2019年高麗博物館展示企画 発見!韓国ドラマ・映画の中の「日本」

2019年7月10日

7月10日(水)~12月1日(日)12:00~17:00
会場:高麗博物館
入場料:一般¥400 中高生¥200
連絡TEL03-5272-3510


ハンセン病と人権 儀間比呂志 絵本ツルとタケシ原画展

2019年8月17日

8月17日(土)~11月30日(土)9:30~17:30
会場:東京都人権プラザ1階 企画展示室
主催:東京都人権プラザ
連絡TEL03-6722-0123


国立ハンセン病資料館 2019年度秋季企画展『望郷の丘』

2019年9月28日

9月28日(土)~12月27日(金)9:30~16:30
会場:国立ハンセン病資料館2階企画展示室(東村山市青葉町4-1-23)
入館無料
主催:国立ハンセン病資料館
連絡TEL042-396-2909


四國五郎展

2019年10月1日

10月1日(火)~12月27日(金)9:30~17:30
会場:平和祈念展示資料館(新宿住友ビル33階)
入場無料
主催:平和祈念展示資料館
連絡TEL03-5323-8709


教育と憲法 私たちの未来 前川喜平氏講演会

2019年10月18日

10月18日(金)18:30~
会場:東京芸術センター21階「天空劇場」
参加無料
主催:千住九条の会/東京民医連東部東葛ブロック
連絡TEL090-6953-7144(中田)


保守・革新を越えて選挙で政治を変える立川市長選の闘いに学ぶ

2019年10月18日

10月18日(金)18:30~20:10
会場:清水地域センター第2洋室
参加費¥300
主催:みんなで作ろう みんなの板橋


野村浩也 「無意識の植民地主義を、語る」出版記念トーク

2019年10月18日

10月18日(金)19:00~21:00
会場:東京琉球館
参加費¥1800(1ドリンク付き) 要予約
(ゲスト)松永勝利(琉球新報 読者事業特任局長)
主催:東京琉球館
連絡TEL03-5974-1333


全労ユナイテッド闘争団・東部労組メトロコマース支部 10.18上野デモ

2019年10月18日

10月18日(金)18:30集合 19:0■デモ出発
場所:御徒町公園(台東区台東4-13-3、多慶屋の裏)
※ デモ解散は、上野公園内の水上音楽堂付近です。※ 労働組合の方々はできるだけ組合旗をご持参ください。
主催:全労ユナイテッド闘争団・東部労組メトロコマース支部
連絡:全国一般・全労働者組合(03-3234-1816)/全国一般東京東部労組(03-3604-5983)


「日本の毒ガス戦と遺棄毒ガス」展

2019年10月18日

10月18日(金)12:00~19:00 19日(土)10:00~19:00 20日(日)10:00~19:00
会場:アミダステーション
講演会
10月19日(土)14:00~16:00
会場:アミダステーション2階
参加無料
(お話)南典男「遺棄毒ガス弾の被害者支援について」
主催:毒ガス展実行委員会
連絡TEL080-4407-9554(五井信治)


沖縄から、あのYouTuberがやって来る!基地の話を聞いてみよう!

2019年10月19日

10月19日(土)18:00~20:30 音楽Liveあり
会場:国分寺労政会館第5会議室
参加費¥500
Takayama Yuzo(うちなーありんくりんTV)
主催:知りたい、伝えたい、沖縄の基地のことin三多摩


茅ヶ崎市民集会&ピースウオーク

2019年10月19日

10月19日(土)12:50
場所:茅ヶ崎中央公園
主催:市民集会実行委員会
連絡TEL090-9969-9522(丸山)


研究所テオリア第8回総会記念シンポジウム 《生きずらさ》を強いる社会のこえ方

2019年10月19日

10月19日(土)13:10開場13:30~16:30
会場:日本教育会館7階707
参加費:一般¥1000 会員¥500
雨宮処凛/高端正幸
主催:研究所テオリア
連絡TEL03-6273-7233


第5回沖縄の闘いに連帯するつどい

2019年10月19日

10月19日(土)18:10開場 18:30開会
会場:浦和コミュニティセンター 多目的ホール
参加費:一般¥1000 大学生・高校生¥500
(講演)前泊博盛(沖縄国際大学教授)「米軍基地と日米地位協定」
主催:沖縄の闘いに連帯する関東の会
連絡TEL048-296-5408


#AbeOut1019

2019年10月19日

10月19日(土)14:00集合 14:15出発 小雨決行
場所:新宿中央公園 水の広場
主催:怒りの可視化


「どうする?日本の水道」映画上映&「どうする?東京の水道」トーク会

2019年10月19日

10月19日(土)13:00開場 13:30~17:30
会場:高円寺Grain
参加費;一般¥1000 学生¥500
(トーク)内田聖子/西園寺みきこ/他
主催:ソシアルシネマクラブすぎなみ
連絡TEL03-6383-0440


第51回NO WAR!八王子アクション

2019年10月19日

10月19日(土)10:30~
場所:八王子駅 北口
主催:戦争させない八王子市民集会実行委員会
連絡TEL042-623-8046


無給医問題シンポジウム~医師・歯科医師の働き方を考える~

2019年10月19日

10⽉19⽇(⼟)14:00~17:00
会場:駿河台記念館610号室
参加費無料
(シンポジスト)松丸 正 (過労死弁護団全国連絡会議 代表幹事)/植⼭直⼈ (全国医師ユニオン 代表)/宮沢裕夫 (前松本⻭科⼤学教授 ⻭科医師)/匿名 (無給医)/匿名 (医学⽣)
主催運営 ドクターズ・デモンストレーション
連絡:全国医師ユニオン事務局  電話 03-5825-6138   mail info@union.or.jp
(呼びかけ⼈)伊藤真美(花の⾕クリニック)/植⼭直⼈(全国医師ユニオン)/宇佐美宏(保団連⻭科代表)/住江憲勇(保団連会⻑)/本⽥ 宏(医療制度研究会副理事⻑)/増⽥剛(全⽇本⺠医連副会⻑)


~武藤類子さんをお招きして~東電刑事裁判不当判決に抗して

2019年10月19日

10月19日(土)17:30開場 18:00~20:00
会場:練馬区役所アトリウム地下多目的室
資料代¥500
主催:被・原発にない未来を子どもたちに@練馬
連絡TEL03-6760-9710(大島)


2019年度VAWW RAC総会シンポジウム 性売買経験女性とともにⅡ

2019年10月19日

10月19日(土)13:00開場 13:30~
会場:在日本韓国YMCA 9階国際ホール
参加費¥1000
(来日基調報告)シンパク・ジニョン「テグにおける脱性売買支援活動」
主催:「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション(VAWW RAC)
連絡TEL03-3818-5903


朝鮮史研究会第56回大会 <統一テーマ>三・一運動から朝鮮近現代史を問う

2019年10月19日

10月19日(土)~20日(日) 19日 13:00受付 20日9:30受付
会場:中央大学多摩キャンパス 3号館文学部総合棟1階 3114教室
参加費:一般¥1500 学生¥1000
主催:朝鮮史研究会
連絡


二つ三つのイーハトーブ物語第二部 夜戦之月テント芝居公演「木偶ウーボの振り子」

2019年10月19日

10月19日(土)~22日(火・休)17:30開場 18:00開演 (21日18:30開場 19:00開演)
場所:矢川上公園(国立市富士見台 JR矢川駅下車)
チケット:予約¥3000 当日¥3500 障害者・大学生¥2000 中高生¥1500
主催:野戦之月
連絡TEL090-8048-1548


日本「現代史」講座 黄昏ニッポンどこへ行くー日本の「戦後」責任を透視するー

2019年10月19日

第1講 10月19日(土)
第2講 11月16日(土)
第3講 12月7日
第4講 2020年1月18日(土)
第5講 2020年2月29日(土)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
14;00開場 14:30開始
会場:スペースナナ(横浜市青葉区・・)
受講料:1回¥1000
(講師)八柏龍紀(歴史家)
主催:放課後バンド
連絡TEL090-7638-5093


学校に自由と人権を!10・20集会 憲法を変えさせない! 誰も戦場に送らせない! ~「日の丸・君が代」強制反対!10・23通達撤回~

2019年10月20日

10月20日(日)13:00~
会場:日比谷図書文化館地下大ホール
資料代¥500
(講演)望月衣塑子(東京新聞記者)「民主主義とは何か?安倍政権とメディア」/ライブ&トーク:浪花の歌う巨人・パギやん(趙博)/特別報告:関誠(アイム‘89元委員長、執行委員)
主催: 学校に自由と人権を!10・20集会実行委員会(10・23通達関連裁判訴訟団・元訴訟団 /13団体)
連絡TEL090-5327-8318(近藤)


第34回 PEACE FESTIVAL’19

2019年10月20日

10月20日(日)10:00~15:30
場所:三笠公園
入場無料
主催:ピースフェスティバル2019実行委員会
連絡TEL046-841-0346(全造船浦賀分会内)


フツーに生きさせろパレード

2019年10月20日

10月20日(日)16:00集会 17:00パレード
場所:大和駅横浜銀行前(北口)
主催:虹色@ピースフレンド


認知症など、高齢者福祉を考える 人は誰でも当たり前に生きる権利がある!

2019年10月20日

10月20日(日)13:00開場 13:30開始
会場:国分寺労政会館 和室
参加費¥300
(お話し)橋本健(日本看護協会認知症看護認定看護師)
主催:国立武蔵病院(精神)強制・隔離入院施設問題を考える会
連絡TEL042-348-1127(精神障害者の自立を考える会)


江東市民連合2周年の集い

2019年10月20日

10月20日(日)13:00開場 13:30開会
会場:亀戸文化センター(カメリアプラザ)第1・第2研修室
資料代¥500
(記念講演)奈須りえ(太田区議会議員)
主催:市民と政治をつなぐ江東市民連合
連絡TEL090-6034-0265(岡田)


第172回 落合中井九条のつどい

2019年10月20日

10月20日(日)14:00~16:00
会場:落合第一地域センター 3階第一集会室AB
参加費
(お話し)有原誠治「ブラジルに生きるヒバクシャ 日本・ブラジルそして世界各国へ」
主催:落合・中井九条の会
連絡TEL・・-3951-0573(木村隆)


中国問題講演会「建国70周年―中国は何をめざそうとしているのか、これからの 日中関係はどうあるべきか」

2019年10月20日

10月20日(日)13:00開場 13:30~16:30
会場:常盤平市民センター1階ホール 電話047-387-2529(松戸市常盤平3丁目30 新京成線常盤平駅南口より徒歩10分)
資料代¥500円 ※会場は定員150人ですが、とくに事前申し込みの必要はありません。
(講師)山本恒人(大阪経済大学名誉教授)
主催:日本中国友好協会東葛飾支部
連絡:090-4077-2282福田
中国は今年10月、「中華人民共和国」として建国70周年を迎えます。文化大革命の混乱を乗り越え、改革開放政策を機に急激な経済成長を遂げ、今やアメリカと肩を並べる「大国 」と称されるようになりましたが、他方、大国に上り詰めてきた故か、今、アメリカから激しい経済制裁を受けて「米中貿易戦争」とまで言われております。その他、「逃亡犯条 例」改正を巡る香港市民の抗議デモ、少数民族への対応、「一帯一路」政策への不安など、習近平政権が国内外に抱える問題は少なくありません。今回、中国経済に詳しい大阪経 済大学名誉教授の山本恒人さんを松戸に迎え、「中国の現状と今後」などにつき縦横・率 直にお話していただきます。日本と中国の「上手な付き合い方」を参加者とともに考えた いと思います。


アジアはともだち命どぅ宝 団結まつり

2019年10月20日

前夜祭
10月19日(土)19:00~20:30
会場:大田区入新井集会室(LUZ大森4階)
団結まつり
10月20日(日)11:00~15:00
会場:江東区亀戸中央公園A地区(時計台側)
(ゲスト)ユ・ミヒ(韓国 対案文化連帯)/金城実(沖縄 木彫りの慰安婦像完成 元夜間中学教員)
模擬店・ステージ企画・ひろば企画などあります。
STOP!韓国への経済制裁  辺野古埋め立て 消費税ゼロ・軍事費大幅削減! 大企業・富裕層から税金を取れ! 生涯安心・安全な暮らしを!
安倍政権は、徴用工問題への報復として、韓国への輸出規制(経済制裁)を強行しました。過去の朝鮮植民地支配をなんら反省せず、個人の請求権を阻むために韓国への排外主義をあおり、改憲への道を進めようとしています。また、雇用を破壊し、「氷河期世代対策」と称する「不安定雇用」拡大と「生活保護」削減など社会権解体も進めています。
沖縄・辺野古新基地建設反対の島ぐるみの闘いは、「軟弱地盤」問題をはじめ「基地建設は不可能」という展望を確実に切り拓いています。「個人の尊厳」や「表現の自由」を脅かすヘイトスピーチに対する当事者の追及や日韓市民の連帯した闘いの裾野は広がっています。また、いまだに収束していない福島原発事故後の避難者棄民政策に対する被災者の闘いや反原発の闘いは再稼働推進の安倍政権に大きく立ちはだかっています。
今年の団結まつりは、日韓連帯の力で、アジアの平和と沖縄・辺野古新基地建設を止め、安倍政権の改憲策動を断ち切り、憲法・人間の尊厳を守るまつりです。
主催:団結まつり実行委員会
連絡TEL・FAX 03-3267-0156(まつり事務局)  http://www.facebook.com/danketumaturi


伊達判決60周年記念 反骨精神の脈流 真の事件を問う

2019年10月20日

10月20日(日)12:30受付 13:00~16:30
会場:砂川学習講堂
資料代¥500
主催:砂川平和ひろば
連絡TEL042-536-3167


いのちをつなぐ海をつなぐ2019

2019年10月20日

10月20日(日)13:30開場 14:00開始
会場:早稲田奉仕園スコットホールギャラリー
料金:一般¥1000 学生¥500
主催:つばぐプロジェクト実行委員会
連絡E-mail teamzeronet@gmail.com


ゲノム編集、どこに危険が潜んでいるか

2019年10月21日

10月21日(月)17:30開場 18:00~21:00
会場:スペースたんぽぽ
参加費¥800
(講師)河田昌東
主催:たんぽぽ舎
連絡TEL03-338-9035


天皇制廃止に向けた10・21集会

2019年10月21日

10月21日(月)13:30~16:30
会場:南大塚地域文化創造館第1会議室
資料代¥500
吉田宗弘「今なぜ天皇制廃止をいうのか」/三木ひかる「日本人民にとってのアイヌ民族遺骨問題」/天野恵一「天皇制とオリンピック歴史と現在」
主催:労働者共闘・労働運動活動者評議会
連絡TEL03-3446-9058


天皇代替わり問題連続集会

2019年10月21日

●記者会見
10月21日(月)16:00~
会場:日本キリスト教会館 2階フリースペース
「政教分離違反の天皇即位儀式に抗議する記者会見」
●Part6
11月11日(月)18:30~
会場:御茶ノ水クリスチャンセンター8階
横田耕一「天皇代替わりにみる天皇教の残存」
共催:政教分離の侵害を監視する全国会議
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加費:各¥500
主催:NCC靖国神社問題委員会
連絡tel03-6302-1919


10.22天皇即位式反対デモ

2019年10月22日

10月22日(火・休)13:15開場 15:00デモ出発
会場:ニュー新橋ビル地下ニュー新橋ホール
参加費
主催:終りにしよう天皇制!「代替わり」反対ネットワーク(おわてんねっと)
連絡TEL090-3438-0263


日米地位協定の抜本改定を 学習交流集会

2019年10月22日

10月22日(火・祝)13:00~16:30
会場:平和と労働センター・全労連会館
参加費無料
(講演)布施祐仁(ジャーナリスト)
主催:安保破棄中央実行委員会/全国革新懇/憲法共同センター
連絡TEL03-3264-4764


記録映画「寿ドヤ街 生きる2」

2019年10月22日

10月22日(火・祝)(1)11:30 (2)14:30
会場:かながわ労働プラザ(3階多目的ホール)
入場料:前売¥1000 当日¥1300 障がい者¥1000 介助者1名無料
主催:横浜キネマ倶楽部
連絡TEL080-8118-8502


<天皇制を考える市民連続講座・第3回>「マスコミの天皇報道を考える!!」

2019年10月22日

10月22日(火・休)13:30~ 集会後デモ
会場:静岡産業経済会館・第1会議室
資料代¥500
(講師)中嶋啓明(ジャーナリスト)
主催:代替わりを考える市民連絡会議/天皇制を考える会・静岡
連絡TEL080-6912-3623(山河)


第1回 西暦併用を求める講演会

2019年10月22日

10月22日(火)18:00開場 18:30~21:00
会場:文京区民センター 2A会議室
参加費¥500
(第1講演)澤藤統一郎(弁護士)「安倍商店大売り出しの『新元号』は欠陥商品である」/田中宏(一橋大学名誉教授)「2600-660=1940年から考える」
主催:西暦併用を求める会
連絡TEL090-8808-5000(藤田高景)


憲法を考える映画の会 特別講演会 大嘗祭の日に、天皇制を 考える 「現代天皇制による『心の支配』」

2019年10月22日

10月22日(火)13:30~16:30
会場:文京区民センター 3A会議室
参加費:一¥般1000 学生・若者¥500
TVドキュメンタリー 『遅すぎた聖断』(琉球放送1988年制作・40分)/お話 「現代天皇制による『心の支配』」山田朗(歴史教育者協議会・明治大学教授)
主催:憲法を考える映画の会


天皇即位を祝わない つどい

2019年10月22日

10月22日(火)18:00開場 18:30~21:30
会場:東京琉球館
参加費¥1500 要予約
主催:東京琉球館
連絡TEL03-5974-1333


10.22都心デモ 天皇祝賀パレード直撃!

2019年10月22日

10月22日(火・休)11:30集合 12:00デモ出発
場所:新橋・桜田公園
呼びかけ:全日本学生自治会総連合(高原恭平委員長)/全国労働組合交流センター


2019年度日消連の連続講座 種子はだれのもの?-市民として考える

2019年10月22日

10月22日(火・休)13:30~16:00
第1回「有機米の種子生産と地域に広がる循環型有機農業」
会場:品川区立総合区民会館きゅりあん 6階中会議室(定員40人)
(講師)稲葉光國(NPO法人民間稲作研究所代表、栃木県有機農家)
栃木県上三川町で循環型有機農業を営む稲葉光國さんは、農薬・化学肥料を使用しない低コストで省力的な米-麦-大豆の有機輪作技術を開発し、有機JAS認証の取得できる主要農作物の栽培法を確立し、国内外に普及してきました。2006年に有機米種子の採種ほ場として県の指定を受けた種子栽培の現場から、種子法廃止の影響と栃木県の種子条例の問題点、「種子の会とちぎ」が提案した条例案を紹介し、農業を取り巻く危機的状況とその打開策についてお話しいただきます。
11月16日(土)13:30~16:00
第2回「種子法の廃止と遺伝子組み換え・ゲノム編集について考える」
会場:品川区立総合区民会館きゅりあん 4階第1特別講習室(定員51人)
(講師:)天笠啓祐(科学ジャーナリスト、日消連共同代表)
種子法は「遺伝子組み換え作物」の栽培にストップをかけてきたと言われています。1昨年、種子法廃止とともに、「農業競争力強化支援法」が制定され、自治体などが持っている種子に関する知見を、遺伝子組み換えを進める外国企業も含めて、民間事業者に提供することが決められました。種子法廃止と米や麦など主要作物の遺伝子組み換えやゲノム編集開発の現状と問題点を探ります。
12月7日(土)13:30~16:00
第3回「種子は民のもの―グローバリズムの中で考える」
会場:品川区立総合区民会館きゅりあん 4階第1特別講習室(定員51人)
(講師)林重孝(日本有機農業研究会種苗部長、千葉県有機農家)/大野和興(農業ジャーナリスト、日消連共同代表)
「種子を制する者は食料を制する」-TPPや日米貿易協定などが進む中で、タネの問題は一国内だけでは論じられなくなっています。タネもまた、長い年月の中でグローバルに広がってきた歴史があります。種子はいったい誰のものか?有機野菜等の種の自家採取や交換会にも取り組んできた林重孝さんと、種との関係性はどう取り戻すことができるのかを、対談の中から考えていきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加費: 一般¥1,000(各回) 日消連会員¥800(各回)※事前の参加申し込みをお願いします。
主催:特定非営利活動法人 日本消費者連盟
連絡:日本消費者連盟  電話:03-5155-4765/FAX:03-5155-4767 電子メール:office.j(アット)nishoren.org  ※(アット)を@に変えてお送りください


大西暢夫写真展「ひとりひとりの人ー精神科病棟取材17年の記録」/【同時開催】ドキュメンタリー映画『オキナワへいこう』上映会&監督トーク

2019年10月23日

10月23日(水)~27(日)12:00~19:00(最終日は18時まで)
会場:早稲田スコットホールギャラリー(東京メトロ早稲田駅徒歩5分)
参加費:入場無料、申込不要
主催:公益財団法人早稲田奉仕園(新宿区西早稲田2-3-1)
連絡tei:03-3205-5403


これぞ、99%のための経済政策 第6回 公正・公平な税制とは?

2019年10月24日

10月24日(木)14:30入館証配布 15:00~17:30
会場:衆議院第一議員会館 1階多目的ホール
資料代¥500
(講師)岡田俊明
主催:99%のための経済政策フォーラム
連絡E-mail ren99forum@yahoo.co.jp


アジア連帯講座:イギリスは今 ブレグジット(EU離脱)をめぐる労働組合運動の状況

2019年10月25日

10月25日(金)18:30~
会場:文京区民センター3C会議室(都営地下鉄三田線春日駅下車)
資料代¥500
(講師)浅見和彦(専修大学)
イギリスの経済危機などを背景に2015年5月の総選挙で保守党は、英国の「ブレグジット」(欧州連合離脱)の是非を問う国民投票の実施を公約し、16年6月に国民投票を行いました。結果は、離脱賛成が過半数でした。ところが保守党のメイ首相は、EU離脱協定案を議会に提出したが、否決。「ブレグジット」をめぐって混迷を深めていくことになります。メイ首相辞任後、7月に保守党党首となったボリス・ジョンソンは、「EUとの合意があってもなくても10月31日の期限までに必ず離脱する」と公言しています。労働党は、第二回国民投票案が提出されれば支持すると表明していますが、内部的にはスタンスのとり方の違いがあるようです。
このような流れの中で左派系・労働組合はどういう態度なのだろうか。「レフト・ユニティー(左翼統一)」(映画監督のケン・ローチなどが呼びかけ、2013年11月に結成)は、「今回の国民投票は、反移民感情に突き動かされ、レイシズムが焚きつけた極右からの圧力がもたらしたものだ。これは英国の政治史の中で最も反動的な全国運動であり、極右の公然たる登場に結果してしまった」と批判。また、左派系も「レイシズム、外国人排撃、英民族主義の右翼の構想」と批判してきたが、諸傾向と温度差があり一括りできない状況です。
分析・評価するための情報が少ないなかで、英国の「ブレグジット」問題をこじ開けるための第一歩として公開講座を設定しました。浅見和彦さん(専修大学)は、「現代労働組合研究会/新しい労働組合運動のゆくえ・戦後労働運動の歴史をたどり、イギリス運輸・一般労組の研究」というテーマで研究活動を行っています。近日、ギリス現地調査に向かう予定です。浅見さんから「ブレグジット」問題をめぐる労働組合の諸傾向、人々の動向などのレポートを含めて報告していただきます。
主催:アジア連帯講座 東京都渋谷区初台1-50-4-103 新時代社気付
連絡TEL:03-3372-9401 FAX:03-3372-9402


韓国・沖縄民衆と連帯し、安倍を倒そう!10・25新宿デモ

2019年10月25日

10月25日(金)18:30集合、19:00デモ出発。
場所:新宿・アルタ前広場。
「安倍NO!」の声をあげる韓国民衆に連帯し、強権と腐敗、隠蔽、格差拡大で社会を壊してきた安倍政権の打倒へ起ち上がりましょう!歴史の修正・植民地支配の正当化許さず! 韓国の人々と連帯しよう
韓国の人々はなぜ安倍を糾弾しているのでしょうか?それは、「ロウソク革命」によって朴槿恵反動政権を倒して文在寅政権を創り出し、アメリカによる開戦の危機を南北共同の力で克服し、戦争終結・南北統一の流れを浮上させたことに対して、安倍政権がこれらを敵視し、破壊しようとしているからです。しかも安倍が韓国・文在寅政権に対して繰り返し「守れ」と迫る65年日韓条 約は、南北分断への加担を目的とし、朝鮮半島への侵略・植民地 支配の反省も謝罪もない代物なのです。日韓請求権協定も個人の損害賠償請求権を否定しておらず、そのことは日本政府も確認してきたことです。それゆえ韓国大法院は、強制連行された徴用工の損害賠償請求を認めたのです。しかしこの大法院判決に対して安倍は、7月1日には半導体関連3品目の対韓輸出規制措置、8月2日には「ホワイト国」からの韓国除外など、経済報復を宣言したのでした。安倍政権は、心からの謝罪など一度もしたこともないのに「何度謝罪したらすむのか?」「もう甘い顔はしない」などとウソで塗り固めた言説を流布させ、韓国敵視へと突き進みました。だから韓国の人々は、安倍を糾弾し、不買運動などの方法で起ち上がったのです。8・15「光復節」にはソウルで10万人が安倍 NO!の声をあげています。排外主義・嫌韓あおる 民意無視の安倍政権を倒せ!安倍はなぜ今この時期に、韓国敵視政治に打って出たのでしょうか?それは天皇代替わりを政治的に利用しつつ国民統合装置として象徴天皇制の強化を図り、日米安保体制を強化し、日本を、落日の超大国アメリカの番犬として、再び朝鮮半島に覇権を及ぼす国家へ「飛躍」させようと企んでいるからです。その危険を前にして韓国政府は、高まる民意に支えられて8月23日、米日韓三角軍事同盟に風穴を開ける日韓GSOMIA延長取りやめを決定、安倍を仰天させたのでした。時代の歯車は、東アジアの冷戦体制崩壊へ確実に動き出しています。それを主導しているのが、韓国民衆であり、沖縄の人々です。沖縄は今、民意も法も無視し、税金を湯水のごとく投入して辺野古新基地建設を強行し続ける安倍政権に対し、沖縄の圧倒的な民意を結集して対峙しています。韓国・沖縄民衆と連帯して安倍政権を倒す闘いが、私たちに問われています。排外主義の波に抗し、東アジアの民衆連帯の未来を切り拓いていきましょう。10・25新宿デモへ大結集を!
(呼びかけ)アジア共同行動日本連絡会議(AWC)/沖縄文化講座/労働運動活動者評議会/日韓民衆連帯委員会/戦争法廃止・安倍たおせ!反戦実行委員会
連絡:090ー6481ー6713(松平)


名古屋・大阪・東京 ディストピア三都物語 トークライブ

2019年10月25日

10月25日(金)19:00開場 19:30~
会場:カフェバンデリア
参加費¥500 +ワンドリンクオーダー
平井玄/矢部史郎/酒井隆史
主催:模索舎
連絡TEL03-3352-3557


東京優生保護法訴訟 第8回期日

2019年10月25日

10月25日(金)13:00~
入庁行動13:00~
場所:東京地裁前
栽判期日14:00~
場所:東京地裁103号法廷
集会15:15~17:00
会場:クロスコープ新橋
主催:東京弁護団
連絡TEL03-5501-2151


年金一揆2019中央行動

2019年10月25日

10月25日(金)12:00~14:15 14:15~15:00銀座パレード
場所:日比谷野外音楽堂
共催:全労連/全日本年金者組合
連絡TEL03-5978-2751


アメリカの元気な労働運動と交流しよう!

2019年10月25日

10月25日(金)18:00~20:00 26日(土)14:00~18:00
会場:25日法政大学市ヶ谷キャンパス大内山校舎4階 Y402 /26日法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎4階 S407
参加費無料
DAy1「教員ストライキの教訓/day2「労働運動を元気にする」
主催:法政大学フェアレイバー研究所/日本労働弁護団/アバラ訪日実行委員会
連絡E-mail suqa@tokyolaw.qr.jp


[学習集会]ゼネコンと国策 辺野古受注企業の知られざる歴史――

2019年10月26日

10月26日(土)18:30~
会場:東京ボランティア・市民活動センター A会議室(〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1 飯田橋セントラルプラザ10階)
資料代¥500
(報告)加藤宣子(Stop!辺野古埋め立てキャンペーン)
 沖縄・辺野古では、安倍政権が県民の民意を無視して、米軍新基地建設を強行しています。工事を受注して進めているのは日本を代表する大手ゼネコンです。こうした大手ゼネコン企業の歴史(社史)は、日本国家(権力)と共に歩んだ国策の歴史でもあります。そうした大手ゼネコンの歴史を振り返り、その中から辺野古の工事を止める手立てはないのか皆さんと共に考えたいと思います。
主催:Stop!辺野古埋め立てキャンペーン     http://stop-henoko-umetate.blogspot.jp/


記念講演会「今に生きるローザ・ルクセンブルクの思想」

2019年10月26日

10月26日(土)14:00~16:30
会場:東京都北区 岸町ふれあい館3階会議室(王子駅より徒歩7分)
参加費¥500
(講師)小林勝(ローザ・ルクセンブルク全集編集委員)
今年はローザ・ルクセンブルクが、旧帝政の軍人らの手によって惨殺されてから100周年にあたります。惜しみても余りある死でしたが、彼女の思想と生きざまは今でも我々を叱咤激励してくれるものがあります。
主催:社会主義講演会実行委員会
連絡TEL03-5826-4017


第60回 新宿女性九条の会講演会 「法の世界」からみた女性の生き方、働き方

2019年10月26日

10月26日(土)14:00~16:00
会場:新宿区若松地域センター2階第一集会室
参加費無料 定員30名
(講師)浅倉むつ子(早稲田大学名誉教授)
主催:新宿女性九条の会
連絡TEL3369-7750(末吉)


第13回 紅葉にも、子どもたちにも、オスプレイは似合いません!

2019年10月26日

10月26日(土)13:30~16:00
会場:小川東/玉見会館・和室
参加無料
主催:オスプレイいやだ!あきる野&日の出市民上映会


第53回憲法を考える映画の会「ニジノキセキ」

2019年10月26日

10月26日(土)13:40~
会場:文京区民センター3A会議室
参加費:一般¥1000 学生・若者¥500
主催:憲法を考える映画の会
連絡TEL042-406-0502


第139回市民憲法講座「徴用工」問題の解決と今後の日韓関係のあり方

2019年10月26日

10月26日(土)18:30開始
会場:文京区民センター 3階C会議室
参加費¥800
(お話)川上詩朗(弁護士)
主催:許すな!憲法改悪・市民連絡会
連絡TEL03-3221-4668


東京教組2019教育研究集会 同調圧力に抗するために

2019年10月26日

10月26日(土)全体会12:30~14:30 分科会14:45~16:45
会場:世田谷区立松沢中学校
主催:東京教組
連絡TEL03-5276-1311


生保9条の会・損保9条の会合同講演会 9条は平和への誓い

2019年10月26日

10月26日(土)13:00開場 13:30~
会場:北とぴあつつじホール(3階)
参加協力費¥1000
(講演)西谷 修
主催:生保9条の会・損保9条の会
連絡TEL


東久留米「九条の会」14周年のつどい 戦争ぜったいいやだから!

2019年10月26日

10月26日(土)13:20開場 13:40開演
会場:成美教育文化会館グリーンホール
協力券¥500 学生・障がい者:無料
(講演)金子勝「どう立て直す、くらしと社会」
主催:東久留米「九条の会」
連絡TEL042-473-9489(鈴木)


キボタネツアー2019 AUTUMN報告会

2019年10月26日

10月26日(土)14:30開場 15:00~17:00
会場:早稲田大学戸山キャンパス32号325教室
資料代¥1000 学生無料
主催:社団法人希望のたね基金
連絡TEL080-3418-0609


福島原発避難者の住まいと人権を守ろう!10・26集会

2019年10月26日

10月26日(土) 17:30開場 18:30~21:00
会場:文京区民センター 3A会議室(定員250名・申し込み不要)
参加費¥500
プログラム:何が起きているか(主催団体からの経過報告)/私たちは追い詰められている(国家公務員宿舎の避難者より)/何が問題か(弁護士より)/今後の住まいと人権を守る行動について(主催団体からの提案)/手をつなぎ声を上げよう(支援者からのアピール)
主催:住まいと人権を守ろう!10・26集会実行委員会
呼びかけ人:熊本美彌子、村田弘、福島敦子、羽石敦、瀬戸大作
連絡TEL090-1437-3502(瀬戸)


東電、関電さよなら!原子力の日 集会&渋谷デモ

2019年10月26日

10月26日(土)11:00~12:00
会場:千駄ヶ谷区民会館
参加費¥500
主催:原発とめよう!東京ネットワーク
連絡TEL03-6821-3211(原子力資料情報室/伴英幸)


湘南キリスト教短期セミナー 第27回 『アジア・世界・我が国の過去・現在 そしてこれからを考える』

2019年10月26日

10月26日(土)13:30~15:30
三宅芳夫(千葉大学教授)「新自由主義の歴史と現在」
11月9日(土)13:30~15:30
川村信三(上智大学教授)「日本におけるキリスト教受容の歴史をふりかえって」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場:カトリック茅ヶ崎教会
入場無料
主催:カトリック茅ヶ崎教会
連絡TEL0467-82-2333


差別・排外主義を許すな!10.27新宿ACTION―安倍政権の韓国叩きはおかしいぞ!

2019年10月27日

10月27日(日)14:00~15:00デモ出発
場所:新宿駅東口アルタ前広場
差別・排外主義に反対する連絡会は立ち上げから10年目を迎えます。この10年、レイシズムに抗し、ヘイトスピーチの蔓延を許さない闘いに多くの人びとが声を上げ、行動してきました。しかし、今の状況は社会の底が抜けたと言えるほど危険水 域に突入しています。  この間、安倍政権が先頭に立った韓国叩き、メディアの追随・翼賛、ネトウヨの跋扈と いう、とんでもない事態が続いています。「平和の少女像」への憎悪と罵倒の嵐は、「表現の不自由」=自由な表現を叩き潰し、卑劣な脅迫と行政権力による恫喝は一体のものであることを満天下に明らかにしました。権力に携わる者たちが、平然と歴史の歪曲に手を貸し、レイシストであることを恥じることもなく、行政に君臨する様を、これ以上放置しておくわけにはいきません。私たちは2011年以来、毎年秋の新宿デモを続けてきました。デモの権利もジワジワと狭められていますが、今こそ街頭で声を上げ、訴える秋(とき)です。10・27新宿ACTIONへの幅広い結集を呼びかけるとともに、この行動の成功へ、参加・賛同をよろしくお願いします。
呼びかけ:差別・排外主義に反対する連絡会
連絡:riteihyo@gmail.com


ベテランズ・フォー・ピース2019ジャパンツアー ぼくたちが見た戦場のリアル

2019年10月27日

10月27日(日)13:15開場
会場:横須賀市総合福祉会館 5階視聴覚覚研修室
資料代¥1000
よびかけ:非核市民宣言運動・ヨコスカ/ヨコスカ平和船団
連絡TEL046-825-0157


映画を見て考えるパラムの会 映画「戦争の時代」 

2019年10月27日

10月27日(日)13:30開場
会場:エル・ソフィア3階 第2学習室
参加費¥1000 学生以下¥500
(講演)小西 誠「自衛隊の南西シフト」
主催:映画を見て考えるパラムの会
連絡TEL080-9389-2525


第5回三多摩平和交流会 東大和市 旧日立航空機株式会社変電所と米軍大和基地跡見学会

2019年10月27日

10月27日(日)10:00~15:30
集合:西武拝島線・多摩モノレール玉川上水駅北口ロータリー
参加費¥300 定員30人程度 持ち物:昼食、筆記用具
主催:三多摩平和交流ネットワーク


パレスチナ・沖縄・福島ー国際連帯フェスティバル

2019年10月28日

10月28日(月)19:00開演~
会場:なかのZERO大ホール(〒164-0001 東京都中野区中野2丁目9−7)
チケット:前売¥3000 当日¥3500
(出演)MC GAZA from Palestine/渋さ知らズオーケストラ 他
パレスチナ抹殺を加速させるトランプ政権とイスラエルは、ゴラン高原の国有化、エルサレムの首都化、「ユダヤ国家法」制定など排外的アパルトヘイト国家としての姿をあらわにしています。昨年3月30日の「土地の日」に「グレート・リターン・マーチ」(=帰還の大行進)として700万パレスチナ難民の祖国復帰を求める壮大な抗議行動が開始されました。  パレスチナガザ地区の<分離=隔離の壁>に向かった大行進に対して、イスラエル軍は銃口を向け多くの民衆が犠牲になっています。「富国強兵」の現代版として戦争準備と生活破壊を強行している安倍政権は、このトランプ政権とイスラエルの同盟軍として、軍備を強化し、集団自衛権を行使し、沖縄への基地集中と辺野古新基地建設を推し進めています。その背景は天皇代替わりを利用した復古的国家主義であり、弱肉強食の新自由主義にほかなりません。トランプの国境の壁、パレスチナ・ガザ・西海岸の隔離の壁、朝鮮半島の南北の壁、EU緊縮財政の壁、沖縄差別という壁、監獄の壁をぶっ壊し、民衆の歴史をとり戻し、民衆の大行進を合流させていこうではありませんか。
今も囚われている仲間たち、困難な中で抑圧と戦っている仲間たちに、響き渡る連帯のメッセージを届けよう!パレスチナからラッパー「Mc GAZA」を招き、「渋さ知らず」など日本のミュージシャンとコラボし、沖縄から北海道まで、民衆の大行進に参加しよう!
主催:10・28国際連帯フェスティバル実行委員会(東京)
連絡:救援連絡センター(03-3591-1301)


日韓問題と東アジアの平和 徴用工問題とは

2019年10月29日

10月29日(火)18:30open 19:00~21:00
会場:阿佐谷地域区民センター
資料代¥700
(講師)内田雅敏
主催:9条変えるな!杉並アクション
連絡TEL03-3396-3997(塩谷)


「骨格提言」の完全実現を求める10.30大フォーラム

2019年10月30日

10月30日(水)11:00開場 12:00~15:00
会場:日比谷野外音楽堂
参加費
主催:「骨格提言」の完全実現を求める大フォーラム実行員会
連絡TEL03-5450-2861


9条かながわ大集会 in 横浜「アベ政権を吹っ飛ばせ!」

2019年10月30日

10月30日(水)18:30~21:00
会場:関内ホール 大ホール(関内駅南口徒歩5分)神奈川県横浜市中区住吉町4-42-1
参加費¥999
(講演1:金子勝(慶応大学名誉教授、立教大学特任教授、経済学者)「アベノミクスの罪と日本再生」/(講演2)小林節(慶応大学名誉教授、弁護士、憲法学者)「アベ改憲策動にトドメを!」/各地・各界九条の会の発言/岡田尚事務局代表の行動提起
主催:九条かながわの会
連絡:090-7175-1911(後藤さん)


芸術と憲法を考える連続講座 VOL21特別シンポジウム 表現の不自由展 その後

2019年10月30日

10月30日(水)18:00開場 18:30~21:00
会場:東京藝術大学 上野キャンパス 音楽学部5-109
入場無料
主催:自由と平和のための東京藝術大学有志の会


芸術と憲法を考える連続講座

2019年10月30日

第21回10月30日(水)18:30~特別シンポジウム「表現の不自由展・その後」中止事件を考える
第22回11月7日(木)18:30~研究の現場から芸大教員とともに「芸術」と「社会」の関係を考える
(講師)福中冬子/毛利嘉孝
第23回11月27日(水)18:30~やさしい視線・静かな怒り 詩画人・四國五郎が伝えたかったこと
(講師)四國光
第24回12月11日(水)18:30~私たちは歌で戦争を支えた-民衆の自己表現、戦時歌謡-
(講師)池田浩士
第25回 2020年1月10にち(金)18:30~憲法と文化政策
(講師)平田オリザ
第26回2月18日(火)18:30~詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)-その時代と生涯と詩 2月16日に獄死した詩人を偲んで
(講師)井田泉
第27回3月27日(金)18:30~歌とお話でつづる増補新版・組曲『日本国憲法』
(作曲と演奏)萩京子/寺嶋陸也 (演奏)芸術と憲法を考えるアンサンブル9/(お話)伊藤千尋
会場:東京藝術大学 上野キャンパス 音楽学部 5号館 1階 109教室(東京都台東区上野公園12-8)(毎回開始時刻の30分前に開場)
参加費:無料
主催:東京藝術大学音楽学部楽理科 共催:自由と平和のための東京藝術大学有志の会 後援:日本ペンクラブ
連絡:E-mail kenpou.geidai@gmail.com(川嶋)


10.31 狭山市民集会ー寺尾差別判決から45年ー

2019年10月31日

10月31日木曜日 12:30〜15:30 集会後デモ
場所:日比谷野外音楽堂(〒100-0012 千代田区東京都千代田区日比谷公園1-5)
主催:狭山事件の再審を求める市民集会実行委員会


やめろ!改憲と対韓報復の動きの中での日米共同軍事演習「日米方面隊指揮所演習 “ヤマサクラ77” in 朝霞駐屯地」を許さない!10.31集会

2019年10月31日

10月31日(木)18:30開始予定
会場:板橋区グリーンホール 504会議室(東京都板橋区栄町36-1)
資料代¥500
(講演)「日米安保の現在を問う」纐纈厚(明治大学特任教授)
主催:日米共同軍事演習(朝霞)を許さない!実行委員会
連絡:北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03-3961-0212 東京都板橋区板橋2-44-10 ヴァンクール板橋 203


ナラティブシアター土の子・リーディング ブンナよ、木からおりてこい

2019年10月31日

10月31日(木)18:30開場 19:00開演
会場:東京琉球館
入場料¥3000(1ドリンク付) 要予約20名
主催:東京琉球館
連絡TEL03-5974-1333


ドキュメンタリー映画「ドローンの眼」特別上映

2019年10月31日

東京上映
10月31日(木)・11月1日(金)・11月2日(土)(1)11:00 (2)14:00 (3)19:00
会場:光塾(渋谷)
入場料¥1000
横浜上映
11月3日(日)(1)11:00 (2)14:00
会場:スペース・オルタ
入場料¥1000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主催:沖縄ドローンプロジェクト
連絡TEL03-3269-8296


労働組合つぶしの大弾圧を許さない!!11.1東京集会

2019年11月1日

11月1日(金)18:00開場 18:30開始
会場:日本教育会館7階 707号室
参加費¥500
共催:週刊実話訴訟弁護団/救援連絡センター/労働組合つぶしの大弾圧をゆるさない実行委員会・東京
連絡TEL03-6382-7605


アジア共同行動・首都圏 公開学習会 連続講座 第1回「日韓対立」「徴用工裁判についての私たちのとるべき道」

2019年11月1日

11月1日(金)18:45開場 19:00開始(21:00終了予定)
会場:日暮里ひろば館・和室(202号) 東京都荒川区西日暮里2-10-9 ※「アジアの人々と共に歩む会PAL」の団体名で借りてます。
資料代¥200
主催:アジア共同行動(AWC)首都圏 
連絡 awc_metro@yahoo.co.jp


朝鮮幼稚園はずしにNO!すべての幼児に教育・保育の権利を!11.2全国集会&パレード

2019年11月2日

11月2日(土)12:00開場 13:00~14:30 15;00~パレード 雨天決行
場所:日比谷野外音楽堂
主催:11.2日比谷集会実行委員会
連絡TEL03-5289-8222(フォーラム平和・人権・環境)


11・3全国労働者総決起集会 改憲阻止!1万人行進

2019年11月3日

11月3日(日)12:00~ 15:00デモ出発
場所:日比谷野外音楽堂
参加費
呼びかけ:全日本建設運輸労働組合関西地区生コン支部/全国金属機械労働組合港合同/国鉄千葉動力労働組合/国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動
連絡TEL043-222-7207(DC会館)


安倍改憲発議阻止!辺野古新基地建設やめろ!東北アジアに平和と友好!11・3憲法集会in国会正門前

2019年11月3日

11月3日(日)14:00~15:30
場所:国会議事堂正門前
共催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会/安倍9条改憲No!全国市民アクション/3・1朝鮮独立運動100周年キャンペーン


パレスチナ-沖縄-福島 国際連帯フェスティバル・郡山

2019年11月6日

11月6日(水)会場 17:30 開演 18:30
会場:けんしん郡山文化センター 中ホール(〒963-8878 福島県郡山市堤下町1-2 TEL. 024-934-2288)
入場券:前売り/¥2,800 当日/¥2,995
〔チケット取り扱い〕けんしん文化センター・うすい(5F)/ローチケ:https://l-tike.com/search/?lcd=72354(東京、福岡、福島3公演共通)/Eプラス:https://eplus.jp/sf/detail/3114140001-P0030001(10月10日発売開始)
(出演)MC GAZA/渋さ知らずオーケストラ/蛯名宇摩
主催:郡山実行委員会
連絡:シネマブロス 090-9039-8132(宗形)・090-9424-7478(黒田) 後援/株式会社郡山コミュニティ放送


「函館市大間原発建設差し止め裁判」第21回口頭弁論(東京地裁)&報告集会

2019年11月6日

「函館市大間原発建設差し止め裁判」第21回口頭弁論
11月6日(水)14:15~
場所:東京地裁103号法廷 地裁前で13時半までに傍聴整理券の配布が行われます。首都圏のみなさん、函館市民に代わって是非傍聴に来てください。
報告集会
会場:参議院議員会館B109会議室
11月6日(水)15:00頃~17:00
(内容)1.講演「核燃料サイクルの破綻と大間原発~下北半島核施設の動き」山崎久隆(たんぽぽ舎副代表)/2:弁護団報告「本日の口頭弁論の内容と今後の裁判について」/3:現地報告
主催:大間原発反対関東の会
連絡:080-6616-9604(玉中)
賛同:経産省前テントひろば 連絡:070-6473-1947


講演会 つながりあえる社会へ 排外主義を乗り越えるために

2019年11月8日

11月8日(金)18:30開場 19:00開演
会場:八王子労政会館ホール
会費¥500
(講師)前川喜平
主催:八王子平和市民連合
連絡E-mail peace8_owner@yahoo.co.jp


シンポジウム 性暴力をなくすために男性ができること:

2019年11月8日

11月8日(金)13:30~17:00
会場:上智大学6号館101
参加自由
主催:上智大学ダイバーシティ推進室


第13回新宿デモ なかったことにさせない!福島原発事故の消せない真実と人権侵害!

2019年11月9日

11月9日(土)13:00~アピール 14:00~デモ
場所:アルタ前広場
主催:脱被ばく実現ネット


新冊子発行記念・原子力空母シンポジウム 「原子力に不安」の声にどう答えるか

2019年11月9日

11月9日(土)13:00開場 13:30開会
会場:大滝会館
資料代¥500
主催:原子力空母母化の是非を問う住民投票を成功させる会
連絡TEL046-827-2713


障害と人権全国弁護士ネットシンポジウム 障害者権利条約をめざす、共に育ち、共に生きる社会は実現するのか

2019年11月9日

11月9日(土)13:00受付 13:30~16:30
会場:弁護士会館2階 クレオBC
11月10日(日)9:00受付 9:30~12:00
会場:日本教育会館 7階 707号室
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加費
共催:障害と人権全国弁護士ネット/日本弁護士連合会/第一東京弁護士会/第二東京弁護士会
連絡TEL03-5297-6101


筋痛性脳脊髄炎の映画の上映+講演in三鷹

2019年11月10日

11月10日(日)14:00~16:30
会場:三鷹産業プラザ704-705会議室
入場無料
主催:NPO筋痛性脳脊髄炎の会
連絡TEL080-4082-6287


2019年全国介護学習交流集会 介護保険20年~介護の現状と課題、改善方向を探る

2019年11月10日

11月10日(日)12:00開場 13:00~16:30
会場:平和と労働センター・全労連会館2階ホール
入場無料
主催:2019年全国介護学習交流集会実行委員会
連絡TEL03-5842-5611


2019原子力艦事故避難訓練

2019年11月10日

11月10日(日)12:30開場
会場:産業交流プラザ・第1研修室
参加費¥500
(講演)呉東正彦(弁護士)
主催:東京湾の原子炉から首都圏を守る会
連絡TEL0467-48-2961(石川)


第29回 砂川秋まつり

2019年11月10日

11月10日(日)10:00~15:00
場所:旧基地拡張予定地の秋まつりのひろば
主催:第29回砂川秋まつり実行委員会


KEEP CALM AND NO NUKES 11.10原発ゼロ☆国会前集会

2019年11月10日

11月10日(日)14:00~16:00
場所:国会正門前(南庭側)
主催:首都圏反原発連合
連絡TEL080-9195-2668


ルネサンス研究所11月定例研究会 『ドゥルーズとマルクス』合評会

2019年11月12日

11月12日(火)18:00開場18:30開始
会場:専修大学神保町キャンパス7号館7階774教室
資料代¥500
(コメント)伊吹浩一(フランス現代思想、ルネサンス研究所運営委員)/(リプライ)松本潤一郎(フランス文学・フランス現代思想・就実大学教員)
今年2月、『ドゥルーズとマルクス――近傍のコミュニズム』を上梓しました。
3部構成になっており、各々4本ずつ、計12の論考を収録しています。コミュニズムの世界は資本主義の世界に隣接しているはずだ――という、或る意味で古典的な〈おとぎ話〉を、いわゆる〈現代思想〉の論者に、読み込もうとしています。
1部「歴史・哲学・政治」には、思弁性の特に強い論考を収めました。「ドゥルーズ‐ガタリ(以下DG)と歴史」では、〈世界史〉を成り立たせた資本主義もまた歴史的形成物であるという点に注目して、DGの仕事の一部を再構成しました。「公理と指令」では、DGの〈指令語〉概念に焦点を当て、世界化の中から世界化を逸脱する要素をとりだし、そこから〈別の世界〉の構成可能性を考えました。「『原国家』の射程」では、DG国家論とマルクス価値形態論を援用しつつ、ISを分析しました。「矛盾は失効したのか」では、〈他の世界〉構想と可能世界論とは、似て非なるものであると論じました。
2部「『来るべき民衆』の物語」には、物語行為という視点から、哲学と政治の連関を考える論考を収めました。「物語と襞」では、前出「矛盾は失効したのか」とは別の視点から可能世界論をとりあげ、そこから集合的知性の構成方法を抽出しました。「分裂と綜合」では、分岐すればするほど統一されるという逆説の思考の系譜の一部を瞥見しました。「無限小の政治」では、人びとが歴史の〈反復〉から政治的な力を汲みとる様相を考えました。「『絶対貧困』のほうへ」では、この〈反復〉を手がかりに、貧困問題が後景に退いたと考えられがちな現代においても、蜂起は起りうると示唆しました。
3部「『労働』とユートピアのゆくえ」には、〈労働〉の現状を概観しつつ、そこからの脱出という労働者の夢(ユートピア)を描き出し、未来への手がかりを探る論考を入れました。「レンタル・ライフ」では、〈認知資本主義〉論を紹介して、今日の〈労働〉の一部が〈余暇〉と交じり合う様子を確認しました。「労賃とは別の仕方で」では、『グリュントリッセ』に出てくる、資本主義とは異なる〈富〉とはどういうものかを、検討しました。「労働と芸術」では、ベンヤミンを手がかりに、労働/芸術という区分が揚棄された世界の可能性を探りました。「可能世界のドゥルーズ」では、イメージと言葉のずれが消えたユートピアを、ネグリのテキストを通して、とりだしました。
松本潤一郎(2019年10月12日)
主催:ルネサンス研究所


弁護士9条の会・おおた 秋の講演会

2019年11月13日

11月13日(水)18:30~20:30
会場:大田区消費者生活センター大集会室
資料代¥500
(講演)元山仁士郎「20代が闘った沖縄県民投票」/中野晃一「市民で野党をつなぐ新しい政治を」
主催:弁護士9条に会・おおた


wam第10回特別展セミナー 朝鮮人「慰安婦」の声をきく~日本の植民地支配責任を果たすために

2019年11月17日

第6回植民地主義に抗した朝鮮のフェミニスト
11月17日(日)14:00~16:00
(ゲスト)宋連玉(文化センター・アリラン館長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場:wamオープンスペース
参加費;各¥800
主催:wam


死の商人おことわり 武器見本市NO!DSEI JAPAN開催期間中連日のアクション

2019年11月18日

11月18日(月)~20日(水)10:00~14:00抗議スタンディング
場所:JR海浜幕張駅南口
11月18日(月)12:00~大抗議アピール
場所:幕張メッセ前
主催:幕張メッセでの武器見本市に反対する会/安保関連法に反対するママの会@ちば


遺骨発掘70周年記念 中国人俘虜洵難者日中合同追悼の集い

2019年11月19日

11月19日(火)9:00~13:00
場所:東京・芝公園23号地
主催:中国人俘虜洵難者日中合同追悼の集い実行委員会
連絡TEL080-1142-2515


救援連絡センター50周年記念パーティー

2019年11月23日

11月23日(土)18:00開場 18:30~20:30
会場:曳舟文化センター レクホール
参加費¥2000
主催:救援連絡センター
連絡TEL03-3591-1301


東海第二原発の20年延長を許さない!11・27廃炉でー大アクション

2019年11月27日

11月27日(水) 16:00~
場所:日本原電本店前
共催:とめよう!東海第二原発首都圏連絡会/再稼働阻止全国ネットワーク
連絡TEL070-6650-5649


芸人9条の会 

2019年11月28日

11月28日(木)13:00開場 13:30開演
会場:茅ヶ崎市民文化会館 小ホール
木戸銭:前売¥1200 当日¥1500
主催:九条の会・ちがさき/ピースカフェちがさき
連絡TEL0467-53-4448(おごせ)


いま、「協同」が創る2019全国集会in Kanagawa

2019年11月29日

11月29日(金)・30日(土)29に全体会11:00~ 30日分科会9:30~
会場:29日 神奈川県民ホール 大ホール/30日 神奈川大学横浜キャンパス 他
参加費:2日間通し¥4000 1日目のみ¥3000 2日目のみ¥2000 交流会¥6000
主催:実行委員会
連絡TEL045-341-4192


東京唯研創立60周年記念シンポジウム「日本の〈植民地責任〉と韓日関係の現在」

2019年12月1日

12月1日(日)14:00~17:30
会場:法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー26階 スカイホール
参加費無料
(報告)愼 蒼宇(法政大学)「日朝関係史から見た日本の植民地支配責任」/水野邦彦(北海学園大学)「〈植民地責任〉意識と韓日連帯」
主催:東京唯物論研究会
連絡: vzr00047@nifty.com(鈴木宗徳)https://tokyo-yuiken.jimdo.com/


映画上映会「アイたちの学校」

2019年12月7日

12月7日(土)(1)15:00~16:40 (2)17:30~19:10
会場:MIRAIEリアンコミュニティホール七間町(静岡市葵区七間町12-4)
チケット:前売¥1000 当日¥1200
主催:静岡朝鮮学校・友の会
連絡TEL054-263-0989(森方9


原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会 総会

2019年12月7日

12月7日(土)13:15開場 13:45開会
会場:横須賀・生涯学習センター5階・大学習室
参加費¥500
(講師)川崎 哲(ピースボート共同代表)
主催:原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会
連絡TEL046-827-2713


第5回 三多摩平和交流会 戦争を記憶し、三多摩から平和な未来を考えよう!

2019年12月7日

12月7日(土)~8日(日)
会場:たましんRISURUホール(立川市民会館)3階小ホール
チケット:一般¥1000 大学生以下無料
(講演)井筒高雄「元自衛官と考える「9条改憲と戦争のりある」」
主催:第5回三多摩平和交流会実行委員会
連絡TEL042-536-2038


「マーシャル諸島アーカイブ」にむけて レクチャー&ワークショップ

2019年12月8日

第3回故郷脱出から34年~核実験被害者の暮らし
12月8日(日)14:00~17:00
会場:夢の島マリーナ 2階会議室
参加費¥1000
主催:ビキニふくしまプロジェクト&科学研究基金科研C
連絡TEL090-3598-9911(島田)


第13回国際有機農業映画祭2019 足もとの明日 どんな問題が起きても 大地を踏みしめ まず一歩を踏み出そう

2019年12月8日

12月8日(日)9:30 開場
会場:武蔵大学 江古田キャンパス1号館/上映会場:地下1階1002シアター教室/ブースエリア・食事/休憩:各2階の教室◆上映作品 (各回解説後上映)
(1)黄金の魚 アフリカの魚 10:05~11:10 2018年/セネガル/60分 監督:トマ・グラン、ムサ・ジョップ
南部のカザマンスには、漁師、魚加工業者、難民、移民労働者が集まってくる。海岸近くの漁船まで泳いで水揚げした魚が加工され、周辺の国々の食を支えている。しかし加工に使われる燻製用の木材は、周辺の森をはだかにし、たち込める燻煙が作業場で働く人々の健康を害する。やがて大手外資の飼料工場が進出し、加工所は廃墟に。環境破壊と大資本に翻弄される人々を追う。第6 回グリーンイメージ国際環境映像祭 グリーンイメージ大賞受賞作品。
11:10~11:25 休憩
(2)ブルキナの恵み Burkinabe Bounty 11:25~12:07 2018年/ブルキナファソ/37分 監督:イアラ・リー
西アフリカの小国ブルキナファソ。アグリビジネス大企業の進出に対し、土地や文化を守ろうとする人たちがいる。地ビールの製造販売で生計を立てる女性たち、GM綿種子のモンサント社に反対しデモを起こす若者、気候変動について訴えるヒップホップ・ミュージシャンなど。食料主権を勝ち取るために、彼らは活動を続ける。
12:07~13:25 昼食
☆13:25~13:45 3分ビデオ(一般公募作品)
(3)肉をたべてはいけないの? 13:45~14:43 2018年/フランス/52分 監督:ブノワ・ブリャンジェ
息子の誕生を機に食について考え出した監督が、アメリカやヨーロッパを中心に肉の生産状況を調べ始める。生産性重視で大規模化した畜産業界は、飼養衛生や地球環境だけでなく、動物福祉でも様々な問題を引き起こしている。地球環境や動物に配慮した畜産業は可能なのか。肉を食べ続けて良いのか。我々の食生活が問われている。
14:43~15:00 休憩
★ 野良語り 15:00~16:00
「足もとの明日」
語り手:天明伸浩さん(星の谷ファーム) 明石誠一さん(明石農園)お百姓生活や近隣との関係など、大いに語ります。
16:00~16:15 休憩
(4)大地と生きる 16:15~17:27 2017年/フランス/67分 監督:マリー=フランス・バリエ
農業大国フランス。都市部からの新規就農者が増えると同時に、教わった農業に疑問を感じる既存農家も現れている。快適な生活を捨て、農家を目指す元パイロット。父親から引き継いだぶどう園を有機栽培に転換する息子。土壌の豊かさに気づき、農法を見直す農民。助け合いを取り戻した苦境の酪農家たち。過疎地に新しい風を吹き込む若者たち。大地と共生する農業の新しい可能性を探りながら、社会の在り方を問いかけている。
17:27~17:45 休憩
(5)それでも種をまく +その後 17:45~18:30 2019年/日本/15分 制作:国際有機農業映画祭
2011年3月11日。福島第一原発事故は福島や周辺の有機農家を苦境に追い込んだ。その地に留まり農業を続けた農民。新しい地へ移住し、その知識と技術を若い人たちに伝える農民。共同で測定器を購入し放射能を測る農民。それから8年余り経ち、放射能汚染の残る高線量地域への帰還も始まっている今、農民たちのその後を追う。
18:30~18:35 閉会挨拶
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆チケット 参加費:一般    前売¥ 2000 / 当日¥ 2500 25歳以下 前売¥ 500 / 当日¥ 1000 ※中学生以下無料(中学生は当日身分証を提示)
★前売券の購入方法
Webサイト( www.yuki-eiga.com )または
Fax( 03-5155-4767)
でお申し込みください。
※Faxでの申込みの場合:代表者氏名、住所、電話番号、Fax番号、
各必要枚数(一般 / 25歳以下 / 中学生以下)をご記入ください。
★申し込み期間:10/1(火)~11/30(土)
※入金期限:12月4日(水)15時まで。
入金の確認を以って、前売予約完了となります。
<お問合せ>★国際有機農業映画祭事務局
[URL] www.yuki-eiga.com [Fax] 03-5155-4767
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
※会場の武蔵大学へのお問合せはご遠慮ください。※上映作品・時間など、やむを得ず変更する場合があります。
最新情報は、Web / Facebookにて、ご確認ください。
※シアター教室内は、飲食禁止です。別に飲食スペースを用意いたします。
主催 国際有機農業映画祭 協力 NPO法人アジア太平洋資料センター NPO法人日本有機農業研究会 NPO法人日本消費者連盟


12・10南京大虐殺82周年 南京からの”声”を聞く集い

2019年12月10日

12月10日(火)18:15~
会場:静岡労政会館
資料代¥700
(映画)「消えた14776人ー南京大虐殺の真相を追って」/(講演)孫 宅巍
主催:映画「侵略」上映実行委員会
連絡TEL054-263-0989


研究フォーラム2019 子ども一人ひとりが幸せに生きられる社会とはー共に生きる地域の力を育むー

2019年12月17日

12月17日(火)13:00~16:10
会場:神奈川公会堂
参加費¥800 学生¥400
(基調講演)前川喜平「教育と子どもの未来を語る」
主催:「研究フォーラム2019」実行委員会
連絡TEL045-222-8720(NPO参加型システム研究所)


となりの宋さん 写真展「慰安婦」被害を訴え、生き抜いた宋神道さんを記憶する

2020年1月23日

2020年1月23日(木)~26日(日)・・
会場:たましんRISURUホール・展示室
主催:となりの宋さん写真展・立川実行委員会
連絡TEL080-4624-3935(たにぐち)