【香港】激化する抗議行動と弾圧の行方 「ここで黙ったら未来はない!」 香港中文大学非常勤講師 小出 雅生さんインタビュー

 「逃亡犯条例改正案」反対デモが続いている香港。林鄭行政長官は改正案撤回を表明したが、自治と民主化を求める市民の要求は、林鄭氏の辞任・逮捕者の釈放など5大要求へと拡大している。このため、改正案撤回について市民は、「あまり …

【ぷりずむ】

 あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれた。これについては多様な論点がある▲まず、「芸術の専門職が芸術基準で作品を選ぶべきなのに、芸術監督自身が中止の判断をしたことが誤り」というもの。中止肯定 …

【香港】問われる国際連帯・行動 「団結香港工人市民・日本札幌小組」 小林 遥・宮澤 直人

「逃亡犯条例改正案」抗議から現在まで 団結香港工人市民・日本札幌小組とは?  香港と中国の民主化運動に連帯する無国籍活動家集団。小林氏は、立法会占拠闘争に連帯するため渡香、宮澤氏は空港封鎖に遭遇した。 市民運動に合流する …

【現地レポート】急速に進む軍事基地化 容認する市民意識をどう変えるか?柴田 鉄也(沖縄・関西で幅広く活動中、32歳)

宮古・石垣・与那国 平和行進 不動産バブルに 湧く市街地  日本山妙法寺の沖縄在住の若い上人のお誘いで、宮古・石垣・与那国の平和行進(7月11日~26日)に参加した。3月末、宮古島に警備部隊380人が配備され、防衛大臣が …

【日韓歴認識】日本帝国主義の朝鮮植民地支配搾取と虐殺の歴史に向き合う 編集部・松永 了二

韓国映画「金子文子と朴烈」をめぐって 隠蔽される中国人・ 朝鮮人大虐殺  今年2月、映画「金子文子と朴烈」が公開された。韓国で2017年に公開され2百数十万人を動員した。   この映画は17年、大阪アジアン映画祭でオープ …

【香港】ブルジョア的解放ではなく、 国際的左派戦線構築の道を!ウィルフレッド・チャン、メディア・レビュー・ネットワーク、出典:Dissent 2019.8.8 翻訳:渡辺義明

中国の政治・経済支配への抵抗運動 逃亡犯条例 抵抗運動  香港の逃亡犯条例改正案への抵抗運動は、中国の窓口としての重要性が薄くなった香港の位置づけを物語る。返還以降の20年間、香港は西側ネオリベラル・グローバリズムと中国 …

【食べて身になる 連載(3)】〈不食〉を実践 地球への「祈り」木澤 夏実(げいじゅつ と、ごはん スペースAKEBI)

食を通して社会を考える  「ナツミさん、取材に行きませんか。〈不食〉というのを実践してはる、村上忠政さんのところへ」―そう聞いた瞬間、わたしの知的好奇心は爆発的に上昇し、しかし同時にひと匙の不安も覚えた。〈不食〉だなんて …

【長崎・大村入管】収監者からの訴え 長期収容に抗議して ハンスト続けます ドゥラント・ホアン・カルロス

 昨年春、名古屋入管の審判部門担当が突然「仮放免許可を延長しない」の一言で、大村入国管理センター収容施設に再びぶち込まれました。再収容の理由も知らされず、仮放免申請は、すべて不許可です。入管収容施設の権限が大きすぎて、裁 …