2024年高麗博物館企画展示 ハンセン病と朝鮮人ー壁をこえてー

2024年1月10日

1月10日(水)~6月30日(日)12:00~17:00
会場:高麗博物館
入館料:一般¥400 中高生¥200
主催:高麗博物館
連絡TEL03-5272-3510
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人民新聞 新WEBの案内!!

2024年1月17日

 人民新聞 (jimmin.com)


5・30防衛省行動

2024年5月30日

5月30日(木)18:30 防衛省前集合(四ツ谷駅、市ヶ谷駅)19:00 申し入れ
防衛省設置法等「改正:法案反対!創設するな!陸海空自衛隊統合司令部機能強化される在日米軍司令部と一体となった「琉球弧限定戦争」の実戦化を許さない!
呼びかけ:大軍拡と基地強化にNO!アクション2023
<呼びかけ団体&連絡先>有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会/北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03-3961-0212
立川自衛隊監視テント村 TEL・FAX 042-525-9036/パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会TEL 090-3509-8732 FAX 047-456-5780
武器取引反対ネットワーク(NAJAT)メール anti.arms.export@gmail.com  TEL 090-6185-4407(杉原)


朝鮮学校補助金の復活を求める都民集会~18421筆の都民の声は止まらない~

2024年5月30日

5月30日(木)18:00開場 18:30開演
会場:ペガサスホール(北とぴあ15階)
参加費¥500
主催:「都議会勉強会」実行委員会/東京都こども基本条例を学ぶ(地域連続学習会)
連絡TEL090-1814-8371(上村和子)


改憲条文案起草委員会設置を強行するな!5・30国会議員会館前集会

2024年5月30日

5月30日(木)12:00~13:00
場所:衆議院第2議員会館前(国会議事堂前駅、永田町駅)
内容:立憲野党の憲法審査会委員からの発言、傍聴者の発言、署名提出など
よびかけ:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会/9条改憲NO!全国市民アクション
当日は午前に衆院憲法審が予定されております。


第2回ちいさな映画会「生きるのに理由はいるの?」

2024年5月31日

5月31日(金)17:30~19:30
会場:東京都多摩障害者スポーツセンター第2集会室
入場無料
主催:社団法人人権ネット


第36回憲法フェスティバル 今こそ憲法 ~新しい戦前にしないために~

2024年6月1日

6月1日(土)開場 12:30 開演 13:00
会場:日暮里サニーホール(ホテルラングウッド 4F)
参加費:前売 1,800円 当日 2,300円 障がい者 1,000円(前売・当日とも。付添人1名まで無料)大学生以下無料
出演者:加藤 陽子/小室 等/柳澤 協二/猿田 佐世
主催:憲法フェスティバル実行委員会

一昨年の暮れ、タモリさんは来年がどんな年になるかという質問に対し、
「新しい戦前になるんじゃないですか」と発言しました。
この言葉が話題となったのは、多くの人が漠然と感じている不安を指摘したからだと思います。
昨年は、ロシア・ウクライナの戦争はいまだ終わりが見えず、
そして10月にはイスラエルによるガザ侵攻までもが始まりました。
国内でも唐突な防衛費倍増発言を当然の前提とするかのように、防衛予算増額、
トマホークなどの他国を攻撃できる兵器の装備、南西諸島への基地建設などが進んでいます。
国民の意識の中でも「台湾有事」等の言葉からか軍事化を否定しきれない空気感がでてきています。
民主主義の機能不全も、戦前回帰を止められないのではないかという不安の一つ。戦争をしない国を作るために、
日本国憲法は民主主義とその前提となる人権の保障を不可欠な出発点としていたはずです。国民の意見や議会を軽視した政策決定が繰り返されても十分に報道されず、
報道されても国民の側がそれを見なれた風景として受け入れてしまっていることはないでしょうか。民主主義の機能不全も重要な考えるべきだと思っています。
6月1日に会場でお待ちしています。今という時代を戦前としないために私たちに何ができるのか、
今ならば引き返すことはできるのか、ともに考えることのできる場となればと思います。


5・30リッダ闘争 52周年記念集会

2024年6月1日

6月1日(土)17:30開場 18:00開始
会場:文京区民センター 3・C室
資料代¥1000
講演:板垣雄三 /重信房子+足立正生 トーク
主催:オリオンの会
連絡TEL090-2745-5036(大越)


関東大震災虐殺犠牲者追悼学習会 追悼の営みをつなぐ

2024年6月1日

6月1日(土)13:30開場 13:50開会~16:00  開場13:30
会場:明治大学リバティタワー 12階 1123教室
資料代:800円 学生は無料
「追悼の営みをつなぐ」講師:加藤直樹/『九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響』著者
共催:9.1関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典実行委員会/歴史教育教育者協議会
構成団体:日朝協会東京都連合会・日中友好協会東京都連合会・亀戸事件追悼実行委員会
連絡先:TEL/FAX 03-3230-2282


調布「憲法ひろば」第201回例会 「中学教科書どう変わる?」

2024年6月1日

6月1日(土)13:30~15:30
会場:たづくり9階 「映像シアター」
参加費¥300
お話:石山久男
主催:調布「憲法ひろば」


横田行動映画会 琉球弧での軍拡に反対しよう

2024年6月1日

6月1日(土)13:15受付 13:30上映
会場:八王子市北野市民センター 7階 第1会議室
資料代¥800
(1)「One Shot One Kill」 (2)「沖縄琉球弧を第3の戦場にするな」
主催:横田行動実行委員会
連絡TEL042-592-3806(古荘)


大石芳野 講演会「チェルノブイリと福島」

2024年6月1日

6月1日(土)13:00~15:00
会場:パルシステム東京 新宿本部7F会議室(定員50名)
参加費¥500
オンライン(定員300名)
参加無料
主催:チェルノブイリ子ども基金


アリラン・ブックトーク Vol.9 『北に渡った言語学者:金壽卿 1918-2000』

2024年6月1日

6月1日(土)15:00~17:00
会場:文化センター・アリラン(新宿区大久保1丁目12−1 第2韓国広場ビル8階)&オンライン
参加費
ゲスト:板垣竜太
主催:特定非営利活動法人 文化センター・アリラン
連絡TEL:03-5272-5141


三多摩レイバー映画祭2024 at くにたちキノ・キュッヘ 【働く人が誇りを取り戻すために!】                       

2024年6月2日

6月2日(日)13:00~(開場12:30)
会場:キノ・キュッヘ:木乃久兵衛/186-0005 東京都国立市西2-11-32 B1
参加費:当日一般 2000円 前売り一般¥1700 学生・20歳以下¥1000
(予約限定40名様、全作品がご覧になれます。出入り自由)
三多摩レイバー映画祭2023プログラム
12:30  開場
13:00 「ピケをこえなかった男たち」ケン・ローチ監督作品1997年50分
トークゲスト:松原明(ビデオプレス・日本語版制作)
14:10 「私の好きな店」制作:津田修一 2023年20分
トークゲスト:津田修一(制作者)
14:50 「わたしは非正規公務員」制作:山岸薫 2023年20分
トークゲスト:山岸薫(制作者)
15:30 「マリアとサリー パワハラの正体」制作:鈴木敏明 2024年15分
トークゲスト:鈴木敏明(映像作家)
16:00 「日本人オザワ」KBS(韓国放送公社)制作
トークゲスト:尾澤孝司・尾澤邦子(出演者)
18:00終了
18:30. 懇親会¥2000(お料理1人1プレート&お酒、ソフトドリンク付き)
主催:キノ・キュッヘ
協力:ビデオプレス、レイバーネット日本
問合せ:キノ・キュッへ080 4110 2258(佐々木)
kenseisasaki74@gmail.com


沖縄戦を考える練馬の集い2024 沖縄戦の現場から声をあげる

2024年6月2日

6月2日(日) 17:45開場 18:00開演
会場:練馬区役所 地下多目的会議室
参加費¥700
講師:具志堅隆松
主催:沖縄戦を考える練馬の集い実行委員会
連絡TEL090-8311-6678(柏木)


立憲主義を取り戻す 第13回オール埼玉総行動

2024年6月2日

6月2日(日)10:00開会
場所:北浦和公園
ゲストスピーカー:清水雅彦
主催:「安保関連法」廃止!集団的自衛権行使容認「閣議決定」撤回を求めるオール埼玉総行動実行委員会
連絡TEL048-825-9898


革新むさしの学習会 「PFAS汚染の今」

2024年6月2日

6月2日(日)10:00~12:00
会場:武蔵野芸能劇場(小ホール)
資料代¥500
講師:諸永裕司
主催:みんなで革新むさしのをつくる会
連絡TEL090-7258-0809(梶)


辺野古新基地建設の強行を許さない! 防衛省抗議・申し入れ行動

2024年6月3日

6月3日(月)18:30~19:30
場所:防衛省前
主催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会/ https://qr.paps.jp/nsV8Y
連絡:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック/090-3910-4140/http://www.jca.apc.org/HHK/


辺野古新基地建設は中止を 普天間基地は無条件撤去 署名提出集会

2024年6月4日

6月4日(火)15:30~16:30
会場:衆議院第1議員会館 第2会議室
参加費
主催:安保破棄中央実行委員会
連絡TEL03-3264-4764


オール板橋 総会・学習会

2024年6月4日

6月4日(火)18:10開場 総会18:20~18:50 記念講演19+:00~20:30
会場:仲宿地域センターレクホール
参加費¥300
講師:与良正男「なぜ、日本の政治は変わらないのか」
主催:戦争反対!憲法改悪を許さないオール板橋
連絡TEL090-5752-6249(荒川)


連続セミナー:気候危機と鉱山開発ー望まぬ開発に抗う人びと 第1回:バッテリー材料生産現場で脅かされる暮らし~インドネシアからの訴え

2024年6月5日

6月5日(水)19:00~21:00
ZOOMオンライン
参加費無料、ご寄付歓迎
共催:国際環境NGO FoE Japan/アジア太平洋資料センター(PARC)

気候危機対策としてニッケルやリチウムなどのレアメタル、また銅などの需要が高まっています。
電気自動車や再生可能エネルギーの部品、バッテリー材料などの需要が伸びているためです。
これまでも、海外の鉱山開発の現場では生活環境の破壊や抗議の声をあげる住民への弾圧など人権侵害が報告されてきました。
様々な鉱物の需要が高まる中、鉱山の拡張や新規開発が相次ぎ、さらなる悪影響が懸念されています。
影響を受けているのは、気候危機の影響を真っ先に受けてきたグローバルサウスの人びとです。
本連続セミナーでは、脱炭素や公正なエネルギー移行の名の下で進む様々な鉱物の開発に抗う現場の人びとの声を聞きながら、私たちの生活と鉱物資源の問題について考えます。
ぜひご参加ください。
第1回:バッテリー材料生産現場で脅かされる暮らし~インドネシアからの訴え
「生活の糧であるコショウ畑が奪われれば、貧しい生活に逆戻りしてしまう」と訴えるのは、インドネシアの南スラウェシ州でニッケル採掘の拡大に反対する住民たち。
事業者による採掘の拡張計画に懸念の声が高まる中、軍や重武装した警察が抗議活動に派遣されたり、村内をパトロールしたりするなど、住民への人権侵害が報告されてきました。
この50年続くソロワコ・ニッケル採掘の開発現場では、住民が利用する水源の汚染や問題を指摘する先住民族の不当逮捕など、すでに深刻な人権侵害が起きてきました。
現在、気候変動対策の中でバッテリー材料の一つであるニッケル需要の大幅な伸びが見込まれているなか、さらに多くの住民に影響が拡大しようとしています。
事業者のヴァーレインドネシア社には住友金属鉱山が出資し、親会社のヴァーレ社には三井物産が出資しています。
ソロワコで採掘され、精錬所で生産されたニッケルマットは、1978年から全量が日本に輸出(※)されています。
その一部は需要が高まっているバッテリー材料にも利用されています。
日本の私たちの生活を支えているニッケルの開発現場で、一体何が起きてきたのでしょうか。
現地から住民の皆さん、また支援を続ける現地NGOスタッフに環境・社会・人権問題の実態を報告していただきます。ぜひご参加ください。
(※20%は住友金属鉱山の新居浜工場、80%はヴァーレジャパンの松阪工場に輸入。新居浜工場では現在、一部が電池材料にも利用される硫酸ニッケルの生産に使われている。
電池材料はトヨタ自動車の電池子会社・プライムアース EV エナジー社やパナソニック社を通じて電気自動車大手のテスラ社にも納入されている。)


PFAS汚染と都政を考えるつどい PartⅡ Change都政!PFAS対策を!

2024年6月7日

6月7日(金)18:00~20:00
会場:地域保健企画ビル6F
資料代¥500
主催:多摩地域の有機フッ素化合物汚染を明らかにする会
連絡TEL080-5379-2885(ねぎやま)


イスラエルはガザ虐殺をやめろ!6・7イスラエル大使館前行動

2024年6月7日

6月7日(金)18:30~19:30
場所:イスラエル大使館前
呼びかけ:パレスチナに平和を!緊急行動


ドキュメンタリー映画「原発をとめた裁判長」上映会

2024年6月7日

6月7日(金)13:40開場4:00~
会場:町田市民フォーラム・ホール
参加費:前売¥1000 当日¥1200
主催:原発事故を考える町田市民の会
連絡TEL070-5568-3311


2024 戦後79年アジアとともに 第18回パネル展&記念シンポジウム・ミニ講演会

2024年6月7日

6月7日(金)~9日(日) 10:00~18:00
会場:浦和コムナーレ9階展示コーナー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
記念シンポジウム「この声を私たちはどう受けとめるか」=クルド・ウイグル地区・スリランカのみなさん~
6月8日(土)18:00開場 18:15~20:30
会場:浦和コミュニティウセンター第15集会室
参加費¥800
コーデネター:野村路子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ミニ講演会「日中における草の根交流」
6月9日(日)14:00~16:00
会場:パネル展会場
参加費無料
講師:青木陽子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主催:戦後79年パネル展実行委員会


朝霞駐屯地・練馬駐屯地に対する これからの反基地の取り組みを考える 6・8討論集会

2024年6月8日

6月8日(土)18:30~ 開場18:15
会場:豊島区民センター403号室(「池袋駅」東口より徒歩7分/豊島区東池袋1-20-10)
資料代:500円
問題提起:統合司令部創設でどう変わる?朝霞・練馬の陸上自衛隊/池田五律(戦争に協力しない!させない!練馬アクション)
国民保護訓練と防災訓練を巡る自衛隊と東京都の動き/渥美昌純(米軍・自衛隊参加の東京都総合防災訓練に反対する実行委員会)
主催:有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
連絡:TEL03-3961-0212(北部労法)


沖縄戦首都圏の会講演会 『自分ごと』として沖縄を考える

2024年6月8日

6月8日(土)13:00開場 13:30開始 16:00終了予定
会場:法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠校舎 3階S307教室(千代田区富士見2-17-1)
資料代:500円 ※予約不要
講演:「沖縄の実像、戦争の記憶」安田浩一
共催:沖縄戦首都圏の会/法政大学沖縄文化研究所/沖縄平和ネットワーク首都圏の会
連絡TEL03-3264-2905

沖縄と東京、右と左。国と国……。政策も報道もそれぞれに温度差があり、ネット上では
応援団とアンチが激しいやりとりを繰り広げています。
沖縄がこの国の矛盾を長く抱えさせられていることが、あるべき姿ではないことは確かで
す。それが実はこの国の民主主義です。
どこか人ごと――だからこそ民主主義のありよう、私たちの国のありようを問うことです。
6月23日「沖縄慰霊の日」の前に、安田浩一さんの講演からご一緒に考えましょう。


NPO法人医療制度研究会 第116回講演会 「人権としての医療をどうまもるか」

2024年6月8日

6月8日(土)13:30~16:00
会場:東京「アイオス永田町」会議室
参加費無料
主催:NPO法人医療制度研究会


定例研究会2024 横田基地と米軍優位の日米地位協定・日米合同委員会

2024年6月8日

6月8日(土)14:00~16:00
会場:日野市生活・保健センター講座室
参加費¥500 申込制
講師:吉田敏浩
主催:NPO日野・市民自治研究書
連絡TEL042-589-2106


2024年高麗博物館 在日連続講座 「下心のレイシズム」に抗う

2024年6月8日

6月8日(土)14:00~16:00
会場:高麗博物館 &オンライン
参加費¥1000
講師:辛淑玉
主催:高麗博物館
連絡TEL03-5272-3510


講演会「ビルマ(ミャンマー)と日本~植民地支配の歴史から考える」

2024年6月9日

6月9日(日)13:15受付開始 13:45映像上映 14:00講演
会場:立川市柴崎学習館 第1視聴覚室/〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-15-8
資料代:700円
講演:「ビルマ(ミャンマー)と日本~植民地支配の歴史から考える」講師:田辺寿夫(ビルマ研究者・ジャーナリスト)
主催:ミャンマー問題を考える会
共催:市民のひろば・憲法の会
連絡:ミャンマー問題を考える会〒190-0013 東京都立川市富士見町2-12-10-504 テント村気付
TEL 090-5439-8909(大洞)FAX 042-525-3963 メール solea01@cb3.so-net.ne.jp


日米同盟粉砕、岸田政権打倒!全国集会&大行進

2024年6月9日

6月9日(日)13:00~
場所:東京・芝公園23号地集会広場
主催:「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会
連絡TEL080-6053-1751(本山)


第15期沖縄意見広告 報告集会

2024年6月9日

6月9日(日)13:00開演
会場:日本教育会館8階 第1会議室
会場費¥800
特別ゲスト:池澤夏樹
主催:第15期沖縄意見広告運動
連絡TEL03-6382-6537


人権侵害が横行する日本の入管行政を変える国際シンポジウム

2024年6月9日

6月9日(日)15:30~18:00
会場:東京都台東区生涯学習センター301研修室 &ZOOMオンライン
参加無料
講演:藤田早苗/デメリウス葉子/朴沙羅/指宿昭一
主催:入管の民族差別・人権侵害と闘う全国市民連合


杉田育男さんをしのぶ会と 「人間を取り戻せ! 大久保製壜闘争の記録」上映会

2024年6月9日

6月9日(日) 13:00開場 13:30~
会場:葛飾 青戸地区センターホール/ (東京都葛飾区青戸5-20-6 TEL03-3601-7441 )
参加費
主催:全国一般東京東部労働組合大久保製壜支部/全国一般東京東部労働組合 (〒124-0003 東京都葛飾区お花茶屋1-18-11 田邑(たむら)ビル5階
呼びかけ人:雨宮靖行(元東部全労協事務局長・東水労)/五百蔵洋一(弁護士)/今井明(カメラマン)/江木義昭(元墨田区議)/岡本哲文(コミュニティ・ユニオン首都圏ネットワーク・墨田労組連事務局長・
下町ユニオン副運営委員長)/奥脇敏幸(元連帯墨田)/笠井治(弁護士)/加瀬純二(下町ユニオン事務局長・江東労組連)/小谷野毅(全日本建設運輸連帯労働組合中央本部書記長)/清水洋(元国鉄労働組合千葉地本江東支部委員長)/東海林智(新聞記者)/鳥井一平(全統一労働組合特別執行委員)/中沢信吉(大久保闘争支援協・東京清掃)/平賀雄次郎(全国一般労働組合全国協議会中央執行委員長)/平野敏夫(ひまわり診療所医師)/藤本忠義(部落解放同盟墨田支部書記長)/松長源一郎(日本基督教団堀切教会)/松原明(ビデオプレス)/水谷研次(元墨田区労連)/山口文和(東部全労協事務局長)/山本裕子(下町ユニオン運営委員長)石川源嗣(元東部労組副委員長)/金沢新悦(大久保製壜支部委員長・東部全労協議長・東部労組副委員長)/岸本町雄(元東部全労協議長・東部労組前委員長)/菅野存(東部労組委員長)/
鈴木重春(大久保製壜支部書記長)/須田光照(東部労組書記長)/武田和治/長崎広(元大久保製壜支部副委員長・元東部労組副委員長)
連絡TEL03-3604-5983 e-mail:info@toburoso.org)

2024年2月15日杉田育男さん【写真 前列右から3人目】が亡くなられました。享年73歳でした。
障害者である杉田育男さんは、1975年のキリスト教会ろう城闘争から1994年までの19年間東部労組大久保製壜支部委員長として私たちの先頭にたって闘ってくださいました。
2008年に退職されるまでの37年間を三交替職場の労働者としてつとめあげました。37年間のうち21年9ヶ月が大きな労働争議であった大久保製壜闘争でした。
大久保製壜闘争は、職場、地域、全国の仲間に支えられ、ついに1997年争議全面勝利解決を実現し、障害者差別の撤廃など多くの労働条件の改善を勝ち取りました。
死はすべての人に訪れます。しかし、その人の生き方と死が、羽毛のようなろくでも無い軽いものであるか、
それとも残された者たちから心からその別れを惜しまれ、悼(いた)まれるものであるか。死んでなお労働者や民衆のうらみの的(まと)となり、
あれほど軽蔑される国の権力者さえいます。杉田育男さんの生き方は、かの者などとは比べようもない、
全国の虐げられた多くの障害者と労働者に勇気を与えた本当に価値のある生涯でした。世界の労働者階級から賞賛されてしかるべき人でした。
杉ちゃん杉ちゃんと職場、地域、全国の人々から愛された杉田育男さん、ご家族や組合員の哀しみはいかばかりかはかりしれません。
しかし、亡くなった人の価値を価値たらしめることができるのは唯一残された者たちの任務です。今、私たちは杉田育男さんをしのび、
その生き方に学び、杉田育男さんの志と闘いを少しでも引き継いで行きたいと決意しています。
以下のように、杉田育男さんをしのぶ会と「人間を取り戻せー大久保製壜闘争の記録」上映会を企画しました。
ぜひ杉田育男さんと親しかった多くの方に参加していただき、杉田さんの思い出を語って頂きたいと考えています。
また地域の多くの労働者や障害者、市民のみなさん、
大久保製壜闘争を知らない方々や職場に労働組合がなく苦労されている一般の皆さんに一人でも多く大久保製壜闘争や杉田育男さんを知って欲しいと心から願っています。
ぜひおいで下さい。


自衛官募集がねらうものは何か? 有田崇浩さん講演会

2024年6月10日

6月10日(月)18:30~ 開場18:15
会場:ココネリホール(西武池袋線・都営大江戸線「練馬駅」北口)
資料代:500円
講師:有田崇浩(日本平和委員会発行「平和新聞」編集長)
主催:「入隊したらさぁ大変!自衛隊 練馬パネル展」実行委員会
連絡TEL090-2737-5311(大柳) 090-5208-5803(池田)


改悪入管法の施行反対行動

2024年6月10日

6月10日(月)13:00~
場所:国会議事堂正門前
主催:がんばれないけどあきらめない連合


原発事故で自主避難した少年がローマ教皇に会い、そして今、21歳で伝えたいこと フクシマを思うシリーズ34

2024年6月11日

6月11日(火)19:00開演  受付18:15/開場18:30
会場:武蔵野公会堂パープルホール(吉祥寺駅 公園口 2分)
参加費:一般2000円/23歳以下無料 全席自由
講演 鴨下全生/朗読 金子あい/演奏 オーボエ古部賢一
主催:フクシマを思う実行委員会
予約・問い合わせ:090-2474-7911(鎌内)


オンライン学習会 福島イノベーション・コースト構想と経済安保― 「安保」の名のもと戦争体制へ

2024年6月11日

6月11日(火)19:00
オンライン
参加無料
講師:天笠啓祐(ジャーナリスト、市民バイオテクノロジー情報室代表、日本消費者連盟顧問)
主催:イノベーション・コースト構想を監視する会
お申込: https://forms.gle/daXb5i1KAREojXYQ8
福島県浜通りで進められている復興事業「イノベーション・コースト構想」。
ロボット・ドローン、水素、植物工場、ワクチン、放射線医療そして宇宙。これらハイテク産業は、私たちの暮らしに何をもたらすのでしょうか。
2022年公布された経済安全保障法の基本は、戦争のために必要な体制づくりであり、長年に渡って着々と進められてきたものです。
天笠さんは「軍事に加え、経済・エネルギー・食料を加えた総合的な安保体制の要は、国民を監視する体制の強化」であると指摘されます。(「経済安保が社会を壊す」地平社)
情勢から見た福島の状況を解説いただきます。


第6回イノベ監視会オンライン学習会 福島イノベーション・コースト構想と経済安保

2024年6月11日

6月11日(火)19:00~21:00
オンライン
参加費
講師:天笠啓祐
主催:イノベーション・コースト構想を監視する会


NPO化学兵器被害者支援 日中未来平和基金 2024年総会記念講演 「永遠の化学物質~PFAS汚染の実態」

2024年6月16日

6月16日(日)14:00~15:00
会場:連合会館 5階501号室 &ZOOMオンライン
参加無料
講師:青木克明
主催:NPO化学兵器被害者支援日中未来平和基金
連絡TEL03-3354-0098


6・16民事弾圧(間接強制・損賠攻撃)を許さない!全国集会

2024年6月16日

6月16日(日)13:00開場 13:30~16:00
会場:大崎第一区民集会所 第1集会室
参加費
主催:民事弾圧を許さない共同声明運動/争議団連絡会議/日韓民衆連帯委員会
連絡TEL03-5577-6705


講演会 安保法制施行後の自衛隊の変質を問う ―日米韓3か国共同演習とインド太平洋派遣訓練

2024年6月16日

6月16日(日)14:00~16:30(開場13:30) 
会場:国分寺市本多公民館・講座室(2階)定員35名
資料代600円 ※学生・生活困窮者は無料
お話:湯浅一郎(NPO法人ピースデポ前代表)
主催 アジェンダ・プロジェクト東京
TEL 090-4413-5048(にしお) メール:agenda-east03@rapid.ocn.ne.jp


司法の劣化を許さない 6・17最高裁共同行動

2024年6月17日

6月17日(月)10:30~最高裁要請行動 12:00~13:00ヒューマンチェーン
場所:最高裁判所前
14:30~17:30報告集会・シンポジウム
会場:衆議院第1議員会館講堂
呼びかけ:6・17最高裁共同行動実行委員会
連絡TEL03-3352-3663


総理は訪沖前に遺骨土砂使用断念を表明せよ 慰霊の日直前 6.18 政府(防衛省・内閣府)交渉

2024年6月18日

6 月18日(火) 14:00~16:00
会場:衆議院第1議員会館1階・多目的ホール(国会議事堂前駅、永田町駅)
協賛団体:あつまれ辺野古@関東/平和をつくり出す宗教者ネット/基地のない沖縄をめざす宗教者の集い/日本山妙法寺/首都圏反基地交流会/
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック/沖縄の戦いに連帯する関東の会/日本カトリック正義と平和協議会/
「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会/語やびら沖縄 もあい練馬/東京・地域ネットワーク
フォーラム平和・人権・環境/平和と民主主義をめざす全国交換会/憲法9条を壊すな!実行委員会/許すな!憲法改悪・市民連絡会
主催:沖縄戦遺骨収集ボランティア・ガマフヤー 代表 具志堅隆松
連絡先:具志堅 090-3796-3132  事務局:上田 090-2062-5695


2024年度日本社会文学会春季大会「移民・難民をめぐる想像力――受容と排除のはざまで」

2024年6月22日

6月22日(土)10:00~ 17:10総会
会場:東京大学駒場キャンパス 18号館ホール/〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1 &ZOOMオンライン
参加費
開会の辞:村上克尚(会場校・日本社会文学会運営委員長)
研究発表:杉本裕樹(法政大学院生)「昭和戦前期の娯楽文学におけるウクライナ表象――小栗虫太郎・久生十蘭を中心に」
三林優樹(早稲田大学院生)「もう一つの場所を夢見る――津島佑子「山を走る女」の交差性」
長嶋皓太(東京大学院生)「吉田知子『日本難民』試論――引揚げの記憶と物語化への抵抗」
特集講演:温又柔(おん・ゆうじゅう)さん(作家)「わたしの移民のうた――日本語圏の「新しい」台湾人として」
特集シンポジウム:大畑凜(日本学術振興会特別研究員PD)「移民・難民・流民――森崎和江の流民論とその時代、現在」
安志那(アン・ジナ)(沖縄国際大学)「記憶の再構築と「越境」文学」
ディスカッサント〔コメンテーター〕:高榮蘭(コウ・ヨンラン)(日本大学)
司会:橋本あゆみ・西岡宇行
閉会の辞:佐藤泉(日本社会文学会代表理事)
主催:日本社会文学会
連絡先:shakaibungaku@gmail.com


日消連主催・講演会「有害化学物質から子どもを守る」

2024年6月22日

6 月 22 日(土)13:30~16:00
会場:東京・連合会館 402 会議室 &オンライン併催 会場 70 名、オンライン 100 名(いずれも要予約)
参加費:1000 円(日消連会員は無料)
「プラスチックに含まれる添加剤や農薬などの環境ホルモンとは?」木村-黒田純ん(環境脳神経科学情報センター副代表)
「危険な化学物質から子どもを守る暮らし方」神聡子(小樽・子どもの環境を考える親の会代表)
「未来の世代のために今できること、すべきこと」木村-黒田純子さんと神聡子さんのトークセッション
主催:日本消費者連盟  https://nishoren.net/
連絡:電話:03-5155-4765(月・水・金)/FAX:03-5155-4767


東アジア反日武装戦線の50年を考える連続講座ー昔々の話なのか、これからのことなのかー

2024年6月22日

会場:日本キリスト教会館4F
参加費¥1000
11:30開場 14:00開演6:30終了
主催:東アジア反日武装戦線への死刑・重刑攻撃とたたかう支援連絡会議
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月22日(土)
鄭栄桓「在日朝鮮人による植民地主義批判と『反日』」
7月20日(土)
友常勉「30~70年代の武装闘争をとらえ返す」
9月21日(土)
上野千鶴子「国家権力・対抗暴力トジェンダー」
10月19日(土)
小杉亭子「否定的な集合的記憶の政治学
11月16日(土)
白井聡「『幻の本土決戦』と戦後日本」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2025年
1月18日(土)
大谷恭子「それでも彼らを死刑にしますか」
2月15日(土)
坂手洋二「『反日』をいかに表現するか」
3月15日(土)
太田昌国「『反日』と院jた―ナショナル」
4月19日(土)
平野良子「反日支援の50年」
5月・・全体集会


共同の家プアンのあらたなスタート講演会 女性の支援はどう変わる?

2024年6月23日

6月23日(日)10:00~12:30
会場:かながわ県民センター304会議室
参加費¥500
講師:戒能民江
主催:NPO共同の家プアン
連絡TEL045-800-1368


6・26 東京総行動  働くものの権利は譲らない!

2024年6月26日

6月26日 (水),8:45 ~ 17:20
場所:日本製鉄㈱ 本社, 日本、〒100-8071 東京都千代田区丸の内2丁目6-1 パークビルディング
主催 けんり総行動実行委員会
=集合場所・時間=
8:45 日本製鉄<東京駅>スタート集会 日本製鉄元徴用工裁判を支援する会
9:40 IPT・協成 <東京駅>首都圏なかまユニオン
10:30 サイネオス<日本橋駅>首都圏なかまユニオン
10:40 ホテルシャーウッド<鶯谷駅> 全統一労組ピードア分会
11:30 三井不動産<三越前駅>東京労組日本エタニットパイプ分会
11:50 ニチアス<八丁堀駅>全造船ニチアス退職者分会・アスベスト産業分会
14:00 トヨタ本社 <飯田橋駅>フィリピントヨタ労組を支援する会
15:30 日東電工<品川駅>韓国オプティカルハイテック労組
16:40 JAL本社<天王洲アイル駅>JAL不当解雇撤回争議団


今、表現の自由を問う 九条俳句事件から10年ー

2024年6月29日

6月29日(土)12:30開場 13:00~16:30
会場:埼玉大学教育学部C1 講義室
参加費¥800
記念講演:佐高信
主催:九条俳句訴訟を今につなぐ市民の会
連絡TEL090-2172-0824(武内)


川口真由美ライブ・しずおか

2024年6月30日

6月30日(日)13:30開場 14:00開演
会場:ミライエ・リアン
入場料¥2000
主催:静雄・沖縄を語る会
連絡TEL090-1788-9134(望月)


さよなら!志賀原発 全国集会in金沢

2024年6月30日

6月30日(日)12:00ブースオープン 13:00オープニング 14:00集会 15:30パレード
場所:いしかわ四高記念公園
主催:さよなら!志賀原発全国集会実行委員会
連絡TEL076-261-4657


若者憲法集会2024

2024年6月30日

6月30日(日)13:20 メイン企画/13:20 関連企画@都内各所/15:45 デモ行進@銀座(日比谷公園出発)(予定)
メイン企画:小森陽一さん講演会
会場:有楽町朝日ホール/〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11F
参加費無料
主催:若者憲法集会実行委員会
wakamonokenpou@gmail.com


6.30反弾圧・反警察集会

2024年6月30日

6月30日(日)13:00開場 13:30開始
会場:本町区民会館4F
主催:公安警察解体!反弾圧・反警察運動
連絡TEL03-3591-1301(救援連絡センター)


関西生コン事件・第5回検証シンポジウム「中労委は変質したのか?」

2024年7月3日

7月3日(水)18:30~20:30
会場:連合会館201号会議室
資料代 500円
内容 特別報告 竹村和也弁護士(日本労働弁護団事務局長・常任幹事)
パネル討論 海渡雄一弁護士(支援する会共同代表) 三輪晃義弁護士(関西生コン弁護団)
コーディネーター 北健一さん(ジャーナリスト)
主催 関西生コンを支援する会


東京都知事選挙2024

2024年7月7日

告示
6月20日(木)~
東京都知事選投票日
7月7日(日)7:00~20:00
期日前投票
6月19日(近)~7月4日(土)


差別・排外主義を許さない!7月講演集会 今 話したいこと―となりに住んでる世界のひと

2024年7月7日

7月7日(日) 14:00~
会場:品川区中小企業センター
資料代:500円
講師:金井真紀
主催:差別・排外主義に反対する連絡会
連絡:riteihyo@gmail.com
【交流会】終了後は同じ会場で交流会を予定しております。
参加費はお酒を飲む方は2,000円、ソフトドリンクだけの方は1,000円をご用意ください。
持込も大歓迎です。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。


第123回 VIDEO ACT!上映会~子どもたちの目から見た戦争~

2024年7月11日

7月11日(木)18:15開場 18:40開始
会場:東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)/〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
参加費:500円(介助者は無料/予約不要)   
上映作品:『ぼくたちは見た-ガザ・サムニ家の子どもたち-』(2011年/86分/監督:古居みずえ)
主催:ビデオアクト上映プロジェクト
連絡:jyouei@videoact.jp


2024年度 憲法リレー講座

2024年7月13日

第2回7月13日(土)「キーワードから読み解く強権国家・中国ー法治、人権、憲政、市民社会」
講師:石塚 迅
第3回9月14日(土)「逆分権化」の兆候と地方自治
講師:白藤博行
第4回11月9日(土)「日本国憲法は税・財政・経済をどう規律しているのか、軍事費増大の中で考える」
講師:永山茂樹
第5回2025年1月11日(土)「平和的生存権と人間の安全保障・平和への権利宣言」
講師:稲 正樹
第6回2025年3月8日(土)「ー東アジアにおける協調的安全保障体制を通じて」
講師:稲 正樹
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会場:ゆのした市民交流せんたー&ZOOMオンライン
資料代:各回一般¥1000 会員¥700
主催:NPO日野・市民自治研究所


2024年高麗博物館イベント「多文化共生への道を求めて-映画「ワタシタチハニンゲンダ!」上映とトーク」

2024年7月17日

7月17日(水)開場17:30 開演18:30 終演21:30
会場:新宿区立四谷区民ホール/〒160-8581 東京都新宿区内藤町87番地
チケット:前売1500円/当日1700円 30歳未満1000円/中学生以下無料(全席自由
トーク:安田浩一
主催:高麗博物館 後援:新宿区


【これ、本当に「食べもの」ですか?】刊行記念講演会

2024年7月18日

7月18日(木)13:30~16:30
会場:東京ボランティアセンター会議室B/〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1 飯田橋セントラルプラザ10/ &ZOOMオンライン
参加費¥500(現地参加及びZoomとも)
講師:天笠啓祐(ジャーナリスト)
主催:people21 https://people21lshe.wixsite.com/people
連絡先:神野玲子 携帯090-2669-0413


第19回キャンドル行動 2024平和の灯りを!ヤスクニの闇へ

2024年8月3日

8月3日(土)13:00開場 13:30~18:30
会場:全水道会館 大会議室(〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-1)&ZOOMオンライン
参加費:1000円
シンポジウム「あなたは祖国のために戦えますか?~自衛隊と殉国・ヤスクニ思想のいま~」(仮)
(パネリスト)(1)高橋哲哉(東京大学名誉教授)/(2)清水早子(沖縄・「ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会」共同代表)/
(3)朴錫珍(パク・ソクチン)(韓国・「開かれた軍隊のための市民連帯」常任活動家兼代表)/(4)(台湾のパネリストについては現在依頼中)
主催:2024平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動 実行委員会
連絡:〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-41-7 FAX:03-3711-7959 E-mail: peacecandle2006@yahoo.co.jp
主催:平和の灯りを!ヤスクニの闇へキャンドル行動実行委員会


平和をねがう中央区民の戦争展

2024年8月10日

8月10日(土)12:00~20:00 8月11日(日)10:00~16:00
会場:月島社会教育会館ホール(月島区民センター4階)
入場無料
講演Ⅰ:10日13:30~、「市民が声を上げれば政治は変えられる―安倍政権以降の闘いに即して―」講師=菱山南帆子さん(市民運動家)
講演Ⅱ:11日13:30~、「イスラエル軍元兵士が語る非戦論」講師=ダニー・ネフセタイさん
上映:10日16:00~、「サダコと折り鶴」/18:00~、「証言3部作 侵略戦争・中国人強制連行・20世紀からの遺言」
   11日10:30~、「南京!南京!」(133分)
主催:平和をねがう中央区民の戦争展実行委員会
連絡TEL090-4077-2282福田 mail:pcdepot091602@ozzio.jp


この悲劇 繰り返しはせぬ 関東大震災 1923~101年 虐殺された犠牲者 朝鮮の人、中国の人、日本の社会運動家と追悼します

2024年9月1日

9月1日(日)11:00~
場所:都立横網町公園 墨田区横網2-3-25/両国駅近く
主催:9.1関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典実行委員会


パープルリボン・コンサート~作曲コンクール《第2回パープルリボン作曲賞》公募スタート記念

2024年11月18日

11月18日(月) 18:20~20:20
会場:ソフィアザールサロン・バロック/東京都中野区大和町1-29-12 /定員54名
参加費:予約1500円(当日:1700円)
主催・パープルリボン作曲賞事務局(メンタルサービスセンター内)〒176-8799 練馬郵便局留
連絡Tel03-5926-5302、070-5016-1871