共産主義運動年誌6・13討論会! ≪ポピュリズムと階級≫

2020年6月13日

6月13日(土)13:00~17:00
会場:としま産業振興プラザ第2和室(旧豊島勤労福祉会館)(TEL03-3980-3131 豊島区西池袋2-37-4~池袋駅西南口徒歩5分)
参加費¥
(報告)大杉莫/流広志/椿邦彦
主催:『共産主義運動年誌』編集委員会
連絡>TEL090-7287-1968(幾瀬)/090-2848-0833(流)


「戦争する国」ゴメン 安倍改憲発議NO! 東京から憲法を守り活かす知事を! 九条の会東京連絡会 6・15大集会

2020年6月15日

6月15日(月)18時30分~20時30分(開場18時)
会場:としま区民センター・多目的ホール(484名)〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-20-10
参加費¥一般999 学生¥500 障がい者手帳・生活保護受給者証をお持ちの方は無料
講演:(1)五十嵐仁(法政大学名誉教授)/(2)小森陽一(九条の会事務局長・東京大学名誉教授)/(3)都知事候補(予定)
音楽:ドロール・サクソフォン・カルテット
主催:九条の会東京連絡会


沖縄と本土 一緒に闘う」(60分)完成上映会

2020年6月18日

6月18日(木)18:30開場、19:00開演
会場:東京ボランティア市民活動センター(JR飯田橋駅1分)〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1 飯田橋セントラルプラザ10階
※会場である「東京ボランティア市民活動センター」が、新型コロナ対策で休館にならない限り、上映会は開催いたします。
・上映会開催の際は、コロナ感染防止対策として「換気」「席の間を空ける」等の配慮をいたします。
・参加される皆様におかれましては、ご自身の健康管理(具合の悪い場合は無理をしない、マスクの携帯等)につきましてご注意お願いいたします。
参加費:
ドキュメンタリー映画「沖縄と本土 一緒に闘う」
〇軍備拡張を続ける日本政府
2017年12月7日、沖縄県宜野湾市の緑ヶ丘保育園の屋根の上に、米軍ヘリの部品と思われるものが落下した。
その数日後には、近くの普天間第二小学校の校庭に、米軍ヘリの窓枠が落下した。
一方名護市辺野古では、土砂の埋めたて工事が始まった。
同じ年の9月には辺野古新基地建設に反対を表明している玉城デニーさんが、沖縄県知事に選ばれた矢先のできごとである。
〇沖縄では、声をあげ続ける
沖縄県民の多くは、米軍基地の拡張を望んでいない。
そのことは、各所で証明されてきているにもかかわらず、その声は一方的に無視され続けてきた。
であれば、これからどうやって住民は生きて行けばいいのか。
その難問に答えを出すかのように動き始めたのが、「辺野古」県民投票運動である。
南西諸島で急速に進められている、自衛隊の基地建設。
2019年3月には沖縄県宮古島、鹿児島県奄美大島で同時に陸上自衛隊ミサイル基地が開所した。
そして基地のない石垣島で、ミサイル基地建設が始まった。
工事開始時期は、カンムリワシの営巣時期に重なった。
それでも防衛省は工事に踏み切った。
その過程で、石垣島でも平得大俣への自衛隊ミサイル基地建設の是非を問う住民投票運動が始まっていた。
〇軍事面で沖縄化する本土
米どころ秋田で、沖縄と同じことが始まろうとしていた。
2017年12月、政府はレーダーとミサイル発射装置を兼ね備えた迎撃ミサイルシステム、イージスアショアの導入を閣議決定した。
しかし、その後の国政選挙に県民の反対の声が反映した。
沖縄も本土も、根っこは同じである。
闘う相手も、方向も。


座標塾第2回「コロナ・ショック」は世界をど う変えるか

2020年6月19日

6月19日(金)18:00~21:00
*ウェブ講座として開講予定 ※要申込。6月12日まで。詳細は5月下旬以降に確認ください
参加費:1回¥1000(テオリア会員500円)
(講師)白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)

白川真澄
しらかわますみ。1942年生まれ。60年安保闘争、ベトナム反戦、三里塚闘争などの社会運
動に関わりつづけ、90年代からは「地域から政治を変える」ことを追求。フォーラム90s
、ピープルズ・プラン研究所など理論活動のネットワークづくりにも力を注いできた。著
書に『左翼は再生できるか』(研究所テオリア)『脱成長を豊かに生きる-ポスト3・11
の社会運動』(社会評論社)『脱国家の政治学』(社会評論社)『どこが問題!郵政民営
化』(樹花舎)『格差社会から公正と連帯へ 市民のための社会理論入門』(工人社)『
格差社会を撃つ ネオ・リベにさよならを』(インパクト出版会)『金融危機が人々を襲
う』(樹花舎)ほか。
申込先:研究所テオリア TEL・FAX 03-6273-7233 東京都北区田端1-23-11-201 email@theoria.info
座標塾第16期  2020年3月~11月

第1回 左派ポピュリズムに可能性はあるか=終了
2020年3月20日(金) 大井赤亥(東京大学他非常勤講師・政治学)

第2回 「コロナ・ショック」は世界をどう変えるか(テーマ変更)
2020年5月15日(金)→6月19日(金)へ変更
白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)

第3回 ポスト資本主義の構想(1)――これまでの理論的蓄積から学ぶ
2020年7月17日(金) 白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)

第4回 気候変動危機とどう向き合うか
2020年9月18日(金) 宮部 彰(緑の党運営委員)

第5回 ポスト資本主義の構想(2)――オルタナティブは
2020年11月20日(金) 白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)


止めよう辺野古新基地建設! 辺野古裁判勝利! 6.22首都圏集会

2020年6月22日

6月22日(月)18:00開場 18:30~20:30
会場:日本教育会館一ツ橋ホール
参加費¥800
(講演)金平茂紀/桜井国俊
主催:「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会/戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
連絡TEL090-3910-4140(一坪反戦地主関東ブロック)


三里塚6.28東峰現地行動

2020年6月28日

6月28日(日)12:00~ 集会後デモ
場所:旧東峰共同出荷場跡(千葉県成田市東峰65-1)
主催:三里塚空港に反対する連絡会
連絡TEL0479-78-8101


いっしょに生きぬこう 6.20新宿デモ

2020年6月28日

6月20日(土)13:00~アピール行動、14:00デモ出発(新宿一周)
場所:JR新宿駅東口アルタ前
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
街頭相談会 123:00~15:00
※生活相談:笠井利明さん(新宿連絡会)※労働相談:小村光雄さん(全労協全国一般東京労組)
主催:いしょに生きぬこう6.20新宿デモ実行委員会
連絡先:戦争法廃止・安倍たおせ!反戦実行委員会090-6481-6713(松平)
<スローガン> 「休業要請」するなら補償しろ!/ 安倍・緊急事態宣言をふっ飛ばせ!/ 生活を補償しろ!命を守ろう!/コロナを口実に緊急事態改憲をするな!/ 武器をかうな!「コロナ」に回せ!/ 真の敵はコロナじゃない!安倍政権だ!
●各相談窓口を紹介します。問い合わせは下記の電話まで
◆解雇・雇止め・賃金未払い、外国人などの労働相談
◆住宅・家賃・生活困窮などの相談
◆心と健康、女性、教育、いじめ・虐待、子ども、若者などの各種相談
◆国保・年金・税金・などの支払いで困っている場合の相談
◆電気・ガス・水道・電波など各種ライフラインの支払いの困難の場合の相談
◆学費、奨学金返済、バイト代等で困っている学生の相談
◎新型コロナ災害緊急アクション(事務局 担当 瀬戸大作 090-1437-3502)◎新宿連絡会(新宿野宿労働者の生活・就労保障を求める連絡会議)090-3818-3450 笠井和明)◎全労協全国一般東京労働組合(080-3710-9777 小村光雄)
<呼びかけ文>
今私たちは新型コロナ肺炎の世界的大流行の真只中に居ます。これは自然環境破壊のしっぺ返しに他なりません。派遣切り、 雇止め解雇が急増しています。
さらに金融バブルの崩壊を誘発し 連鎖倒産、大量失業時代に突き落とされようとしています。私たちは今、社会が成り立たなくなり崩壊してしまう瀬戸際に居るのです。
それをもたらしているのは、命より金儲け第一の資本主義です。
安倍政権の責任は重大です。オリンピック開催のためにPCR 検査を サボタージュし、現在の感染爆発・医療崩壊をもたらしました。
安倍政権の「緊急事態宣言」は、バブルの崩壊を決定的にしました。
安倍にとって「緊急事態宣言」は、あくまで改憲のための雰囲気づくり であり、モリ・カケ、公文書改ざん、役人の憤死、桜を見る会などに対する自己の責任問題を押し流す手段でしかないのです。
人々の命を考えてのことではないことは、生活崩壊への国家補償を出し渋る態度に明らかです。
それに安倍は、「コロナ」によって民衆の生活と命が危機に陥っている この時にさえ、大軍拡や米国製兵器の爆買いや辺野古新基地建設を止めようとしません。
安倍は、コロナとの闘いを「第三次世界大戦」だと叫んでいます。しかし その中で、妻昭恵を先頭にした富裕層の優雅な生活は擁護し、貧しい民衆には死に方の選択を迫るのです。
コロナで死ぬか、収入を失って死ぬか。これが「挙国一致」の掛け声の下で、政治家や財界などの支 配層によって繰り返されてきた戦争の内実です。
真の敵はコロナではありません。医療崩壊の元凶である新自由主義・ グローバル資本主義であり、社会の存立と人の命をもてあそぶ安倍 政権です!


三多摩労争連総決起集会

2020年7月7日

7月7日(火)18:30開場 19:00映画「メトロレディブルース総集編」上映(55分) /集会後半・基調報告、連帯あいさつ、決意表明など 午後9時 終了予定
会場 国分寺労政会館 第4会議室
資料代 300円 ★マスクは持参してください!
★会場キャパは120名分あるので間隔をとっておかけになってください。★アルコール消毒液は会場に用意します。
主催:三多摩労組争議団連絡会議
連絡:〒190-0012 立川市曙町3丁目19−13-104三合労気付け
TEL 042-526-0061  メール union@agate.plala.or.JP
コロナ禍の中での倒産・解雇の増大など非常に厳しい情勢が続きます。私たちが予定していた4月の決起集会も「非常事態宣言発令」で会場の国分寺労政会館が使用不能になり延期せざるを得ませんでした。しかし「自粛」を要請しながらも労働者が生きる充分な経済補償を行わない政府の政策は労働者の命を半ば無視し、大企業と大資本家優先の不当なものです。私たちは安倍政権のコロナ対策を徹底的に批判し、不当な解雇も合理化も許さないという要求をしっかり突きつけていく必要が今あります。
今年の労争連決起集会では非正規労働者の闘いを描いた映画「メトロレディブルース総集編」を上映、向こう1年の運動方針の基調提起などを行っていきたいと思います。集会はどなたでも参加出来ます。7/7は国分寺労政会館へ!
★注意事項 7月上旬の情勢がどうなっているか不確定要素が多く再延期もないとは言えません。しかし現段階で会場が予約できましたのでこの予定で決行します。


「私たちは戦争を許さない 安保法制の憲法違反を訴える」市民大集会

2020年7月9日

7月9日(木)18:30~
会場:日本教育会館(〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
(内容)主催者挨拶:寺井一弘(安保法制違憲訴訟全国ネットワーク代表)/基調講演:又坂常人(信州大学名誉教授)「安保法制違憲訴訟の歴史的意義」/特別報告:伊藤真(安保法制違憲訴訟の会・東京共同代表)「違憲訴訟の現状と課題」/リレートーク 宮崎礼壹(れいいち)(元内閣法制局長官)/飯島滋明(名古屋学院大学教授)/新井 章(弁護士)/半田 滋(東京新聞論説委員)/市民代表:全国弁護団からの報告(群馬、横浜、女の会、釧路、山口等)
(メッセージ)山田洋次(映画監督)/青井未帆(学習院大学大学院教授)(オーストラリアから)
参加費¥500 予約:チケットぴあPコード:645395
主催:安保法制違憲訴訟全国ネットワーク
協賛:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
連絡:安保法制違憲訴訟の会(〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル6階 Tel 03-3780-1260 E-mail office@anpoiken.jp)


奈川近代文学館 特別展「大岡昇平の世界展」

2020年10月3日

10月3日(土)~11月29日(日)休館日:月曜日 開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
会場:神奈川近代文学館 第2・3展示室(〒231-0862 横浜市中区山手町110 みなとみらい線「元町・中華街駅」下車徒歩10分)
観覧料:一般700円、65歳以上/20歳未満及び学生350円、高校生100円、中学生以下無料
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料
主催:県立神奈川近代文学館/公益財団法人神奈川文学振興会 編集委員:湯川豊
後援:NHK横浜放送局/FMヨコハマ/神奈川新聞社/tvk(テレビ神奈川)
協賛:新潮社/中央公論新社/京浜急行電鉄/相模鉄道/東急電鉄/横浜高速鉄道/神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
連絡:公益財団法人 神奈川文学振興会 〒231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内 TEL 045-622-6666 FAX 045-623-4841


2020 NGO 日本女性大会「私たちは黙らない 女性の権利を国際水準に!」

2020年11月8日

11月8日(日)10:00~16:30
会場:昭和大学 上條記念館 大会議室「赤松」東京都品川区旗の台1丁目1番地20
参加費:
プログラム:午前の部/基調報告/委員会活動報告/基調講演 林陽子(弁護士・元国連女性差別撤廃委員会委員長)/午後の部/パネルディスカッション/コーディネーター 前田佳子/パネリスト/打越さく良(参議院議員・弁護士)/浅井春夫(立教大学名誉教授・“人間と性” 教育研究協議会代表幹事)/北原みのり(ラブピースクラブ代表・作家)/コメンテーター 林陽子/大会決議、フィナーレ
主催:国際婦人年連絡会(企画・運営:加盟35団体)
連絡:2020NGO日本女性大会事務局(国際婦人年連絡会内)HP http://iwylg-jp.com E-mail renrakukai@iwylg.com