【海外からのメッセージ】G20は世界を新たな金融危機にさらしている責任を問われなければならない ウオルデン・ベローさん

10年前、ピッツバーグで開催されたG20サミットでG20諸国の政府は新たな金融危機を防止するためにグローバル金融システムの大胆な改革を実施することを約束しました。G20が約束を守れなかったために、今日、世界は次の金融危機 …

【海外からのメッセージ】ボリビアから:私たちはG20がしたくないことをする必要がある パブロ・ソロン(元ボリビア国連大使)

日本の皆さん 私たちはG20についての不快な真実を暴露するために集まったすべての人々に連帯を表します。G20は毎年集まった資本主義の金融システムを救済する方法を議論していますが、その間にも人類と自然は生命の第6絶滅期に直 …

【海外からのメッセージ】インドネシア民衆闘争戦線(FPR)からの連帯メッセージ

日本でのG20サミットに反対する!全世界での帝国主義の介入、侵略戦争、ファシズムに反対しよう! 私たちインドネシア民衆闘争戦線(FPR)は、6月28-29日に大阪で開催されるG20サミットに反対している日本の様々な団体の …

#byebye_trump_Osaka2019 G20大阪NO! アクション・ウィーク-20 / 19 / 23-6 / 29 サヨナラ・トランプ!サヨナラ安倍!私たちの未来のために集まろう!2019年4月4日

私たち平和を愛する人々と社会のさまざまな成員の権利や環境保護に関わっている団体は、6月28日から29日に大阪で開催されるG20サミットに対する行動を準備しています。 世界中での継続的戦争と軍備強化、新自由主義的経済政策の …

【国際評論】ポール・スウィージーのファシズム論 翻訳・脇浜義明*

歴史の書き換え、言論統制(目に見えない形や自主規制を含め)、息苦しさ、マイノリティいじめや迫害、軍備増強、でっち上げ逮捕、オーウェル的ニュースピーク、監視等々、ファシズムの特徴が顕著になっている。それはもう「事件」ではな …

イスラエルのセファルディム:ユダヤ人シオニズム被害者から見るシオニズム

もう一つのアラブ・イスラエル問題 (編集部・脇浜)  (ニューヨーク市立大学の文化・女性学教授であるエラ・ハビーバ・ショハト(1959~)はイスラエル生まれのイスラエル育ちだが、両親は一九五〇年代初期に故郷イラクを逃れて …