【連載 維新批判(3)】住民切り捨ての事業民営化 密室で推し進められる都構想 大阪市民・紙芝居師 ファイター

闇の大阪都構想  私は今、不安でしょうがない。何がって? 大阪市を特別区に分割するいわゆる「大阪都構想」が決まってしまいかねない状況が、徐々に作られているからだ。  大阪都構想に賛否を問う住民投票に反対していた公明党が、 …

【国会閉幕】「桜を見る会」に見る政治の底割れ しつこく追及、逃げ切らせない   豊中市議・森友学園問題を考える会 木村 真

 「桜を見る会」をめぐる安倍や菅のバカげた言い訳を聞かされてうんざりしない人などいない。「名簿は廃棄した」、「野党の問い合わせがあった日にシュレッダーにかけたが、たまたま同じ日になっただけ」、「招待者を推薦はするが最終的 …

【1/24高知県知事選挙】自民党の圧倒的な物量の勝利 前知事のなりふり構わぬ支援 グリーン市民ネットワーク高知 外京 ゆり

現職知事の裏切り   野党共闘の奮起と限界  尾﨑正直県知事(以下尾崎)が、4選不出馬と自民党からの国政挑戦を表明したのが8月21日。国政挑戦は噂されていたが、「自民党」「高知2区から」に驚き、裏切られたと感じた。さらに …

【連載 安倍政権批判(終)野党共闘】「権力の私物化」許さない ダイナミックな野党共闘を ミナセン尼崎 弘川 よしえさんインタビュー

安倍政治に対抗する政治 地域から積み上げる  安保法制成立に危機感を抱き、4年前にミナセン尼崎をよびかけ、市民の立場で野党共闘を推進してきた弁護士・弘川よしえさん。統一地方選(4月)では、県議選に立憲民主党から立候補した …

【時評短評私の直言】西成特区構想と 増設されたカメラ 神戸大学准教授 原口 剛

釜ヶ崎監視カメラ弾圧  11月6日、釜ヶ崎にて警察による弾圧が起き、4名が不当に拘束された。団結テントに向けられた監視カメラにゴム手袋をかぶせ、撮影できないようにしたことが逮捕理由なのだという。きわめて正当で、しかも非暴 …

【告発】暗躍する「自衛隊情報保全隊伊丹」 関西各地の市民運動を日常的監視 春待ち人(関西在住労働者)

 私が自衛隊内に公安警察と同じ役割を担う「情報保全隊」がいることを知ったのは数年前で、京都・経ヶ岬の米軍Xバンドレーダー反対集会に参加した時だった。一緒に参加していた人から「あいつ自衛隊のやつや!」と言われて初めて気が付 …

那覇県庁前で集会、衝撃的な告発が しばたてつや(ジュゴン愛好家)

全国各地のフラワーデモに連帯して  毎月11日全国各地でフラワーデモが開催されている。フラワーデモとは、3月に立て続けに出されたレイプ加害者への無罪判決に対して、この国の司法はどうかしてる、誰かの尊厳を奪いつつ無関心では …

【時評短評私の直言】ナショナリズムを 飼い慣らすことができるか 阪南大学准教授 下地 真樹

歴史修正主義に毒される日本  2018年10月、韓国大法院が徴用工問題について、植民地支配の不法性を踏まえつつ個人請求権を認め、日本企業に賠償を命じる判決を出した。言うまでもないことであるが、事態の本質から考えても、昨今 …