2・8独立運動と3・1独立運動100周年記念特別展

2019年2月2日

2月2日(土)~6月29日(土)
会場:在日本韓人歴史資料館企画展示室
入場無料
主催:独立記念館/在日韓人歴史資料館
連絡TEL03-3457-1088


天安門事件から30年 ドキュメンタリー映画『亡命』再上映

2019年6月15日 13:00

6月15日(土)~6月28日(金) 上映スケジュール:10時20分よりモーニング1回上映
*6月15(土)、16(日)、22(土)、23(日)の上映終了後
 翰光監督、ジャン・ユンカーマン監督他によるトークあり
上映館:ポレポレ東中野
チケット:当日:一般¥1,500、大専シニア¥1,200ほか
6月4日で天安門事件から30年を迎えました。
弾圧や粛清から逃れるため中国から世界各地に亡命した表現者・知識人たちは、今も祖国に帰ることができず様々な国で亡命者として暮らしています。
この間、資本主義を取り込んだ中国は目覚ましい経済的な発展を遂げながらも、独裁を維持するため情報封鎖や言論統制によって民主化の動きを封殺し続けています。
中国の国内外で民主化の闘いを続ける人たちの厳しい現実は、この『亡命』を撮影した10年前とほとんど変わっていません。
亡命者一人ひとりの人間としての尊厳に触れ、彼らや彼女たちが何を考え祖国中国をどのように見ているのか、隣国中国に対する私たちの理解を深めるために、映画の再上映を企画しました。
主催:株式会社シグロ http://www.cine.co.jp/


遺品が語る沖縄戦

2019年6月23日

6月23日(日)~7月21日(日)12:00~16:00
会場:東京大空襲・戦災資料センター 1階
入場料:センター入館料 一般¥300 中高生¥200 小学生以下無料
主催:東京大空襲・戦災資料センター


パネル展 「琉球処分」から140年 今の沖縄を考える

2019年6月24日

6月24日(月)~28日(金)10:00~19:00
会場:かながわ県民センター・1階展示室
入場無料
主催:記憶の継承を進める神奈川の会
連絡TEL090-7405-4276


第7回心のアート展 境界を越えてー生の原点に還るー

2019年6月25日

6月25日(火)~30日(日)10:00~19:00
会場:東京藝術劇場5階[ギャラリー1]
主催:東京精神科病院協会
問合:042-352-0541


アジア記者クラブ6月定例会 天安門事件30周年、究明はどこまで進んだのか

2019年6月26日

6月26日(水)18:45~21:00
会場:明治大学研究棟4階・第1会議室
資料代:ビジター¥1500、会員¥1000、明大生無料(要予約)
(ゲスト)矢吹晋(横浜市立大学名誉教授)
1989年6月4日。文化大革命の終焉から13年目、第11期3中全会から11年目。改革開放路線を歩み出した中国で六四天安門事件が発生してから30年が経過します。六四天安門事件は、中国政府が「動乱と反革命暴乱」と規定した一方で、民主化を求めた学生運動を中国当局が情け容赦なく弾圧した事件として西側世界では人権弾圧の象徴として語られてきました。30年前の春に時計の針を戻せば、4月に誤国主義を批判し学生に人気のあった胡耀邦元総書記が死去し、学生運動の転機となったと言われる「五四運動」70周年とゴルバチョフ・ソ連共産党書記長の訪中が相次ぎました。民主化を要求する学生運動に理解を示した趙紫陽総
書記は事件後、その言動の責任が問われて失脚しました。北京で当時何が起きていたのか。6月定例会には、『天安門事件の真相』(蒼蒼スペシャル・ブックレット)をまとめた中国研究者の矢吹晋さんをゲストにお招きします。当日は、邦字メディアによる30周年企画の内容も踏まえた上で、中国革命の途上で発生した六四天安門事件をどう総括すればいいのか、現段階での研究成果の現状について解説していただきます。
★予約⇒お名前、所属、会員の有無、Eメール、電話番号を記載の上、必ず2日前までにEメールでお申込み下さい。返信メールでの予約の承認がないと参加できませんので注意願います。
主催:アジア記者クラブ(APC)
連絡:アジア記者クラブ(APC) 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5階 たんぽぽ舎気付http://apc.cup.com E-mail:apc@cup.com


detouch cinema 映画「ウンタマギルー」

2019年6月26日

6月26日(水)上映19:00~
会場:東京琉球館
参加費¥500(ドリンク代) 要予約 10名
主催:東京琉球館
連絡TEL03-5974-1333


市民講座2019 え?もしかして無くても平気!?目からウロコの消費税ウソ・ホント

2019年6月26日

6月26日(水)18:30開場 19:00~21:00
会場:青梅市文化交流センター4階会議室A・B
資料代¥500 高校生以下無料
(講演)荒川俊之
主催:おうめ市民の会
連絡TEL080-1014-5764


植村裁判 いよいよ判決!!

2019年6月26日

6月26日(水)判決11:30~12:00
場所:東京地方裁判所 103号法廷
報告集会 16:00~18:00
会場:参議院議員会館 101会議室
参加費無料
主催:植村東京訴訟支援チーム
連絡TEL03-3291-6475(JCJ)


2・26年金払え!官邸前緊急アクション

2019年6月26日

6月26日(水)18:30~19:30
場所:首相官邸前
主催:憲法9条を壊すな!実行委員会/市民有志


GLOBAL PEOPLE’S ACTION

2019年6月26日

6月26日(水)11:30
場所:久里浜みなと緑地(横須賀市久里浜8丁目-17-27)
予定:11:30 フォトアクション/11:45 各団体スピーチ/12:30 アクション終了/13:00 ランチ情報交換(ランチ1000円程度)
(要予約、申し込みサイトから: https://bit.ly/2I1d2up)
6月28日からG20先進国首脳会議が開催されます。
ホスト国として日本の安倍首相がリーダーシップを発揮できるか注目されます。石炭火力発電所の建設予定地として首都圏から最も近い横須賀火力発電所の計画地横で実施しますので、ぜひ皆さんご参加ください!
主催:6.26 横須賀アクション実行委員会
連絡TEL:03-3263-9210 Email:tokyo@kikonet.org
呼びかけ団体:CAN-JAPAN  Fridays For Future Tokyo NO COAL JAPAN eシフト グリーン連合 石炭火力を考える東京湾の会
賛同団体:気候ネットワーク 国際環境NGO FoE Japan 国際環境NGO 350.org Japan 国際環境NGO グリーンピース・ジャパン 横須賀火力発電所建設を考える会 小平・環境の会 横浜アクションリサーチ 環境・国際研究会 R水素ネットワーク 大磯エネシフト 環境文明21 A SEED JAPAN 市民電力連絡会 エコメッセ 緑の党グリーンズジャパン 蘇我火力発電所計画を考える会 石炭火力を考える市原の会 袖ヶ浦市民が望む政策研究会


李 光平写真展 『植民地朝鮮から「満洲」へ渡った朝鮮人移民』

2019年6月26日

6月26日(水)~7月7日(日)12:00~17:00
会場:高麗博物館展示室
入館料:大人¥400 中高生¥200
共催:東京外国語大学「李光平写真集」刊行委員会/高麗博物館
連絡TEL03-5272-3510


第5回喜多見と狛江で小さな沖縄映画祭+α

2019年6月27日

6月27日(木)~6月30(日) 7月4日(木)~7月7日(日)
会場: M.A.P.
7月8日(月)~7月10日(水) 7月14日(日)・15日(月)
会場:狛江市中央公民館
料金:※特別企画はプラス500円となります。前売り¥1,000(当日¥1,200)11枚綴り¥ 10,000(¥1000券×11枚)/学生及び75歳以上 前売り¥500(当日¥700)(受付で学生証・保険証等を提示してください。)
※介助が必要な方は、お二人で一人分の料金またはチケット1枚※なお、M.A.P.会場は車椅子の対応ができていません。
スケジュール: ※◎印=レイトショー(ドリンクサービス付) ※ライトショーは字幕を付けません。ご了承ください。 ※★印=特別企画(チケット1枚+500円)
6月27日(木)10:00 幕開け琉球舞踊+「うんじゅの花道」(11:20頃終了)/13:00 過去の上映作品アンコール/「琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。」(~14:34)/16:00 過去の上映作品アンコール「ハブと拳骨」(~18:04)/19:00 過去の上映作品アンコール/「カメジロー 沖縄の青春」(~20:24)/◎21:00「むかし むかし この島で」(~21:48)
6月28日(金)10:00「ナビィの恋」(~11:30)/12:30「海辺の生と死」(~15:05)/16:00「浦添ようどれ」(~17:13)/19:00「沖縄エロス外伝 モトシンカカランヌー」(~20:35)/◎21:30「戦争を笑え」(~22:18)
6月29日(土)10:00 過去の上映作品アンコール/「オキナワノコワイハナシ×3」(11:30頃終了)/13:00 過去の上映作品アンコール「ハブと拳骨」(~15:04)/16:00「聾唖者達の沖縄戦」(~17:17)/19:00「沖縄スパイ戦史」(~20:54)/◎21:30「島の美よう室」(~22:18)
6月30日(日)10:00「やんばる 奇跡の森の物語」+「奄美大島 水めぐる島の物語」(11:40頃終了)/13:00「まちかんてぃ」+「菜の花の沖縄日記」(14:40頃終了)/15:30「沖縄エロス外伝 モトシンカカランヌー」(~17:05)/18:30「白百合クラブ東京へ行く」(~20:00)/◎21:00「沖縄を笑え」(~21:48)
7月4日(木)10:00「まちかんてぃ」+「菜の花の沖縄日記」(11:40頃終了)/13:00「沖縄スパイ戦史」(~14:54終了)/16:00「白百合クラブ東京へ行く」(~17:30)/19:00「Mother」+Milk[弥勒]ライブ(20:20頃終了)/◎21:00 過去の上映作品アンコール「オキナワノコワイハナシ×2」(22:00頃終了)
7月5日(金)10:00「南島残照 女たちの針突」(~11:04)/13:00「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」(~14:47)/16:00「聾唖者達の沖縄戦」(~17:17)/19:00「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」(~20:47)/◎21:30「むかし むかし この島で」(~22:18)
7月6日(土)10:00「西表島 海と生きる森の物語」+「稲作りの島 西表島」(11:40頃終了)/13:00「浦添ようどれ」(~14:13)/16:00「海辺の生と死」(~18:05)/★19:00 “島尾伸三さんと黒糖酒を飲む会”(終了時間不明)
7月7日(日)10:00 過去の上映作品アンコール「琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。」(~11:34)/13:00「辺野古抄」+監督トーク(16:00頃終了)/★16:30 “森口豁の肝苦り結歌”(終了時間未定)
会場:中央公民館会場※(a)講座室 (b)第4会議室 (c)視聴覚室 (d)ホール
7月8日(月)13:30「辺野古抄」+監督トーク(16:30頃終了)(a)/18:45「沖縄エロス外伝 モトシンカカランヌー」(~20:20)(a)
7月10日(水)★19:00 “お笑いライブ”(20:30頃終了)(b)
7月14日(日)10:00「米軍が最も恐れた男 その名はカメジロー」(~11:47)(c)/13:30「海辺の生と死」(~16:05)(d)/17:00「南島残照 女たちの針突」(~18:04)(d)/19:00 マッシーライブ+「うんじゅの花道」(20:30頃終了)(d)
7月15日(月・祝)10:00「聾唖者達の沖縄戦」(~11:17)(d)/12:00「沖縄スパイ戦史」(~13:54)(d)/15:00「ナビィの恋」(~16:30)(d)
今回もいつものように上映プログラムごとにイベントを立てるかどうか、現在検討中です。各作品の詳細は、順次それぞれ投稿もします。
またHPやM.A.P.のブログなどにもアップしていきますので、そちらも参照してください。
主催:喜多見と狛江の小さな映画祭+α実行委員会
連絡:映画祭事務局 Tel:03-3489-2246 Fax:03-3489-2279  Mail:mpro@mbh.nifty.com (担当:うぶかた)

 


加害の責任を問い、真の友好と平和を希求する 講演と合唱の夕べ

2019年6月28日

6月28日(金)18:00開場 18:30開演
会場:小金井 宮地楽器ホール(大ホール)
入場料¥1000 当日¥1200
(講演)松村高夫(慶応義塾大学名誉教授)「731部隊 今問われていること」
共催:ABC企画委員会/731部隊細菌戦資料センター/小金井平和チャリティコンサート実行委員会
連絡TEL090-7178-0571(「悪魔の飽食」をうたう東京合唱団)


2019ジェンダー平等サロン 議会に女性を増やすために~市議6期の経験から~

2019年6月28日

6月28日(金)13:30~16:00
会場:市川房枝記念会女性と政治センター1階 多目的ホール
参加費¥1080 定員30名
(話題提供者)矢澤江美子(埼玉県八潮市議会議員)
主催:市川房枝記念会女性と政治センター
連絡TEL03-3370-0238


映画『モルゲン、明日』上映会

2019年6月28日

6月28日(金)午前の部10:00~11:20 午後の部14:00~15:20
会場:茅ヶ崎市民文化会館小ホール
チケット:前売¥800 当日¥1000
主催:チームみつばち
連絡TEL090-9328-3799(亀田)


今こそ 高齢者・しょうがいしゃ・介護労働者が共に生きられる社会へ~「介護労働者の権利宣言」を共につくろう~6.29集会

2019年6月29日

6月29日(土)13:00~17:00
会場:大崎・南部労政会館 第3会議室
資料代¥500
(講演)水野博達(大阪市立大学共生社会研究会)「「介護労働者の権利宣言」に寄せる思い」
主催:6.29集会実行委員会
連絡TEL03-6453-7853(全国一般労働組合東京南部ケアワーカーズ連絡会)


映画『26年』上映会

2019年6月29日

6月29日(土)18:00開場 18:30~
会場:なかのゼロ小ホール
入場料¥1500 障害者・学生¥1000
主催:東京上映実行委員会
連絡TEL050-6873-9916


~抗う魂の歌~ We are People’s Power

2019年6月29日

6月29日(土) 14:00open 14:30~17:00
会場:SPACE ALTA(横浜市港北区新横浜2-8-4オルタナティブ生活館B1
料金:前売¥2000 当日¥2500
川口真由美/右田 隆
主催:勇気野菜プロジェクト/スペース・オルタ/Peace on Earth
連絡TEL045-472-6349(スペース・オルタ)


第5回・憲法授業 憲法はどう生きてきたのか?-憲法9条と自衛隊の戦後史ー

2019年6月29日

6月29日(土)13:00開場 13:30~
会場:自由の森学園2階会議室
参加費無料
(講師)菅間正道
主催:自由の森9条の会
連絡FAX03-3964-9132


みんなのねがいセミナー2019in東京

2019年6月29日

6月29日(土)12:30受付 13:00~
会場:立正大学品川キャンパス
資料代¥1000
主催:全国障害者問題研究会/全障研出版部
連絡TEL03-5285-2601


第33回「さよなら原発~にしたま~」集会 報道されない福島原発の今

2019年6月29日

6月29日(土)13:30~16:30
会場:あきる野ルピア 3階集会室
参加費¥500
(お話)山崎久隆
主催:さよなら原発ーにしたまー
連絡TEL042-559-6941(谷口)


公開学習会 安保法制下の日米軍事一体化と自衛隊

2019年6月29日

6月29日(土)14:00~16:30
会場:かながわ県民センター711号室
参加費¥500
(講師)新倉裕史
主催:神奈川平和遺族会
連絡TEL045-301-3396(吉田)


春の学習会 看護師から見た憲法 医療における性差別と生存権

2019年6月29日

6月29日(土)13:30~
会場:県民センター1501
資料代¥300
(講師)宮子あずさ(看護師)
主催:平和憲法を守り、行動する神奈川女性の会
連絡TEL045-662-8148


シンポジウム「安倍政権とメディア攻防7年」

2019年6月29日

6月29日(土)14:00~
会場:法政大学外濠校舎S 405教室
資料代¥1000
植村隆/相沢冬樹/柏崎智子/林勝彦/阿部岳
主催:日本ジャーナリスト会議(JCJ)/法政大学図書館司書課程/第3回報道の自由フォーラム(パート2)
連絡TEL03-3291-6475(JCJ)


きょうされん40周年記念映画「星に語りて〜StarrySkay〜」」上映会

2019年6月30日

6月30日(日) 13:30〜17:00
会場:所沢子どもと福祉の未来館 3階多目的34
入場料1名様¥1000 介助が必要な方は、介助者1名まで無料。(常時介護が必要な方のみ)
(あらすじ)2011年3月11日。東日本大震災が起こり、岩手県の陸前高田市の共同作業所『あおぎり』では、高台にあった為、津波の直接的な被害からは免れたが、実家に助けに戻った仲間の一人を津波で失ってしまう。落胆する作業所の仲間たちを、女性の所長が励ましながら、一日も早く障害のある人が日常を取り戻せる様に努力していた。(きょうされんホームページより)
映画終了後15分の休憩を挟んで、フリーディスカッションと。「水増し雇用問題を考える障害者の会」代表瀬川美帆子さんのおこリンボ漫談を予定しています。
お申込はstarrysky@gmail.comまでメールでお願いします。
何人かアドレスが使えなかった、という問い合わせが来ています。もしメールが送れなかった場合はmizumashi_koyou@gmail.comにお願いします。
皆さまのお越しをお待ちしています。


第51回憲法を考える映画の会『沖縄から叫ぶ 戦争の時代』『宮古島からのSOS』

2019年6月30日

6月30日(日)13:30~16:30
会場:文京区民センター3A会議室
参加費:一般¥1000 学生¥500
主催:憲法を考える映画の会


伊藤千尋講演会 つながろうこころひとつに!

2019年6月30日

6月30日(日)13:30開場 14:00~
会場:坂戸市文化会館大ホール
参加費¥500 大学生以下無料
主催:埼玉10区市民の会
連絡TEL090-3695-1773(高橋)


河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会 2019年度総会&浴田由紀子さんお話の集いご案内

2019年6月30日

6月30日(日)13:15開会
会場:国分寺労政会館第3会議室(JR国分寺駅南口徒歩5分 TEL 042-323-8515)
参加費
(話し手) 浴田 由紀子(14:30~)
主催:河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
連絡TEL090-3543-8743(根津)


報告会:リニア中央新幹線工事の現場から~「世界最速」に脅かされる美しい村々

2019年6月30日

6月30日(日)14:00~16:30
会場:池上会館 視聴覚室
参加費¥500
主催:NGO FoE Japan/リニア・市民ネット東京
連絡TEL03-6909-5983(NGO FoE Japan)


DVD上映&アピール 時をつなぐ 反戦平和 市民運動ーベ平連のメッセージー

2019年6月30日

6月30日(日)13:30開場 14:00~16:30
会場:永山公民館ベルブホール
参加費¥500
吉岡忍/大木晴子/神子島 健
主催:多摩平和イベント実行委員会
連絡TEL090-2745-5036(加藤)


対談 キム・チョイ(作家)X吉岡忍(日本ペンクラブ会長)

2019年7月1日

7月1日(月)18:30~
会場:聖心女子大学 3号館内 宮代ホール
入場無料
主催:日本ペンクラブ


騙されるな!日本の政治経済の真実 講演 金子 勝さん

2019年7月2日

7月2日(火)13:30開場 14:00~16:00
会場:茅ヶ崎市役所分庁舎6Fコミュニティホール
チケット:前売¥700 当日¥1000
主催:風かたか@ちがさき
連絡TEL060-6489-3739(林)


憲法活かす国へ!力合わせて作りかえよう!憲法と日本を考えるつどい

2019年7月2日

7月2日(火)18:00開場 18:30~20:30
会場:所沢中央公民館ホール
参加費
(講演)本田宏「憲法が活かされる国への処方箋」
主催:8区市民の会
連絡TEL090-6143-2270(杉浦)


李 光平写真展 『植民地朝鮮から「満洲」へ渡った朝鮮人移民』 連続歴史講座(全2回)

2019年7月2日

第1回目 7月2日(火)13:30~16:00
「万宝山事件と文学のことば~『満洲事変』前後の中国東北・朝鮮・日本~」橋本雄一(東京外国語大学教員)/「”北間島”の詩人、尹 東柱~植民地期中国東北・朝鮮そして日本をたどって読む~」金雪梅(東京外国語大学院生)
第2回目 7月6日(土)13:30~16:00
「『満洲』における抗日運動と朝鮮人~『間島』の1919年3・13独立運動とその後~」飯倉江理衣/「植民地から『満洲』への朝鮮人移住史=『満州国』期を中心に~」金富子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場:高麗博物館展示室
会費¥800(入館料も含む)
主催:高麗博物館
連絡TEL03-5272-3510


JapanDocs Presents ドキュメンタリー・ナイトVol.8 この人に会い、この映像を見るオウム真理教信者たちを追った『A2 完全版』上映とトーク〜オウム死刑執行から1年〜

2019年7月5日

7月5日(金)OPEN 18:00 / START 18:45
会場:LOFT9(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS(キノハウス) 1F TEL 03-5784-1239)
料金:予約¥1200 / 当日¥1500 ※学生¥1000(要学生証)※別途ドリンク代(¥500から)が必要です。
オウム真理教の一連の事件で、13人の死刑が執行されたのは、昨年の7月6日と26日だった。あれから1年を迎える日に、オウム真理教の出家信者たちの姿を追ったドキュメンタリー映画『A2 完全版』(未DVD化)を上映する。2002年劇場公開当時の『A2』には入っていない「未公開シーン」を含めた「完全版」だ。森達也監督と安岡卓治プロデューサーのトークと共に、再びオウム真理教と日本社会を問い返す。
(ゲスト)森 達也(映画監督、作家)/安岡卓治(映画プロデューサー、日本映画大学教授)
(進行役)綿井健陽(映像ジャーナリスト/映画監督)/渡辺勝之(JapanDocs)
(上映作品)『A2 完全版』(2015/日本/制作:安岡卓治/監督:森達也/撮影・編集:森達也、安岡卓治/配給東風/131分)オウム事件の本質に迫った『A』(1998)の第2作として2002年公開の『A2』。劇場公開時にカットされた幻のシーンを入れた「完全版」として、2016年にユーロスペースで初めて劇場公開された。本作品はDVDなど市販されていない。
主催:ジャパンドックス(JapanDocs)http://japandocs.org/


dotouch live vol.367 李政美ライブ

2019年7月5日

7月5日(金)18:30開場 19:00開演
会場:東京琉球館
チケット¥2500(1ドリンク付) 要予約
主催:東京琉球館
連絡TEL03-5974-1333


第28回レインボー・リール東京 ~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~

2019年7月5日

7月5日(金)〜6日(土)
会場:東京ウィメンズプラザホール
7月12日(金)〜15日(月・祝)
会場:スパイラルホール 会場
東京ウィメンズプラザホール
主催レインボー・リール東京運営委員会/NPO法人レインボー・リール東京
TEL:070-6475-0388 FAX:020-4666-6983
レインボー・リール東京とは
「レインボー・リール東京」は、セクシュアル・マイノリティをテーマとする作品を上映する映画祭で、「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」という名称で1992年より開催され、今年で第28回を迎えます。
当映画祭は、レズビアンやゲイについての作品に留まらず、トランスジェンダー、インターセクシュアル、バイセクシュアルといった、さまざまなセクシュアル・マイノリティについての作品上映を通じて、
より多様で自由な社会を創出する場となることを目指すとともに、セクシュアル・マイノリティをテーマとする作品は劇場公開される機会が少ないことから、そうした国内外の作品を紹介することで映像文化創造に貢献することも趣旨としています。
また、セクシュアル・マイノリティの人たち自身が楽しむための「お祭り」であると同時に、あらゆるセクシュアリティを持つ人たちに対して開かれ、セクシュアル・マイノリティの人たちの育んできた豊かなカルチャーに気軽に触れることのできる「上映イベント」として定着しています。


宇宙に拡がる南西諸島の軍備強化-大軍拡と基地強化にNO!アクション2019発足集会 

2019年7月6日

7月6日(土)13:15開場 13:30開始
会場:スペースたんぽぽ(ダイナミックビル4F(JR水道橋から徒歩5分)
資料代¥700
(講演)前田佐和子(元京都女子大学教授 専門:宇宙科学)
主催:大軍拡と基地強化にNO!アクション2019
連絡先:有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会(北部労働者法律センター気付TEL・FAX 03-3961-0212)/立川自衛隊監視テント村(TEL・FAX 042-525-9036)/パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会(TEL 090-3509-8732 FAX:047-456-5780/武器取引反対ネットワーク(NAJAT)メール anti.arms.export@gmail.com TEL 090-6185-4407(杉原)ツイッター witter.com/AntjArmsNAJAT/
Facebookページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/
石垣島での工事強行。奄美大島と宮古島での新たな駐屯地の開設。いま南西諸島での自衛隊の大増強が進められています。一方、石垣島、宮古島、久米島、沖縄恩納村、種子島には、すでに日本版GPSと言われる「みちびき」=準天頂衛星システムの地上施設があります。システムが完成すれば、ミサイルの誘導精度が向上すると言われています。新「防衛大綱」では、宇宙領域も含む「多次元統合防衛力」なる戦略が打ち出されました。宇宙にまで拡がる自衛隊の強化に南西諸島がどう利用されるのか、前田佐和子さんにお話を伺います。南西諸島の軍事要塞化、宇宙を含む自衛隊の大軍拡に、ともに反対の声をあげていきましょう!
■自衛隊で日本版GPS活用の方針 米衛星攻撃に備え
(2019年1月16日共同通信)
防衛省が、日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う準天頂衛星「みちびき」を、自衛隊の運用に本格的に活用する方針を固めたことが16日、同省への取材で分かった。
通常利用している米国のGPSが他国の攻撃を受けて使えなくなった場合などに備える。
防衛省によると、既に海上自衛隊の敷設艦と潜水艦救難艦の2隻へみちびきの受信機を先行配備し、運用している。
政府関係者によると、2021年度には、いずもなどヘリコプター搭載型護衛艦4隻にも受信機を配備し、運用を本格化させる。陸上自衛隊や航空自衛隊の装備への活用も検討する。
■新「防衛大綱」(2018年12月18日閣議決定)
「ア 宇宙領域における能力
情報収集、通信、測位等のための人工衛星の活用は領域横断作戦の実現に不可欠である一方、宇宙空間の安定的利用に対する脅威は増大している。
このため、宇宙領域を活用した情報収集、通信、測位等の各種能力を一層向上させるとともに、宇宙空間の状況を地上及び宇宙空間から常時継続的に監視する体制を構築する。
また、機能保証のための能力や相手方の指揮統制・情報通信を妨げる能力を含め、平時から有事までのあらゆる段階において宇宙利用の優位を確保するための能力の強化に取り組む。」


辺野古へ行こうキャンペーン第2弾 止めろ!土砂投入7・6集会

2019年7月6日

7月6日(土)18:30開始
会場:文京区民センター・3A(東京都文京区本郷4-15-14)
資料代¥500
(沖縄からの訴え)安次富 浩(ヘリ基地反対協議会・共同代表)/座り込みの報告(映像あり)他
昨年9月の県知事選では辺野古基地建設反対を掲げた玉城デニーさんが圧倒的勝利を勝ち取りました。それ以降も、今年2月の県民投票での72%の人が新 基地建設反対を示し、更に4月の衆議院沖縄3区補 欠選挙でも基地建設反対を掲げた屋良朝博さんが勝 利するなど、何度も辺野古新基地建設NOの民意を示しました。  しかし安倍政権は、こうした民意を一顧だにせず、 工事をストップさせるどころか、3月25日には新し い第2工区への土砂投入を始めました。  このような安倍政権の違法な基地建設の強行に対して、キャンプシュワブゲート前座り込み、琉球セ メント安和桟橋での土砂積み込み阻止行動、更に本 部塩川港でも阻止行動が開始され、海では土砂搬入 岸壁であるK9護岸での海上阻止行動、新たに建設 中のK8護岸での阻止行動が、果敢に取り組まれて います。  しかし工事阻止行動の現場が何箇所にも分かれ、 特にK8護岸が桟橋として違法に使用されることで埋め立てのピッチがあがることから、より多くの人 手が必要とされます。また7月参議院選が迫り、そ の闘いにも多くに人手が割かれます。多くの人々が いれば工事は止められます。地元の人々が参議院選に専念できるためにも首都圏からも多くの人々がぜ ひ現場に足を運び、現地阻止行動に参加する必要が あります。辺野古実では現在、「辺野古へ行こう!キャンペ ーン第2弾」として現地派遣とそのための派遣カン パを呼びかけています。このキャンペーンを一層推 進するために7・6集会への結集を呼びかけます。 多くの皆さんの参加を!
主催◇辺野古への基地建設を許さない実行委員会
連絡:電話090-3910-4140(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)


ウイグル人証言集会~中国新疆ウイグル自治区・ムスリム人強制収容所を語る~

2019年7月6日

7月6日(土)14:00-17:00 (13:30受付開始)
会場:明治大学駿河台キャンパス リバティ・タワー3F 1031大教室
参加無料
共催:明治大学現代中国研究所/アムネスティ・インターナショナル日本 中国チーム
連絡:アムネスティ・インターナショナル日本 E-mail:camp@amnesty.or.jp


福島・関東 放射能の健康被害と私たちの未来

2019年7月6日

7月6日(土)18:00~
会場:フリーター全般労組会議室
参加費
(スピーカー)薗良太/ペペ長谷川/中井美和子
主催:フリーター全般労働組合・生存部会
連絡TEL03-3373-0180


オウム一斉執行から一年 死刑について考える 人は自らを裁けるのか

2019年7月6日

7月6日(土)10:00~12:00
会場:イエズス会岐部ホール305
参加無料
(講師)伊東 乾
共催:日本聖公会正義/平和委員会
連絡TEL03-5215-1844(やながわ)


朝鮮学校の子どもたちが暮らす、日本社会に届けたい!ふたりの三つのお話し。

2019年7月6日

7月6日(土)13:30開場 14:00~16:30
会場:府中市市民会館センタープラッツ 6階第2回会議室
参加費¥500
主催:ウリの会/チマ・チョゴリ友の会
連絡


7.7「戦争を始めた日」国会前集会

2019年7月7日

7月7日(日)17:00~
場所:国会議事堂正門前・北側歩道
主催:7.7国会前集会実行委員会
連絡TEL090-2674-3722


0707 NO NUKES ! 原発ゼロ★国会前集会 2019年度は再稼働の見込みなし・脱原発社会の実現を!参院選・市民と野党の共闘で脱原発政権の誕生を!

2019年7月7日

7月7日(日) 17:00~19:00
場所:国会正門前(南庭側)*国会正門前のみで官邸前での抗議はありません。
主催:首都圏反原発連合 -Metropolitan Coalition Against Nukes-
安倍政権は、2011年に起きた人災である福島原発事故から何も学ばず、2014年からエネルギー基本計画において「原発を重要なベースロード電源」とし、原発と核燃料サイクル政策の推進を続けています。しかし、国民の多くは脱原発・再生可能エネルギー推進を望んでいます。世界的にも自然エネルギーが盛んになっており、国内外の多くの企業や自治体が、事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄う「RE100」に取り組んでいるのです。加えて、設置期限を再稼働に向けた審査後5年以内とする、原発のテロ対策施設の建設が遅れている問題で、原子力規制委員会は、設置期限の延長を認めないことを決めました。関西、四国、九州の3電力会社の6原発12基で設置期限を超える見通しです。そして現在、再稼働している原発9基については、設置期限に間に合わなければ、期限を迎える2020年以降に順次、運転停止することになります。
テロの標的にされるリスクを軽んじて原発を再稼働させる政府も問題ですが、対策の見込みの甘い事業者に原発を運営させることなど到底できません。また、安倍政権の目論む原発輸出が全て頓挫したように、原発は世界的にも産業として成り立たないばかりか、人類に大きな危険をもたらすだけです。廃炉には30年以上かかり、ただちに廃炉作業を始めたとしても、次世代が負の遺産を背負うことになります。
立憲民主党など野党が国会に共同提出した『原発ゼロ基本法案』は、審議されないまま1年以上経っています。安倍政権はいますぐ法案を審議し、エネルギー政策を転換するとともに、原発廃炉政策と廃炉技術者の育成に取り組むべきです。民主主義を無視する政権を7月の国政選挙で覆し、原発ゼロを実現すべく、市民と野党で手を携えましょう!7月7日、七夕の夕べに国会前に集まり、脱原発の意思を示しましょう!NO NUKES! ENERGY AUTONOMY!


社会主義理論学会第81回研究会

2019年7月7日

7月7日(日)14:00~17:00
会場:慶応義塾大学三田キャンパス研究室棟1階A会議室
資料代¥500(社会主義理論学会の会員は無料)
<報告>碓井敏正(京都橘大学名誉教授)「立憲主義だけで闘えるのか――成熟した政治的主体像を模索する」/西川伸一(明治大学教授)「内閣法制局の現在――小松長官以降の変容」
主催:社会主義理論学会


心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク7・7連続学習討論会 No32

2019年7月7日

7月7日(日)13:00開場 13:30~16:30
会場:スマイル中野 5F 和室
参加費¥500
(提起)佐々木信夫(弁護士)
主催:心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク
連絡TEL


植村隆氏講演会 植村バッシングとは何だったのか!?

2019年7月7日

7月7日(日)13:30~16:30
会場:東京ボランティア市民活動センターB会議室
参加費¥1000予約制 定員40名
主催:平和創造研究会


本郷文化フォーラム 朝鮮半島からみた日本の歴史

2019年7月10日

7月10日(水)第3回18:45~21:15
「「日本」の成立と新羅・渤海、モンゴルの来襲と東アジア」
8月21日(水)第4回18:45~21:15
「室町時代・織豊政権期・江戸時代の日本と朝鮮」
9月18日(水)第5回18:45~21:15
「近代日本の朝鮮侵略」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場:本郷文化フォーラムホール
受講料 1回¥1500
(講師)康 成銀
主催:本郷文化フォーラム・ワーカズ・スクール
連絡TEL03-5804-1656


争点隠蔽型の安倍政権の言語戦略にどう向き合うか?

2019年7月11日

7月11日(木)16:30開場 17:00~19:00
会場:法政大学市ヶ谷キャンパス富士見ゲート6F G601教室
参加費無料
(講演)上西充子
主催:憲法を考える法政大学教職員の会
連絡E-mail hoseikenpou2015@gmail.com


7.12アジア連帯講座:公開講座 フランスは、いま 「黄色いベスト」運動に学ぶ

2019年7月12日

7月12日(金)18:30~
会場:文京区民センター3D会議室
資料代¥500
(講師)湯川順夫(翻訳家)
主催:アジア連帯講座
連絡TEL03-3372-9401


自衛隊の軍拡・オスプレイ配備に反対しよう! 7/13映画と講演の会

2019年7月13日

7月13日(土) 13:15開場 13:30上映開始
会場:国分寺労政会館 第3会議室(〒185-0021 東京都国分寺市南町3丁目22-10)
資料代¥600
13:25司会あいさつ後映画上映 This is a オスプレイ」(60分、2017年)「ドローン撮影の効果と暴かれた防衛局の不正」(12分)
14:45~ 木元茂夫(すべての基地にNO!を・ファイト神奈川)自衛隊の南西シフトと拡大する多国籍訓練-自衛隊はどのような実戦を想定しているか」
主催:横田行動実行委員会
連絡:うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会TEL・FAX 042-592-3806(古荘)/立川自衛隊監視テント村 TEL・FAX 042-525-9036/042-524-9863


いま、息苦しさを打ち破る「表現の自由を市民の手に 全国ネットワーク」設立集会

2019年7月13日

7月13日(土)13時30分~ 13:15受付開始
会場:文京区民センター 3A会議室(文京区本郷4-15-14)
参加費・資料代:第1部¥1000 第2部交流会¥1000
プログラム(詳細予定・交渉中を含みます。):13:15 受付開始/13:30 第1部 開会挨拶「表現の自由を市民の手に全国ネットワーク」の呼びかけ/13:40 「表現の自由」問題事件現場からの報告、問題提起、メッセージなど/「忖度」まだまだ全国で。市民はいかに立ち向かうか。/茅ヶ崎市美術展「共催」不許可問題、/「九条俳句」、公共施設利用問題/「東京都美術館事件」「表現の不自由展」はその後?/今、大学で「表現の自由」は/現場記者の質問を無視する「官邸」/市民はいかに支援できるか?/「ドローン規制法」と言う名の弾圧/辺野古取材・市民の知る権利が妨げられる、など/14:20 基調講演:武蔵野美術大学教授(憲法学)志田陽子「『表現の自由』の明日へ 一人ひとりのために、共存社会のために」/15:00 パネルディスカッション-「メディア」「報道」を市民はどう考える 田島泰彦(メディア)・荻野富士夫(思想・検閲)・醍醐 聡(NHK問題)・武内 暁(今、主権者市民は)ほか/16:30 参加者からの発言/17:00 行動提起(『表現の自由』を市民の手に全国ネットワーク)
17:30 第2部 交流会(軽食含みます。)/19:00 閉会予定
呼びかけ:「表現の自由を市民の手に全国ネットワーク」賛同人
 青井美樹  赤嶺菊江  浅野健一  姉崎洋一 安室ちづこ 石井碩行 石黒良行  石垣敏夫  伊志良逸子 磯部 忠 今井信夫  今井弘行 江藤善章  大河内次雄 小川 満  小川由美 荻野富士夫 小野耕兒 鎌田 慧  神田香織  北村 肇  轡田隆史 倉橋綾子  栗原ジョー 佐藤達哉  佐藤真由果 斎藤紀代美 板木秀久 佐藤昌明  佐藤満也 志田陽子  清水雅彦  嶋田耕作  高野勇元  高山佳奈子 武内 曉 竹信三恵子 田島和夫  田島泰彦  田中正道 近田和生  辻ひとみ 中垣克久  永田浩三  中村さつき 沼尾孝平 服部孝章  花崎 哲 浜田幸史  福田やよい 松永 優  
 松本武顕 丸山 仁  三角 忠 皆川 学  武野大策  森口 豁  門奈直樹 吉井幸子  米田主美 (6月10日現在)
連絡先:090-2173-2591(武内)/090-1261-5434(花崎)/070-4227-1549(松本)/090-4533-0115(三角)/080-5548-9852(皆川)


大MAGROCK vol12 &第12回大間原発反対現地集会

2019年7月13日

大MAGROCK vol12
7月13日(土)12:00~17:00 14日(日)10:30~17:00
会場:青森県下半島・大間町・大間原発に反対する地主の会・所有地(「大間原発敷地」隣接・一坪共有)地)
主催:PEACE LAND
連絡TEL090-8613-3269
第12回大間原発反対現地集会
7月14日(日)11:30~ 13:00デモ出発
場所:青森県下半島・大間町・大間原発に反対する地主の会・所有地(「大間原発敷地」隣接・一坪共有)
主催:大間原発反対現地集会実行委員会
連絡TEL070-5477-4296


第7回福島を忘れない!

2019年7月13日

7月13日(土)~14日(日)
13日シンポジウム13:00開場 13:30~16:30」
会場:ホテル福島グリーンパレス
(記念講演)小出裕章
14日現地見学7:40~
集合:ホテル福島グリーンパレス前
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加費:新宿往復バス 市民¥23000 議員¥26000
主催:福島を忘れない!全国シンポジム実行委員会
連絡TEL042-533-5360


議会を浸蝕する差別主義・レイシズムを許すな!7.14集会―「フィリピン人一家」へのヘイトデモ事件から10年―

2019年7月14日

7月14日(日)17:45開場 18:00~
会場:文京区民センター2A(地下鉄 春日駅/後楽園駅)
資料代¥500
(お話)明戸隆浩(社会学、社会思想、多文化社会論)/石橋 学(ジャーナリスト、神奈川新聞)
2009年、埼玉県在住のフィリピン人一家を「追放しろ!」というヘイトデモに対して、カウンター行動が闘われました。「行動する保守」を自称する「在特会」らレイシスト勢力の公然登場から既に10年!街頭デモこそ減少したとはいえ、この春には、「日本第一党」が神奈川をはじめ、地方議会選挙に続々と立候補しました。全員が落選とはいえ、得票数は決して軽視できません。さらに選挙運動を名目に政党として街頭で堂々とヘイト暴言を撒き散らし、併せて、「日本第一党」同様の日本会議を始めとしたレイシスト地方議員も、各地で増えているのが現状です。問題は、こうした勢力をのさばらせる土壌であり、心情シンパやカンパ網が草の根的に拡がっていることです。私たちは、様々な行動に参加しながら、こうした今日的な差別・排外主義の源流はどこにあるのか、そしてどのように増殖してきたのかを探るために講演集会やシンポジウムを重ねてきまし。
今年2月16日に、「なぜ人々はヘイト本を買うのか!?」と題して、『歴史修正主義と サブカルチャー』の著者・倉橋耕平さんの講演集会を行いました。今回は、前回のテーマ・論議をふまえつつ、特に議会への浸蝕に焦点を当てて、その手法から実態まで徹底的に解明しながら、今後の闘い方をともに展望してゆきたいと考えています。そこで、ジャーナリストの立場から石橋学さん、研究者の立場から明戸隆浩さん、そして この10年の闘いの地平を連絡会からと、提起・ディスカッションを予定しています。お二人には、今の状況に照らした分析・提起を語ってもらいます。さらに集会では、各地で差別・排外主義と闘っている人達の発言を受けます
主催:差別・排外主義に反対する連絡会
連絡:Eメール:riteihyo@gmail.com


沖縄・宮森小学校米軍ジェット機墜落の悲劇から60年 沖縄は、東京の空は、いつまで米軍に支配されているのか~日米地位協定と密約の実態を知る~

2019年7月14日

7月14日(日)14:00~17:30(13:30開場)
会場:明治学院大学 白金校舎 3号館 地下1階 3101教室(〒108-0071 東京都港区白金台1丁目2-37)
資料代¥800円(学生・明治学院大学関係者は無料)
第一部 講演「宮森小学校米軍ジェット機墜落の悲劇から60年」牛島貞満(宮森・630を伝える会)/「横田空域と日米合同委貞会の密約」吉田敏浩(ジャーナリスト)
第二部 パネルディスカッション:吉田敏浩/牛島貞満/コーディネータ 秋山道宏(明治学院大学国際平和研究所助手)沖縄現地報告
主催・沖縄のつどい実行委員会(宮森・630を伝える会/ジュゴン保護キャンペーンセンター/公益財団法人原爆の図丸木美術館)
後援:明治学院大学国際平和研究所 賛同:公益財団法人東京YWCA/平和を実現するキリスト者ネット/沖縄戦首都圏の会/沖縄平和ネットワーク首都圏の会/ピース・ニュース
連絡:090-1837-4579 mail:p-news@jca.apc.org(松本)


三里塚 7.14東峰現地行動 飛行制限時間緩和を許さない! 成田空港「第3滑走路」計画を撤回せよ!   反原発―再稼働やめろ! 沖縄・辺野古新基地建設反対!

2019年7月14日

7月14日(日)13:00~
場所:旧東峰共同出荷場跡(千葉県成田市東峰65-1)/集会後、開拓道路に向けてデモ
主催:三里塚空港に反対する連絡会
連絡先:千葉県山武郡芝山町香山新田90-5/電話:FAX0479-78-8101
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
安倍政権打倒!
安倍政権は世界のどこでもアメリカと共に戦争ができる体制を作るために憲法改悪を目論んでいる。労働者・人民を戦争に動員するためにナショナリズムと排外主義をあおり、挙国一致体制を構築しようとしている。民主主義と完全に対立し、一切の差別と戦争の元凶である天皇制を強化し、戦争と天皇制に反対する者の存在を許さない社会作りである。
安倍は沖縄の辺野古への米軍新基地建設を、沖縄住民の反対の意志を踏みにじって一方的に推し進めている。そのやり方は一片の民主主義も存在せず、ただ強権をもって進めるのみである。これに対して沖縄の住民はあらゆる手段を使って、体を張って粘り強く闘い抜いている。民主主義を破壊し、戦争の道を突き進む安倍政権を打倒しなければならない。
やめろ! 人権・環境破壊の飛行時間制限緩和
三里塚においては成田国際空港会社が第三滑走路を2030年度までに完成させ、2020年東京五輪・パラリンピックによる便数増加に対応するためだとして飛行時間(現行午前6時から午後11時まで)を1時間延長するという計画を打ち出した。1月、夏目誠空港会社社長は、「第3滑走路建設など成田空港のさらなる機能強化について地域の思いをしっかりと胸に刻み、全力で取り組みたい。A滑走路の夜間飛行時間制限緩和もできるだけ早く実施したい」と語った。夏目は昨年より、飛行時間の延長を1年前倒しで19年の冬ダイヤ(10月27日から)実施したいとしていた。
これについては2月4日の四者協議会(国・千葉県・空港会社・周辺自治体)において合意された。しかし、騒音被害を実際に受ける飛行ルート直下の芝山町・横芝光町住民はあくまで飛行時間の延長を認めることができないと反対している。横芝町住民は「空港騒音断固反対」「わたしたちの静かな生活環境をこわすな」などの看板を掲げ、抗議や不安を強く表明している。
空港会社は滑走路建設などの用地確保に向けて地元で移転、土地買収の動きを進め、空港会社は現時点で地権者の大多数の同意を得たと発表している。
用地買収については移転補償や地域振興策などの問題が山積し、飛行時間延長の問題同様、地域の住民の意志と目先の利益のみを優先させる行政の思惑との間には対立があり、空港会社の住民の意志を無視した進め方には懐疑と反発の声が上がっている。
3月末には横芝光町の水田で航空機の金属プレートが発見された。飛行直下の住民は騒音被害と共にこうした落下物の危険にもさらされることになる。
住民の生活を破壊し、不安を増大させる第3滑走路建設、飛行時間延長に反対していこう。用地内東峰・天神峰の住民追い出し、農地強奪を許さず、連帯して闘おう!(2019.5.20)
一坪共有地運動に敵対する所有者不明土地の登記・管理適正化法
5月17日、参院で「表題部所有者不明土地の登記・管理適正化法」が成立しました。この法は、所有者不明土地((1)不動産登記だけで所有者が判明しないか連絡がつかない土地�え廊�相続手続きをせず、相続登記をしていない土地)を売却可能にする悪法です。例えば、一坪共有者が死亡し、相続手続きをしていない一坪共有地は、この法の適用対象となります。法務局は、所有者が特定できないと認定し、裁判所が選任した管理者による売却が可能となり、売却した代金は供託にするのです。法務省は、この法に加えて、来年には売却がやりやすいように(1)相続登記を義務化し、期限内に手続きをしていない土地は売却可能�え廊�土地所有権の放棄確認の緩和の立法化もねらっています。現在行われている一坪共有地の一般社団法人三里塚大地共有運動の会への登記移転がますます重要な取り組みとなってきます。ぜひ御協力ください。 詳細は三里塚大地共有運動の会ブログを参照してください。https://kyouyu-undou-no-kai.blogspot.com/


『二重被爆』調布特別上映&朗読会 2019

2019年7月14日

7月14日(日)13:00開場 13:30開演
7月20日(土)18:00開場 18:30開演
『二重被爆』上映&『ヒロシマの歌』『二重被爆の姉と弟』朗読
出演 松﨑謙二 本郷弦 高橋星音 島田仁 朝日望
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場:調布市文化会館たづくり映像シアター  定員100名!!!
会費¥1000円 中学生以下無料
プロデュース:松崎謙二
連絡:タキオンジャパン(稲塚)TEL090-3576-6644


徹底検証!ナルヒト天皇制

2019年7月15日

7月15日(月・休)13:15開場 13:30開始
会場:文京区民センター
参加費
主催:終りにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク
連絡TEL090-3438-0263


2019「いのくら」基地部会・総合分科会 相模保給廠って、どんな基地? フィールドワークとスライド上映

2019年7月15日

7月15日(月)
フィールドワーク13:00~14:00
集合:JR相模原駅改札口
スライド上映14:30~16:00
会場:ソレイユさがみ・セミナールーム2
参加費
(報告)沢田政司(相模原保給廠監視団)
主催:県民のいのちとくらしを守る共同行動委員会
連絡TEL045-231-1180


映画『ルイズその旅立ち』上映会

2019年7月16日

7月16日(火)18:30開場 19:10~20:50 大杉豊さんのお話21:00~21:30
会場:豊洲シビックセンターホール
料金:前売¥1200 当日¥1500
主催:きっかけとなる映画を上映する会
連絡TEL03-5974-1333(東京琉球館)


教育の国家支配はゴメンダ!全国から集う!全国で闘おう!『第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会』

2019年7月21日

7月21日(土)10:30~17:00 ※集会後:銀座デモ ※翌7月22日(月)文科省交渉(詳細は21日に)
会場:日比谷図書文化館 コンベンションホール(旧日比谷図書館地階)東京都千代田区日比谷公園1-4 千代田区立日比谷図書文化館 B1F
資料代¥500
(講演)世取山洋介(新潟大学准教授・教育法学会事務局長)『日の丸・君が代』と子どもの良心形成」/全国各地からの闘いの報告
主催:第9回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会実行委員会
連絡TEL090-7015-3344(永井)


ストーンウオールの蜂起50周年 知らなければいけない ゲイプライドの原点!

2019年7月21日

7月21日(日)13:00開場 13:30スタート
会場:AMARANTHラウンジ(渋谷区猿楽町2-5佐藤エステートビル3号館 5F)
参加費¥2500(1D付き)
主催:


芸術と憲法を考える連続講座

2019年7月24日

第19回7月24日(水)18:30~
永田浩三「ヒロシマを伝える意味」
第20回8月28日(水)18:30~
浜田桂子/田島征三「『花ばぁば』日・中・韓平和絵本12人の画家たちの微笑みと涙」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場:東京藝術大学 上野キャンパス 音楽学部5号館 109教室
入場無料
主催:東京藝術大学 音楽学部 学理科 共催:自由と平和のための東京藝術大学有志の会
連絡e-mail kenpou.geidai@gmail.com(川崎)


原発賠償シンポジム 原発ADRの現状、中間指針の改定、時効延長の必要性について

2019年7月27日

7月27日(土)13:00開場 13:30~17:00
会場:日本弁護士連合会 弁護士会館 2階講堂クレオ
参加費無料
主催:日本弁護士連合会
連絡TEL03-3580-9910


IZUMICHAN NIGHT#18 ついにくたばった GID概念

2019年7月27日

7月27日(土)17:30開場 18:00開演 21:30終演
会場:高円寺パンディット
料金:前売¥1500 当日¥2000
主催:高円寺パンディット
連絡TEL090-2588-9905


第16回永山子ども基金チャリティートーク&コンサート Nから子どもたちへ

2019年7月27日

7月27日(土) 13:30-(開場12:30) ※軽食・物販スペースは12:00オープン
会場:日本基督教団 西片町教会 (東京都文京区西片町2-18-18)
入場料:前売¥2,500/当日¥3,000/13歳-18歳¥1,500/12歳以下無料
1997年8月1日に処刑された永山則夫は、死刑執行の直前「本の印税を日本と世界の貧しい子どもたちへ、特にペルーの貧しい子どもたちに使ってほしい」と遺言を残しました。
「永山子ども基金」は彼の遺言を実行するために、死刑制度、貧困、少年犯罪、児童労働などの問題を多くの人と考えるためのトーク&コンサートを開催。永山則夫の印税約1千万円は、毎年ペルーの働く子どもたちに送り続けるとともに、教育プロジェクトや活動資金、また、チャリティコンサートの収益金も、奨学基金として活用されています。こうした活動の一環として、チャリティトークとコンサートを行います。当日は、ペルーで働く子どもたちのドキュメンタリー映画「ペルーの働く子どもたち物語 VOL.11」の上映もあります。お誘いあわせの上、ぜひ、ご参加ください。
(プログラム)「東京弁護士会人権賞」受賞記念対談:被害と加害の狭間で考える命 片山 徒有(被害者と司法を考える会代表)/大谷 恭子(永山子ども基金代表)/ 演奏:友川カズキ コンサート/ 朗読:絵本『パチャママの とりかえっこ』/ 映画:『ペルーの働く子どもたち物語vol.11』
主催:永山子ども基金 共催:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本、NPO法人東京シューレ、神奈川シティユニオン、パチャママ基金、NPOクシ・プンク協会 協力:ピースボート
連絡E-mail:yhbruce@gmail.com


淵上太郎・正清太一を偲ぶ集い

2019年7月27日

7月27日(土)第一部 14:00~ 第二部~20:00まで
会場:YMCAアジア青少年センター
会費¥4000円(ただし一部のみは¥1000。二部のみ¥3000)
主催:経産省前テントひろば


2019年度文化センター・アリラン連続講座

2019年7月27日

第3回7月27日(土)14:00~16:30
趙慶喜「帰還と移住のあいだ 韓国在在在日朝鮮人の現在」
第4回9月21日(土)14:00~16:30
金浩「見たいものしか見えないー記憶されない人々」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場:文化センター・アリラン閲覧室(〒169-0072 東京都新宿区大久保1-12-1 第二韓国広場ビル8F・1Fがファミリーマート、7FがNPO法人高麗博物館)
参加費:各回¥1000 定員50名 予約制
主催:文化センター・アリラン
連絡TEL03-5272-5141


希望と勇気!レイバー映画祭2019

2019年8月3日

8月3日(土)10.00~16.50(開場9.30)
会場:東京・田町交通ビル6階ホール
参加費:一般当日¥1700 前売・予約¥1500 失業者・障害者(一律)¥1000 学生・20歳以下 無料
<プログラム>9.30 開場 10.00「ストライキ前夜」(韓国・106分)/11.50 休憩40分/12.35「外国人収容所の闇~クルドの人々は今」(40分)/13.20「植民地支配に抗って~3.1朝鮮独立運動」(25分)/13.50 ショートプログラム~世界から日本から(60分)/「ユニクロ払え!~インドネシア縫製労働者」/「フランス・黄色いベスト運動」/「沖縄・宮古島ではいま」/「自販機ユニオンのストライキ」/「ユナイテッド乗務員のたたかい」/「連帯が来なければよかったのに・・」/14.50 休憩10分/15.00「アリ地獄天国」(98分)/16.50 終了
*終了後、ビル裏の公園にて二次会/各作品上映後に制作者・関係者のミニトークあり。/会場内でのフード販売はありません。/プログラムは変更することがあります。HPでご確認ください。/全作品をご覧になれます。出入り自由。
主催:レイバーネット日本
連絡・予約:TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578 ネット予約 http://labornetjp.jimdo.com レイバーネットHP http://www.labornetjp.org


トモダチ・ユニット特別公演『悲しみの星条旗』

2019年8月9日

8月9日(金)18:30開場 19:00開演
会場:ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(横須賀芸術劇場 小劇場)
入場料:大人¥2000 学生¥1000
主催:トモダチ・ユニット
連絡E-mail unitomodachi@gmail.com


2019 第4回むさしの平和のための戦争展 抵抗の文学と吉祥寺文化村

2019年8月10日

8月10日(土)講演13:30~16:30
会場:武蔵野プレイス4階 フォーラム全面
資料代¥700
(講演)島村 輝「中央線沿線のプロレタリア作家たち」
8月10日(土)映画上映17:30~21:30
会場:武蔵野プレイス4階 フォーラム全面
入場料¥1000
「蟹工船」/「人間の骨」
8月11日(日)講演17:00~19:00
会場:武蔵野プレイス4階 フォーラム全面
資料代¥700
萩野富士夫「よみがえる戦時体制ー治安体制の歴史と現在」
主催:「むさしの平和のための戦争展」実行委員会
連絡TEL080-3157-1858(鳥居)


第3回『言っとくけど、俺の自由はヤツラにゃやらねえ!ロック・フェスティバル』イットクフェス2019!!

2019年9月22日

2019年9月22日(日)11:00~20:00(雨天順延)
場所:国会議事堂周辺
主催:イットクフェス実行委員会
連絡E-mail chikarasongs@hotmail.com


たんぽぽ舎30周年記念の集い 講演と懇親会

2019年9月22日

9月22日(日A)
第1部記念講演13:15開場 13:30開会
会場:ベルサール神保町3F
資料代¥当日¥1200 前売¥1000
第2部懇親会17:30~19:30
会場:スペースたんぽぽ(ダイナミックビル4F)
懇親会費¥3500
*第1部、第2部共に参加費:当日¥4200 前売¥4000
主催:たんぽぽ舎
連絡TEL03-3238-9035


パレスチナ国際連帯フェスティバル グレートリターンマーチ

2019年10月28日

10月28日(月)19:00開演~
会場:なかのZERO大ホール
チケット:前売¥3000 当日¥3500
NC GAZA from Palestine/渋さ知らズオーケストラ 他
大阪~10月30日(水)19:00~
会場:高槻現代劇場大ホール
福岡~11月1日(金)19:00~
会場:アーリービリーバーズ
沖縄~那覇・辺野古(予定)11月3日(日)・4日(月・休)
会場:未定
主催:10.28国際連帯フェスティバル実行員会
連絡TEL03-3591-1301(救援連絡センター内)