アジア太平洋戦争開戦80年 第12回企画展 参謀本部と登戸研究所による対中国謀略

2021年11月17日

11月17日(木)~2022年3月26日(土)10:00~16:00
会場:明治大学平和教育登戸研究所資料館 &オンライン
入場無料
主催:明治大学平和教育登戸研究所資料館
連絡


高麗博物館開館20周年記念企画展 共生社会の実現をめざして

2022年1月22日

(1)2022年1月22日(土)14:00~16:00
講師:宋富子「一人芝居」のビデオと講演
(2)2月19日(土)14:00~16+:00
講師:五十嵐彰「返還する」とはどういうことなのか?
(3)3月5日(土)14:00~16:00
講師:除京植「在日韓国・朝鮮人の昨日・今日・そして明日」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場:高麗博物館
参加費@¥1000
主催:高麗博物館
連絡


シビル市民講座第41回 コロナの時代の、植民地主義再考

2022年1月23日


第2回「世界をゆるがすブラック・ライヴズ・マター運動の歴史的な射程」
2022年1月23日(日)
第3回「「百年の記憶」をどう継承するかー関東第震災と朝鮮人虐殺」
2月27日(日)
第4回「「戦地」で感染症蔓延のために力を尽くした医学者たちー七三一部隊」
3月27日(日)
第5回「「先住民族」はいかにつくられたかー植民地主義の原点へ」
4月24日(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
13:30~16:30
会場:柴中会公会堂 定員25名
受講料@¥1000
講師:太田昌国
主催:社団法人シビル
連絡TEL042-524-9014


連続講座 あらためて障害者総合福祉法の制定を求める!!

2022年1月27日

第1回1月27日(木)18:00~20:00
講演「障害者総合支援法の改正で「骨格提言」の実践を・・」佐藤久夫
第2回2月28日(月)18:00~20:00
当時者・団体からの訴え
第3回3月15日(火)18:00~20:00
パネルディスカッション
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オンライン
1講座¥1500 3回¥4000
主催:NPO日本障害者協議会(JD)
連絡TEL03-5287-2346


講演「憲法と私たち」

2022年1月29日

2022年1月29日(土)14:00~
会場:東京芸術センター21階 天空劇場
資料代¥500
講師:伊藤真
主催:「千住九条の会」「九条の碑」を建立する会
連絡TEL090-6953-7144(中田)


オンラインイベント 記者が今伝えたいミャンマー

2022年1月29日

1月29日(土)14:00~15:30
形態:Zoom 応募条件:高校生~大学院生(高専·専門学生も含む)/応募締め切り: 1/28(金) 23:59
参加費:無料
講師:北川成史さん(東京新聞記者)
スケジュール:〈第1部〉14:00-14:10 挨拶と団体説明14:10-14:15  登壇者ご紹介
〈第2部〉14:15-15:05 北川さんによるご講演15:05-15:15 質疑応答
〈第3部〉15:15-15:25 閉会
主催:日本ミャンマー学生会議(IDFC)
参加お申し込みは以下のリンクより、Googleフォームにご記入ください。
https://forms.gle/F7k3nFfGyc361adu8


新ちょぼゼミシリーズ 日本の感染症対策と731部隊

2022年1月29日

1月29日(土)13:00開場 13:30~17:00
会場:スペースたんぽぽ
参加費¥800
講師:加藤哲郎
主催:たんぽぽ舎
連絡TEL03-3238-9035


辺野古埋め立て不承認支持! 辺野古埋め立て不承認支持!新宿デモ 

2022年1月29日

1月29日(土)13:00~ 14:00~ 新宿駅周辺デモで街行く人に宣伝・訴え
場所:新宿アルタ前集合
内容:・大アピール行動!!
呼びかけ:辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会


フクシマを思うシリーズ30 私が原発を止めた理由

2022年1月29日

1月29日(土)14:00開場 14:30開演
会場:武蔵野公会堂パープルホール 定員150名 事前申込
参加費¥2000
主催:フクシマを思う実行委員会
連絡TEL090-2474-7911


オンライン講演会 《「2度の難民」となった私の体験 ーミャンマーの今を知るためにー》

2022年1月29日

1月29日(土)14:00~16:00
オンライン
参加費:500円
主催:日本ジャーナリスト会議
コメンテーター:ジャーナリスト・竹内幸史月刊『国際開発ジャーナル』編集委員)/司会・進行:水野孝昭(神田外語大学教授)
参加ご希望の方は以下Peatixを通じてお申込み下さい。
https://jiyujinken.peatix.com/…
ソー・ティ・ナイン(Soe Tint Nain)さん
ソー・ティ・ナインさんは1988 年の民主化運動に参加後、タイを経て来日し、難民認定を得た。
ミャンマーの民政移管に伴い、2012 年に帰国。日本とミャンマーの橋渡しを志し、JICA や日系企業の通訳・翻訳をしながら活動を広げてきた。
しかし、2021年2月1日の軍事クーデター後、身の安全が脅かされ、2021年10月、再び難民として来日した。その体験を踏まえ、
日本の人々にミャンマー情勢を報告し、悲願である民主化の重要性を訴える。


アクティビストのための調査入門講座:フェミニスト視点で社会を変える知を創る(全8回)

2022年1月29日


【第四回】1月29日 (土)19:30ー21:30 熱田敬子「アクションリサーチのためのフィールドワーク」
【第五回】2月12日(土)10:30ー12:30 梁・永山聡子「公文書調査の方法と課題」
【第六回】2月26日(土)10:30ー12:30 板倉由実・さくら国際法律事務所(弁護士)「情報社会における差別とバックラッシュー法律でできることー情報公開請求の豆知識」
【第七回】3月12日(土)15:00ー17:00 鍾剣華・香港民意研究所「変転する香港での民意調査」
【第八回】3月26日(土)10:30ー12:30 まとめ
差別を止めたいですか? 社会を変えたいでしょうか?
それならば、まず、社会の姿を明らかにしなければなりません。
国境なき記者団が発表する報道の自由ランキングで、日本は2010年には11位という高い評価を得ていましたが、現在は67位。「顕著な問題」があるレベルだと指摘されています。
誰が賛成しているのかわからないオリンピックが強行され、国家統計に関する不正が横行し、Covid-19についての統計情報が極めて曖昧な形でしか発表されない……ならば、自分で問題を明らかにするしかないのです。
そして、フェミニストにとって、差別を解消したいと願う人たちにとって、調査は重要です。差別を煽る人たちは、しばしば故意に、あるいは誤認によって誤った情報を流します。それに惑わされず、誤りの証拠と正しい情報を見つけ、情報の意味を分析し、効果的に社会に伝えなければ差別を止めることはできません。
記事を書くこと、運動の方針を決めること、他者に働きかけること……全ての基礎になるのは情報です。
本講座では、スタンダードなインタビュー、アンケートから最新のインターネット調査まで、社会を変える知を手に入れる方法を、ダイジェストで学びます。
主催:ふぇみ・ゼミ~ジェンダーと多様性をつなぐフェミニズム自主ゼミナール
Eメール femizemi2017@gmail.com
お申込み・詳細はコチラ https://chousa.peatix.com/view


市民企画講座 講演会「あきる野の空と日米地位協定」

2022年1月30日

2022年1月30日(日)13:30~ 定員70人 事前申込制
会場:あきる野中央公民館 第6/7研修室
資料代¥300
講師:布施裕仁
主催:オスプレイいやだ!あきる野&日の出市民上映会
連絡TEL042-697-2563(上村)


ミャンマー応援フェスティバルin青葉公園

2022年1月30日

1月30日(日)11:00~15:00
場所:青葉公園(〒420-0031 静岡県静岡市葵区呉服町2地先)
主催:ミャンマーの明日を考える会
連絡TEL090-9923-9258(長沼)


【online】Stop Burning Our Rights: Interactive and Participatory Youth Workshop on Climate Change and Human Rights! /気候変動と人権に関するインタラクティブで参加型のワークショップ

2022年1月30日

1月30日(日)Sunday, 30 January 2022 11:00-17:00 (with breaks + time for networking)
Place/開催方法Zoom
Free of charge/無料
Who/対象 Anyone between the age of 16-25 interested in the issue of climate change and human rights.This workshop will be held in English. We recommend that participants have at least a conversational level of English. Please contact us if you are unsure if your English level is commensurate with this standard.
人権と気候変動に興味があり、楽しく学びたい16歳~25歳の方。英語レベル:TOEICスコア650~800(目安) ※英語のレベルについて不安な方は、お気軽にお問い合わせください。
Number of participants/定員Maximum of 30 people/30人まで
Language/使用言語English/英語
Organizer/主催This event is brought to you by our various English-speaking Amnesty volunteer groups throughout the country! Click below to find more about us:
Register/お申し込みPlease register for the workshop through the form below:
下記のフォームからお申し込みください。
> https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=Kfjbwo03wUS0ehwEOSTd8_5vvoWea2NOvPGxlXla4cVUNjY5UFBIWTc1S0NLMFVDNEI5TUpXSjVRTi4u
Please also set up an Edmodo account in order to participate in any of our pre- and post learning activities. Edmodo is an interactive learning platform, where you will find videos, quizzes and other learning materials that will help you to pre-learn material in advance, share your expectations for this workshop and introduce yourself to other participants. You can create an account either at www.edmodo.com or by downloading the app on your mobile device.
ワークショップのご参加の為にオンライン・ラーニング・プラットフォームのEdmodoのアカウントが必要です。アカウント登録はwww.edmodo.com または公式アプリでできます。
Note/注意事項After registering, you will receive an email from us whether your participation for this workshop has been approved. This should come a couple of days after you registered.Looking forward to seeing you!
登録後、このワークショップへの参加が承認されたかどうかをメールでお知らせします。これは、登録してから数日後に送信する予定です。
このイベントはアムネスティの英語ボランティアグループが主催しています。もっと知りたい、参加したい方はぜひ以下まで。
※このワークショップは全て英語で行います(日本語は下部に記載しています)。
Heatwaves in Canada, bushfires in Australia, floods in Germany, super typhoons in Japan – the impacts of anthropogenic climate change are getting more extreme and more dangerous. As human civilization is facing its greatest challenge and with science being unequivocal on this matter for a long time, most nations have not acted with a commensurate sense of urgency to avoid inevitable catastrophe. Our generation is the last one that can effectively mitigate further dangerous climate change and protect the rights of all living on this planet. Join us to learn more about the climate crisis, how it connects to human rights and what we all can do to make a difference!
In this workshop, you will learn:
Why the climate crisis is happening and the results and consequences of its impacts
What human rights are, why they matter to all of us, who is most vulnerable, who is most responsible, and how the climate crisis is threatening those rights
How to effectively communicate to your peers and other change makers about the relationship between the climate crisis and human rights and take action to enact the change we all want to see
This workshop will be interactive and participatory, meaning it won’t be one of those boring one-way lectures. Instead, you will be able to actively learn from your peers as well as your teachers.
We welcome all to provide their opinions and suggestions about how we can better organize the workshop. Furthermore, you will also receive a certificate verifying your participation! There will be subsequent projects and activities following this workshop of which we hope will lead to you becoming part of one of our action groups.
カナダの熱波、オーストラリアの山火事、ドイツの洪水、日本の超大型台風 – 人為的な気候変動の影響は、ますます極端に、危険になっています。人類の文明が最大の難問に直面しているにも関わらず、また、この問題に関して科学が長い間明白であったにも関わらず、ほとんどの国の政府は十分な対策を取っていません。私たちの世代は、すべての人の権利を保護することができる最後の世代です。気候危機、それが人権にどのように関係しているか、そして私たちは何ができるのかについて考えるワークショップの参加しませんか。
この勉強会で学べること:
気候危機が起こっている理由とその影響
人権とは何か、私たち全員にとって人権が重要である理由、最も脆弱な人、最も責任のある人、そして気候危機がそれらの権利をどのように脅かしているのか
気候危機と人権との関係について仲間や他の変革者と効果的にコミュニケーションを取り、私たちが望んでいる変革を実現するために行動を起こす方法


選挙が変れば政治も変わる!とりプロのオンライン選挙座談会VOL9 障がい者の参政権保障

2022年1月30日

1月30日(日)14:00~16:30
オンライン
参加無料
主催:とりプロ(公正・平等な選挙改革にとりくむプロジェクト)


9条地球憲章の会 第24回公開研究会

2022年1月30日

1月30日(日)10:00~12:00
ZOOMオンライン
参加無料 事前申込
講演:宮本ゆき「核保有国・米国から見た核兵器、戦争、暴力の連鎖」
主催:9条地球憲章の会
連絡


健康の権利とジェンダーを歴史的に考えるセミナー

2022年1月30日

1月30日(日)10:30~12:00
ZOOMオンライン
参加費:会員¥800/一般¥1200
講師:木村哲也「感染症と保健師ーハンセン病隔離行政と保健師活動を事例に」
主催:NPOアジア女性資料センター
連絡TEL03-3780-5245


第33回学習会 シリーズ731部隊の細菌戦<第1回目 1940年 農安細菌戦>

2022年1月31日

1月31日(月)18:10~
会場:港区立商工会館 3階研修室
資料代¥500
講師:奈須重雄
主催:NPO731部隊・細菌戦資料センター


ミャンマーと日本の若者、国会議員による院内集会

2022年1月31日

1月31日(月)14:00~16:00
YouTubeライブ配信 *会場参加は関係者のみ。
主催:ミャンマーの民主化を支援する議員連盟、1/31ミャンマー緊急院内集会実行委員会
<第一部> 日本政府への行動要請
クーデターから1年を振り返る写真・映像・現地の声(カヤー(カレンニー)州出身の若者)。
声明・署名の手交。
(1) We For All/ミャンマーの人々を応援する有志の会ほか:NUG承認を求める署名
(2) メコン・ウォッチ:国軍の資金源を断て署名
(3) 国際協力NGOセンター(JANIC):日本政府への提言と声明
(4) ミャンマーの民主化を支援する議員連盟:日本政府への提言と声明
外務省からのコメント、参加者との質疑応答
<第二部>パネルディスカッション
「ミャンマーの民主体制を取り戻すために日本政府は何をすべきか?」
パネリスト:
根本敬氏(上智大学総合グローバル学部教授)
北角裕樹氏(フリージャーナリスト)
キンゼッヤーミン氏(International Society of Myanmar Scholars and Professionals代表)
マイチン氏(Chin Youth Organization of Japan(CYO-Japan)幹部)
司会:石橋みちひろ参議院議員


FIGHT for JUSTIS 日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任 第Ⅰ期いちからわかる日本軍「慰安婦」問題

2022年1月31日


(2)2022年1月31日20:00~21:30
「世界史のなかの日本軍「慰安婦」制度」林博史
(3)3月7日20:00~21:30
特別編「若者が考える日本軍「慰安婦」問題と「日韓関係」

(4)5月9日20:00~21:30
「日本軍「慰安婦」問題解決運動の歴史」金富子
(5)7月4日(月)20:00~21:30
「「平和の少女像」はなぜ座り続けるのか」岡本有佳
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ZOOMウエビナー
参加費:各回一般¥1000 5回セット¥4500
主催:FIGHT for JUSTIS


GMSR NEVER BE RULED BY JUNTA

2022年2月1日

2月1日 (火)12:30集合 13:00~14:30
場所:外務省の前/千代田線 A8/丸の内線 A4/ 日比谷線A4
主催:Grobal Myanmar Spring Revolution
https://www.facebook.com/Global-Myanmar-Spring-Revolution-Japan-100974218893108/
2月1日にミャンマーの国軍が不正な手段で市民政府から国家の権力を略奪してもうすぐ1年。
ミャンマー国民の一年間抵抗し続けてきていることへの敬意と今まで心強く応援してくださった皆様への感謝の気持ちを表すため、
クーデターからちょうど1年にあたる2月1日に、GMSRによる呼びかけの活動が行なわれる予定です。
そのため、在日ミャンマー人や在日ミャンマー人組織が、外務省前に集結して呼びかけが行われます。
同日にはミャンマー国内でも、大規模なサイレントデモが行われる予定です。ミャンマーの情勢にご関心のある皆様、ぜひお力をお寄せ下さい。


再審法改正を求める院内集会

2022年2月2日

2月2日(水)12:00~14:00
会場:衆議院第一議員会館大会議室からZOOMオンライン
参加費
主催:日本弁護士連合会
連絡TEL03-3580-9954


9条改憲の流れを絶て!自民党改憲を許さないキックオフ院内集会

2022年2月3日

2月3日(木)18:00~
会場:衆議院第1議員会館大会議室+オンライン
参加費¥500
主催:改憲問題対策法律家6団体連絡会
連絡TEL03-5356-5430


~知る・繋がる~ミャンマー連続講座 第4回 ミャンマー仏教の魅力 戒律と瞑想の世界

2022年2月4日

2月4日(金)19:30~20:30
オンライン
参加費無料 要予約
スピーカー:川本佳苗
主催:特定非営利活動法人パルシック


辺野古・県民大行動に呼応する新宿スタンディング

2022年2月5日

2月5日(土)11:00~12:00
場所:JR新宿駅南口
呼びかけ:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
連絡TEL090-3910-4140


講演会「日本国憲法の現代的意義」

2022年2月5日

2月5日(土)13:30~15:30
会場:横浜市立大学カメリアホール
資料代¥800
講師:清水雅彦
主催:清水雅彦講演会金沢区実行委員会
連絡TEL090-4028-2187(田村)


震災・原発避難者はいま Part17 「あの日の福島、その後の福島」

2022年2月5日

2月5日(土)10:00~12:30
会場:練馬区立区民・産業プラザ(ココネリ)3階 研修室1
参加費¥500
講演:吉田千亜
主催:NPO福島こども保養プロジェクト@練馬
連絡TEL090-1252-3180(宮下)


オンライン市民集会 「民主主義」って何?

2022年2月5日

2月5日(土)14:00~16:00
ZOOMオンライン
参加費無料
講師:宇野重規
主催:京都弁護士会
連絡TEL075-231-2337


2・5「北方領土の日」廃止!アイヌ民族連帯!関東集会

2022年2月5日

2月5日(土)18:00~
会場:渋谷区立勤労福祉会館・第2洋室(渋谷区神南1-19-8)
資料代:1000円
ビデオ上映「アイヌらしく 人間らしく~北海道150年 家族の肖像~」
講師:葛野次雄(葛野辰次郎のアェイヌ精神文化に学ぶ会会長)
主催:「北方領土の日」反対!「アイヌ新法」実現!全国実行委員会(ピリカ全国実)・関東グループ 03-3446-9058
協賛:東大のアイヌ民族遺骨を返還させる会


映画『夜明け前のうた 消された沖縄の障害者』

2022年2月5日

2月5日(土)12:30開場 13:125上映 15:00~言論フォーラム
会場:ルネこだいら(小平市民文化会館/レセプションホール)
入場無料
主催:監督原義和/新日本映画社
連絡TEL03-3496-4871


2・6総決起集会~改憲情勢下での教育の国家支配と闘おう!~

2022年2月6日

2022年2月6日(日)13:15開場 13:30開始
会場:東京しごとセンター・地下講堂(〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3丁目10-3)
資料代:500円
主催:都教委包囲首都圏ネットワーク http://houinet.blogspot.jp/
講演「戦争へ向かう時代と教育現場での闘い」髙嶋伸欣(琉球大学教授・横浜教科書裁判原告・五輪読本裁判原告)/現場からの報告


第63回憲法を考える映画の会 映画『標的』上映会

2022年2月6日

2月6日(日)《東京地区初上映です!》(午前の部)10:00~(午後の部)13:30~(入れ替え制)
会場:文京区民センター3A会議室
一般:1000円 若者:500円
プログラム:午前の部 9:30開場 10:00映画『標的』(99分)休憩 11:50 トークシェア (西嶋真司監督)
午後の部 13:00開場 13:30映画『標的』(99分)休憩 15:30 トークシェア(植村隆)
主催:憲法を考える映画の会 〒185-0024  東京都国分寺市泉町3-5-6-303
連絡TEL:042-406-0502 E-mail : hanasaki33@me.com


ミャンマーの日常と非日常 亀山仁&photographers 写真展&パネル展示

2022年2月6日

2月6日(日)~19日(土)10:30~21:00
会場:5 STAR MYANMAR(カフェ&レストラン(埼玉県新座市中野1-210-20 TEL048-424-7733
主催:亀山仁/Spring Revolution in Myanmar/5 STAR MYANMAR


差別の哲学入門』刊行記念企画 日常にある差別や偏見をどのように考えればいいのかに応える「差別の哲学入門」を著者と読み解く講座

2022年2月6日

テキスト/『差別の哲学入門』池田喬・堀田義太郎【著】(アルパカ/2021年12月)全国書店・Amazon等で発売中
視聴方法:ZOOMを使用
参加費:3回連続申し込み(割安/先着40名)3000円/本書と3回連続申し込み(更に割安+本送料無料/先着30名)5000円/各回申し込み(定員になり次第締め切り)1500円/1回
主催:デモクラシー・ラボ/運営協力:アルパカ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第2回:「第2章 差別はなぜ悪いのか」を読み解く
2022年2月26日(土)14:00~16:00
講師:池田 喬・堀田義太郎(著者)/進行:八尾浩幸(デモクラシー・ラボ)
内容:差別はなぜ悪いのかという問いに対し、差別の悪質さを考えるときの代表的な見解と言える四つの説を紹介します。こうした考え方を吟味し、それぞれの考え方のあいだの違いや、それぞれの考え方の重なりを確認するのは重要です。四つの説を説明し、考え方のポイントをわかりやすく説明します。
第3回:「第3章 差別はなぜなくならないのか」を読み解く
2022年3月19日(土)14:00~16:00
日常では差別や偏見が起きていますが、「これは差別なんだろうか?」と判断がつかなかったり、あるいはどう考えれば、どうすればいいのかと思い悩んだりしたことはありませんか。
本講座では、日常で起きている差別・偏見についていったいどのように考え、どのようにしていけばいいのかについて書かれた『差別の哲学入門』の著者が本書の読み方や大事な視点、ポイントをわかりやすく説明してくれます。
世界では盛んになってきた差別の哲学ですが、日本ではこれまで紹介されてきませんでした。悪質な差別をあたかも問題のない単なる区別かのように偽装せず、同時に、何でもかんでも差別と呼ぶような言葉のインフレに陥らないようにするために、「差別とはどういうものか」「差別はなぜ悪いのか」「差別はなぜなくならないのか」の3つの問いを通して、哲学的に差別について考える講座です。奮ってご参加ください。
質疑応答の時間もとってありますので、できるだけ本をお読みになって、わからないところなど著者に直接聞けますので、ぜひこの機会をご活用ください。
なお、早期であればかなり割安になるコースもありますのでお早目に申し込みください。
*この講座では、本書を持参してご参加ください。入手していない方は、イベント申込と同時に本サイトからもご注文できます。


ルネサンス研究所2月定例研究会 「現代中国を考える――農民工・労働運動」

2022年2月8日

2月8日(火)18:30開始(3時間弱)
オンライン
資料代:500円
報告者:稲垣豊(ATTAC首都圏)
主催:ルネサンス研究所
連絡:renaissanceinstitutetokyo@yahoo.co.jp
「参加希望」のメールをお送りください。こちらからの確認メールで資料代の払い方をご案内します
この研究会が開催される頃には北京オリンピック(冬季)が開催されているはずです(2022年2月4日~20日)。この間のオリンピック開催国を見ていると、OECD加盟国(いわゆる先進国)かBRICs諸国に限られており、事実上、経済大国しか開催できないようになっています。さらに、現代中国は急速な経済成長に伴う様々な矛盾に直面しています。それは農民工問題であり、労働運動の激発であり、新疆ウイグル自治区に代表されるような少数民族問題です。台湾や香港との関係で米国との緊張関係を高めるなど、米中二極構造に移行した世界情勢にとっても中国の動きは目が離せません。
今回ルネサンス研究所は、ATTAC・JAPAN(アタック、Association pour la Taxation des Transactions pour l’Aide aux Citoyens「市民を支援するために金融取引への課税を求めるアソシエーション」)その他で活動をされている稲垣豊さんを招いてお話を伺います。
コロナ禍から一足さきに抜け出したかの勢いをみせる中国。世界第二位の経済大国となり、1921年の建党から100年を迎えた中国共産党の一党支配体制のもと、今年2月には五輪史上初めて夏冬の大会を同一ホストシティの北京で開催し、秋には五年に一度の党大会が予定されるなど、まさに祝賀ムード一色の「祝賀資本主義」を突き進む中国。外交的には米中対立を軸に「大国」から「強国」へと進んでいるかのようです。しかし「盛世中華」(パックス・シニカ)という旺盛な経済活動を支える中国国内の労働者の状況は、いまも厳しい状況にあると言われています。中国で報じられた近年のいくつかのトピックスをヒントに、搾取も抑圧もないもう一つの東アジアを展望できればと思います。(稲垣豊 ATTAC首都圏)


第11回死刑映画週間 免田栄さんを知っていますか?

2022年2月12日

2月12日(土)~2月18日(金)11:00~
映画館:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS3F)
料金¥一般¥1500 大学・専門学生¥1300
主催:ユーロスペース
連絡TEL03-3461-0211


JAL争議の全面解決をめざす東京集会

2022年2月16日

2月16日(水)18:30開会
会場:文京区民センター3A
参加費
主催:JAL争議の全面解決をめざす東京集会実行委員会
連絡TEL03-3264-2905(大久保)


原発いらない金曜行動

2022年2月18日

(1)2月18日(金)・(2)3月18日(金)・(3)4月15日(金)18:30~19:45
場所:首相官邸前
主催:「原発いらない金曜行動」実行委員会
連絡TEL090-4074-4955(久保)


戦後77年講座 ミャンマーの「昔」と「今」ー日本はミャンマーに何をしたのか?しているのか!?

2022年2月23日

2月23日(水・休)13:30~
会場:労政会館5F・展示室
カンパ
ゲスト:川口敏彦&Yさん
主催:「戦後講座」
連絡TEL080-6912-3623(山河)


気候危機打開2.26シンポジウム

2022年2月26日

2月26日(土)13:30~16:00
会場:建設プラザ2Fホール &ZOOM
参加費
主催:神奈川労連「気候危機打開2.26シンポジウム実行委員会
連絡TEL045-212-5855


小金井上映会「傍観者あるいは偶然のテロリスト」

2022年2月26日

2月26日(土)16:30開場 17:00上映
会場:萌え木ホール(小金井市商工会館3F)定員43名
参加費¥500
主催:小金井平和ネット
連絡TEL042-387-1662(佐藤)


たんぽぽ舎33周年の集い 総会と記念講演会

2022年2月26日

2月26日(土)13:00~第1部総会 14:40第2部記念講演
会場:日本教育会館 8階会議室
資料代¥800
講師:木原壯林/横関彩子
主催:たんぽぽ舎
連絡TEL03-3238-9035


第41回全国争議団交流会・交流集会

2022年3月6日

3月6日(日)13:00~
会場:としま区民センター
参加費
主催:争議団連絡会議/関西争議交流会/北部九州反弾圧争議団労組交流会
連絡TEL03-5577-6705


オンライン講演 優生思想とわたしたちの社会

2022年3月12日

3月12日(土)13:30~16:00
会場:あきるの市中央公民館 第6研修室・第7研修室+オンライン
参加費無料
講師:利光恵子
主催:あきる野市中央公民館
企画:優生思想を考えるあきる野・日の出市民の会


おとなのための紙芝居・春

2022年3月26日

3月26日(土)14:00~17:00
会場:ギャラリー古藤(東京都練馬区栄町9-16・武蔵大学正門斜め前)     
参加費:予約¥1500(当日¥2000・30席/障がい者・学生¥1000)          
表現者:遠山昭雄(介護紙芝居研究者)/わかち愛(花咲けシルバ組)/大西よし子(紙芝居サークル「きたきた座」)/山岡明雄(憲法寄席) 
第一部:天国へゆける紙芝居 /【善光寺お血脈ご印】(古典落語「お血脈」より)/【どんと来い 三途の川】
第二部:戦争は地獄「東京大空襲」/【三月十日のやくそく】【昔今語り】
主催:詩と朗読「たきび」の会/協力:ギャラリー古藤・おっぺ舎・くるんぱ 
問合せ・予約:takibinokai_poem@yahoo.co.jp(大島)   


高麗博物館 開館20周年記念イベント 映画「私はチョソンサラムです」

2022年4月3日

2022年4月3日(日)12:15開場 13:00開演
会場:牛込箪笥区民ホール
チケット:前売¥2000 当日¥2500
講演会:落合恵子「わたしたちの共生とは?」
主催:高麗博物館
連絡TEL03-5272-3510