態宣言以降は、「コロナ禍
の差別・分断・ヘイトを許さない」と、街頭ACTIONを継続しています。
この間、東京五輪の強行で、感染はさらに拡大する一方、卑劣な差別事案も次々に噴出
し、命と人権を踏みにじる国―都のやり方に、怒りと憤りが高まっています。
連絡会は、「有事」の日常化のなかで進行する、差別扇動、弾圧と分断を許さない闘い
として、10月10日に新宿デモを広く呼びかけるものです。


教えて!ミャンマー問題のアレやコレ 特別映画上映会&トークライブ

2021年10月10日

10月10日(日)13:00~15:00
ZOOM 事前予約制
参加無料
ゲスト:北角裕樹
主催:Save Myanmar Youth Alliance Ad For Myanmar Japan Future Creative Association


砂川の大地から届け 平和の声-基地問題と東アジアの平和 いま新たに砂川から 砂川闘争65周年記念集会

2021年10月10日

10月10日(日)13:00~16:00
会場:砂川学習館 講堂(2F)〒190-0031 東京都立川市砂川町1-52-7 定員:40名
資料代:500円
講師:緒方修/木村朗
沖縄で強制的に農民から土地を奪って米軍基地が建設されていた1955年、米軍立川基地
でもその北側の砂川町(当時)への基地拡張が計画され、農民から土地を奪うための測量
が始まりました。
そこですぐさま農民たちが立ち上がり、砂川闘争が展開されたのです。
今年「砂川平和ひろば」は開設11年目に入りました。
特に2021年は、砂川闘争の一つの成果である1956年の砂川測量中止決定から65年目です。
そして、来年は沖縄返還50年、日中国交回復50年という節目の年となります。しかしいま、日本およびその周辺に目を向ければ、東アジアでは領土をめぐる対立や新旧の冷戦構造がみられ、日本の南西諸島・琉球弧に自衛隊が次々と配備され、ミサイル基地が建設され、さらに日米軍事一体化のみならず日米豪仏合同訓練も実施されるなど、軍事的な対立政策が一層強化される状況が生じています。
戦争準備ではなく、平和構築のためには、いま何が問われているのでしょうか。私たちは、沖縄をはじめとする基地反対運動関係者との連携や、緊張関係が高まっている東アジアでの平和を求める各国の人びととの連携など、連携による平和構築の推進が重要な課題の一つだと考えています。
沖縄や広島の活動などとの連携を重視してきたこれまでの砂川闘争の経験を国内外に発信し、かつ国内外の人びととの連携も模索する方向で、これからの私たちの活動を考えていきたいと思います。そこで、今秋の集会は「砂川の大地から、とどけ平和の声――基地問題と東アジアの平和」というテーマを掲げて、「いま新たに砂川から」、「連携」に向けた「声」を発信します。 ぜひ多くの方のご賛同をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
主催:砂川平和ひろば
連絡先:〒190-0031 東京都立川市砂川町1‐55‐2 TEL/FAX 042(536)3167 宮岡(福島)E-mail sunagawa.heiwa@gmail.com Facebook https://is.gd/77B162
※申し込み要(先着順)申し込み先:090-7814-1670(福島)


シンポジウム 死刑廃止の実現を考える日2021

2021年10月12日

10月12日(火)18:00~20:00
ZOOMウエビナー
参加費無料
基調講演:平野啓一郎
主催:日本弁護士連合会
連絡TEL03-3580-9985


#いのちまもる 医療・社会保障を立て直せ! 10・14総行動

2021年10月14日

10月14日(木)13:00~14:20
場所:東京都千代田区日比谷公園 日比谷野外音楽堂
参加費
主催:「10・14総行動」実行委員会
(実行委員会参加団体)全国保険医団体連合会/全日本民主医療機関連合会/日本医療福祉生活協同組合連合会/日本医療労働組合連合会/全国大学高専教職員組合/日本自治体労働組合総連合/東京医療関連労働組合協議会/全国福祉保育労働組合/中央社会保障推進協議会/新医協
なお、当日は新型コロナウイルスを広げないよう、メイン会場となる東京・日比谷野外音楽堂は感染対策を行い、全国に向けてSNS等での同時配信を行います。全国各地での視聴や行動を呼びかけます。
WEBでご参加される方は、以下のURLを
クリックしてYouTubeでご視聴くださいhttps://www.youtube.com/watch?v=b8XVozVFgvM


ミャンマー×日本 学生全参加型トークイベント 〜D-Day発表前後のミャンマー社会変化〜

2021年10月16日

10月16日(土)15:00~17:00
形態:オンライン開催(Zoomを使用)
参加費:無料
言語:英語(一部日本語通訳あり)
主催:特定非営利活動法人 インターバンド(代表理事 小峯茂嗣)公式HP→https://www.interband.org/
参加申し込み:参加希望の方は下記のGoogle Formにご回答ください!https://forms.gle/sKjmoWGK9ZXntTVB6
今年2月に突如起きたミャンマーでのクーデター。民主化を求め、抗議活動を続ける市民と国軍の間で日々激しい衝突が起きています。
9月7日(火)にはNUG(国民統一政府)が「クーデター政権下の軍に抵抗するための戦闘を開始する」と宣言しました。それ以降、国軍と人民防衛隊(PDF)の争いが激化しています。
現地では何が起きているのでしょうか。
現地の人が今、どんな思いで、どんな生活をしているのか、イベントに参加して知ってみませんか?
イベント当日は、ミャンマーの最大都市ヤンゴンに住む大学生のおふたりにゲストスピーカーとして、現地の生活の様子をお話してくださいます!
現地の声を直接聞いてみましょう
また、ゲストスピーカーのお話の後にグループに分かれてディスカッションも行います!同じ学生だからこそ打ち明けられる想いや考えを今後に繋いでいくことのできる貴重な機会です
今、ミャンマーの人はどのように日々を過ごしているのでしょうか。イベントを通じてミャンマーの状況を知り、そして私たちがミャンマーの人々のために何ができるのか、考えてみませんか?


映画棘2上映会 

2021年10月16日

10月16日(土)13:30開場 14:00開始
会場:都立多摩図書館・セミナールーム
協力金¥800
主催:関西生コン労働組合の弾圧を許さない東京の会
連絡TEL042-644-9914(多摩連帯ユニオン)


私学九条の会・東京 第48回憲法学習会「アジア・太平洋戦争の現実と日本人の歴史認識」

2021年10月21日

10月21日(木)18:30~20:30
会場:全国教育文化会館・7階大会議室(東京都千代田区二番町12-1)
参加費
講師:吉田裕(一橋大学名誉教授)
主催:私学九条の会・東京


第12回横田市民交流集会 映画と講演のつどい

2021年10月23日

10月23日(土)10:00~
会場:福生市民会館(東京都福生市福生2455)
参加費:無料
内容:第1部 映画の部10:00~12:00 「カメジロー不屈の生涯」/第2部 講演の部13:00~15:00 「台湾問題~侵略への深い反省の上に平和的解決の努力を求める~」
大西広(慶応大学経済学部教授)ビデオ参加/「台湾危機とは何か~米中戦争を許さない道がある~」半田滋(ジャーナリスト)
第3部 告発の部 15:00時~「許し難い危険な超低空飛行訓練の実態~横田からの発信 基地周辺住民からの切実な声」実行委員会からの訴え・行動提起 寉田一忠事務局長
主催:10・23横田基地もいらない!沖縄とともに声をあげよう市民交流集会実行委員会
連絡:080-8721-7177(岩田)
※会場の規定に従い実施します。場合によっては中止もあります。


朝霞自衛隊駐屯地から1Km内が対象に 重要土地利用規制法の問題点

2021年10月23日

10月23日(土)13:30~16:00
会場:朝霞市中央公民館 1階 集会室
参加費無料
講師:二橋元長
主催:あさか・九条の会
連絡TEL090-6787-0242(真下)


ビデオ学習会 第32回 731部隊員の証言「まぼろしの少年隊員の」の回顧録

2021年10月23日

10月23日(土)13:20開場 13:30~17:00
会場:港区立商工会館 2階研修室
資料代¥500
解説:近藤昭二
主催:NPO731部隊・細菌戦資料センター
連絡TEL03-3501-5565


第66回はたらく女性の中央集会in東京

2021年10月23日

分科会
10月23日(土)12:30受付 13:30~
会場:中野サンプラザ
全大会
10月24日(日)12:30受付 13:30~
会場:銀座ブロッサム
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加協力費:1日¥1000 2日韓¥2000
主催:第66回はたらく女性の中央集会実行委員会・東京実行委員会
連絡TEL03-5842-5611


第6回ねりま沖縄映画祭2021

2021年10月23日

10月23日(土)/10月30日(土)18:00~
会場:練馬区民・産業プラザ研修室1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月5日(金)/11月12日(金)13:30
会場:ゆめりあホール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月13日(土)11:00~
会場:武蔵大学江古田キャンパス2号館2202教室
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チケット@¥800/前売券予約¥1000/当日券¥1200
主催:ねりま沖縄映画祭実行委員会/練馬・文化の会


第5回『言っとくけど、俺の自由はヤツラにゃやらねえ!ロック・フェスティバル』~『イットク・フェス』2021

2021年10月24日

10月24日(日)11:00~20:00予定
場所:@国会議事堂周辺
主催:イットクフェス実行委員会
連絡:ツイッター @ittoku69 YOUTUBE https://goo.gl/XFGLgt


学校に自由と人権を!10・24集会 憲法を変えさせない!誰も戦場に送らせない!―「日の丸・君が代」強制反対!10・23通達撤回!―

2021年10月24日

10月24日(日)13:15開場 13:30開会
会場:全電通会館大ホール(通常定員420名)
当日資料代:¥500
講演:中野晃一(政治学者・上智大学教授)「戦後の誓いとしての日本国憲法―自由と人権のためにー」
ライブ「あなたに話しかけるのが希望」よしだよしこ(ヴォーカル・ギター)広瀬波子(サックス・アイリッシュホイッスル)
特別報告:東京「君が代」裁判五次訴訟原告団
主催 学校に自由と人権を!10・24集会実行委員会(10・23通達関連裁判訴訟団・元訴訟団/10団体)
連絡


南西諸島での大軍事演習に反対する!10・24集会&防衛省デモ

2021年10月24日

10月24日(日)13:15開場 13:30開始
会場:文京シビックセンター・4Fシルバーホール
資料代¥500
講師:纐纈厚
防衛省デモ
10月24日(日)18:00集合 18:30出発
場所:外濠公園(JR市ヶ谷駅下車)
主催:大軍拡と基地強化にNO!アクション2021&戦争・治安・改憲NO!総行動


2021大フォーラム いきてえ、いきてえ、いきてえわ

2021年10月31日

10月31日(日)13:00~16:00
会場:東京会場 (1)大田区産業プラザPIO 6階D会議室 (2)三鷹産業プラザ701会議室
兵庫会場・尼崎女性センタートレビエ ホール
群馬会場・群馬県社会福祉総合せんたー・大ホール
埼玉会場・浦和コミニティーセンター第6集会室
&ZOOM
参加費
主催:「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム実行委員会
連絡TEL070-4285-4431


JD憲法と障がい者2021

2021年11月6日

11月6日(土)13:00~16:00
ZOOMオンライン
参加費¥1500 学生・障害者¥1000
記念講演:田中優子
主催:NPO日本障害者協議会(JD)
連絡TEL03-5287-2346


11・7労働者集会―改憲・戦争阻止!1万人大行進

2021年11月7日

11月7日(日)12:00~15:00銀座・東京駅方面にデモ行進
場所: 東京・日比谷野外音楽堂
◉賛同金 個人1口500円 / 団体1口1000円(1口以上でお願いいたします)
◉振込先 郵便振替00140―5―605635 / 振込先加入者名 国鉄千葉動力車労働組合
◉事務局 千葉市中央区要町2―8DC会館 TEL043(222)7207 FAX043(224)7197

闘う労働組合の全国ネットワークをつくろう! 新自由主義を終わらせる労働運動の再生を!
国鉄分割・民営化型大攻撃―関西生コン支部弾圧粉砕! 改憲・戦争阻止! 菅政権を倒そう!
全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部/全国金属機械労働組合港合同/国鉄千葉動力車労働組合/国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動/改憲・戦争阻止!大行進

「闘う労働組合の全国ネットワークをつくろう」と呼びかけて始まった11月労働者集会は今年で24回目を迎えます。
コロナ禍は、新自由主義のグローバリズムによって全世界を覆いつくし、人類を生存の危機においつめています。医療崩壊、社会的格差の拡大、激増した非正規職労働者、貧困の連鎖、倒産と失業、自死に追い込まれていく女性の現実など、労働者・市民が人間として生きるためには新自由主義を打ち倒さなければならない時が来ました。国家主義と戦争の足音が不気味に高まっています。菅政権は、新型コロナ感染症が急拡大する中、国威発揚と巨額の利権のためだけに東京オリンピックを強行しました。まさに命より金の五輪です。
1987年、新自由主義者・中曽根首相による国鉄分割・民営化を突破口にして、日本に導入された新自由主義攻撃は、労働組合を破壊し、あらゆる公共サービス部門を民営化し、2千百万人の非正規労働者を生み出して社会を飲み込んでいきました。しかしそれは、自らが生み出した矛盾によって崩壊しようとしています。菅政権は〝より極端化された新自由主義〟に突き進むことしかできません。誰もが「こんなことはもう沢山だ!」と感じ、その怒りを行動に移そうとしています。世界中で闘いの炎が燃え上がり、歴史は動こうとしています。全世界の労働者が立ち上がる時がきました。私たちは労働運動を再生させ新自由主義を終わらせる闘いのために11・7労働者集会を呼びかけます。
本集会は、1998年、国鉄1047名解雇撤回闘争に下された反動判決を契機に、連帯労組関西地区生コン支部・全国金属機械労組港合同・動労千葉の3労組の呼びかけで始まりました。判決は「JRに解雇の法的責任なし」と断じたのです。「こんなことがまかり通ったら労働者の権利は地に落ちてしまう」という危機感が3つの労組を結びつけました。
それから20余年、私たちは再び歴史の岐路に立っています。関西地区生コン支部に対しては、ストライキや団体交渉など正当な労働組合活動を刑事弾圧の対象とし、89人もの組合員らを不当逮捕する大弾圧が加えられています。労働組合が禁止されていた時代に逆戻りしたかのような戦後最大の労組弾圧です。しかし関生支部は、武委員長にかけられた「求刑8年」という実刑を狙った驚くべき攻撃を粉砕し(一部無罪、懲役3年・執行猶予5年の反動判決)、反転攻勢に立ち上がっています。すべての労働者の権利と未来をかけてこの闘いに勝利しなければなりません。
一方、JRの職場では、首相官邸が主導して「労組なき社会」のモデルをつくろうとする激しい労組破壊攻撃が吹き荒れています。コロナ禍は民営化された鉄道経営を全面的に破たんさせました。JRはその危機をのりきるために現業機関すべてを外注化して労働者を転籍に駆り立て、大規模な廃線化を進めようとしています。動労千葉は、この攻撃に立ち向かい外注先企業の組織化にのり出しています。
「働き方改革」と称して、全産業で労働者の総非正規職化・解雇自由化・団結権破壊攻撃が進められています。新自由主義攻撃下の倒産攻撃に立ち向かって勝利し、企業の塀をこえて地域をひとつの労働組合に組織してきた港合同の経験と蓄積がいよいよそのその真価を発揮しようとしています。
先の国会では国民投票法改悪が強行され改憲への外堀が埋められようとしています。「台湾有事」を振りかざした日米共同声明に基づいて大軍拡が進められ、沖縄をはじめ全土で日米共同の大軍事演習が展開されようとしています。感染爆発下で、すべてを犠牲にし、嘘言で塗りかためてオリンピックを強行する菅政権の姿に多くの人びとが「日の丸」のもとでの戦意高揚、国家主義を感じて怒りの声をあげています。
新自由主義がもたらした貧困、雇用破壊、差別と抑圧、国家暴力に対し、全世界の労働者が燎原を焼き尽くす炎となって闘いに立ち上がっています。特に軍部のクーデターに立ち向かうミャンマー人民の命がけの闘い、100万組織を実現して前進する韓国・民主労総との連帯した闘いが求められています。11・7労働者集会はコロナ下の困難な状況の中にあっても、今年も東京―ソウル国際共同行動として開催する予定です。
あらためて訴えます。今ほど闘う労働組合が求められているときはありません。連帯と団結の力で労働運動を甦らせよう。新自由主義を終わらせよう。11・7日比谷野外音楽堂へ、ぜひとも多くの仲間たちの結集を訴えます。


研究所テオリア第10回シンポジウム 中国はどこに向かうか

2021年11月14日

11月14日(日)13:00開場 13:30開始
会場:文京シビックセンター 26階スカイホール&ZOOM
参加費¥1000(テオリア会員¥500)
講演:平川均『一帯一路」構想の行方~世界経済の中の中国』
主催:研究所テオリア
連絡TEL03-6273-7233


「神津陽未刊行論考集」出版記念会

2021年11月20日

11月20日(土)13:00~
会場:お茶の水連合会館 201号室
参加費
主催:「神津陽未刊行論考集」出版記念会実行委員会
★神津陽未刊行論考集 総目次
発刊に際して~恥ずかしながら古希過ぎて 神津陽
Ⅰ部 一般紙誌掲載評論など
一 評論
1 反権力の思想(「魔歌」4号1966年6月)
2  かくめい論の構成について(「魔歌」9号1970年3月)
3 政治思想の持続と転回(現代の眼1972年9月)
4 <くに>なんて関係ないよ(現代の眼1973年6月)
5 中央大学~運動の高地から生活の低地へ(現代の眼1974年7月)
6 谷川雁と大正闘争~反体系思想と実践の陥穽(現代の眼1975年1月)
7 雁の「死に体」を前にして(季刊音楽全書1977年第二巻第三号)
8 竹内好を対極に丸山真男を論ず(流動1977年6月)
9 マルクス異説ー西欧の呪縛と暗部(流動1979年6月)
10 <社会主義>信仰の悲劇 ポルポトの死(北海道新聞1998年6月28日)
11 宇和島・土佐沖ノ島国境紛争と土居六之進(よど第14号2013年)
二 書評・映画評など
1 『宣言一つ』を読む 有島武郎と社会主義(「魔歌」3号1966年4月)
2 富永太郎抄(「魔歌」7号1967年7月)
3 滝村隆一「ラスウェルと丸山政治学」(図書新聞1984年9月15日)
4 手塚治「アドロフに告ぐ」(図書新聞1986年4月12日)
5 戦後世代への名著案内(北海道新聞1997年4月~1998年9月掲載)
(谷川雁・竹内好・埴谷雄高・吉田満・丸山真男・廣松渉・平田清明・宇野弘蔵・
大塚久雄・羽仁五郎・江上波夫・土居健郎・森秀人・高橋和己・永山則夫・
M.ウエーバ―・レーニン・毛沢東・ケルゼン・ジェイムス)
6 論文学習の基本問題(「東京新聞」1998年3月4日に寄せて)
7  小野田襄二「革命的左翼という擬制」という擬制(神津陽塾2003年7月)
8 「心の語録」(東京新聞2005年6月27日夕刊)
9 四方田犬彦・小阪修平 勘違い「全共闘」本二種解題(2006年11月)
10 かくも無惨な青春!「実録・連合赤軍」映画評(情況2008年6月)*目次内容
三 インタビューによる提言など
1 戦後50年・全共闘白書に異議あり 対談:荒岱介(SENKI・1995年3月2回分)
2 駿台争議・勝利的和解報告(2000年2月報告)
3「夢の棲む場所」中大闘争30年風変りな同窓会報告(1998年9月12日)*目次
4 三上治への思想的弔辞「1970年代論を読んで」の応答より(神津陽塾2004年4月)*目次
5 高円寺「テル」閉店~一時代の終わり(月刊高円寺17号2006年11月)
6 若者世代に伝えたい全共闘経験 対談:小嵐九八郎(「図書新聞」2929号2008年)
7『関係のかくめい 恋愛編』をめぐる往復書簡⇔岡田寿彦(2012年5月)
8 元中大自治会書記長に聞く(「中大新聞」1265号・2017年12月27日)
Ⅱ部 政治組織解体・・・・社会革命の模索?
一 叛旗派解体をめぐって ―雑誌提言―
1 叛旗派解体・再生への提言(<解体>通信第1号1977年)
2 返信ふうの断章(月曜会誌1977年師走)
3 We  are  not  alone(月曜会誌1978年浅春)
4 転位への予兆(月曜会誌1978年小夏)
二 叛旗派<解体・再生>をめぐって―合宿での提言―
1 諸同志への回状(合宿レジュメ1976年11月)
2 「現状」打破のために(合宿レジュメ1976年11月)
3 <解体>委「解体」と今後の展望(合宿レジュメ1977年6月)
4 偶感=恣意と規準(合宿レジュメ1978年1月)
5 共同的課題についての<意見>と<提案>(1979年夏合宿レジュメ)
6 <現状>止揚への手掛かりⅠ・Ⅱ(1979年合宿レジュメ)
7  80年におけるシビアな課題(1980年2月合宿レジュメ)
8 現状についてー到達点あるいは解体%E


 第108回 VIDEO ACT! 上映会 ~『島がミサイル基地になるのか』完成記念上映会~

2021年11月25日

11月25日(木) 18:30開場 19:00開始 上映後、監督の湯本雅典さんを交えたトーク&ディスカッションを予定。
会場:東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)東京・飯田橋セントラルプラザ10階
東京・飯田橋セントラルプラザ10階
参加費¥500(介助者は無料/予約必須)
上映作品:『島がミサイル基地になるのか~若きハルサーたちの唄』(2021年/日本/60分)
石垣島では2019年3月から陸上自衛隊ミサイル基地の建設工事が始まっている。
これに対し島の中では様々な反対運動が起きた。その中の一つ、島の若者たちが始めた住民投票運動がある。
この取り組みは2018年、 わずか1か月間で石垣市の有権者の3分の1以上を集める成果をあげた。
しかし、 市議会は条例案を否決。
加えて石垣市には独自の自治基本条例で4分の1以上の請求で市長は所定の手続きを経て住民投票を実施しなければならないとされているにもかかわらず、 それも市は無視した。
若者たちは裁判で住民投票の実施を求めたが、1審、2審で却下、棄却。門前払いであった。
日本政府が琉球弧を軸に日米一体の軍事戦略を展開、強化している中、憲法破壊、地方自治破壊が日本の最西端の島ですすんでいる。
カメラは、その中であくまでも対話を求め、地方自治のあるべき姿を求める若者たちの生き方を追った。
主催:ビデオアクト上映プロジェクト
予約方法:参加希望の方は、上映会前日の11月24日(水)19時までに
下記へ「お名前」「参加人数」「連絡先」をお伝えください。
→Eメール:jyouei@videoact.jp
→電話:045-228-7996(ローポジション気付)


第23回朝鮮文化とふれあうつどい

2021年11月28日

11月28日(日)10:30~15:00
会場:府中公園(京王線「府中駅」北口8分)
開催主旨:在日朝鮮・韓国の人々への差別と迫害を許さず、人間としての良心を失わない
ために。
フリーマーケット(出店者募集中、素人限定100店)/模擬店/朝鮮料理のコーナー、テコンドーの演武、お楽しみ抽選会など/在日一世と家族の肖像写真展 @府中公園円形ステージ 入場無料
特別ライブ 13:00~14:00 @野外ステージ 入場無料/友情出演:POE(朴保ぱくぽー)、李政美(いぢょんみ)
※少雨決行(少雨決行の場合、一世写真展は隣の中央文化センターにて開催)※状況により縮小、変更される場合もあります
主催:チマ・チョゴリ友の会 後援:東京都・府中市
連絡:TEL/FAX03-3321-6677 090-3085-7557 担当:松野哲二