【本】シングル単位思考法でわかるデートDV予防学 NOVO運営者 伊田 広行・著

DV予防教育から、適切な人間関係を学ぶ。

LINEで送る
Pocket

人民新聞の「ぷりずむ」でもおなじみの伊田広行さんの新刊「シングル単位思考法でわかる デートDV予防学」が発売された。大学の非常勤講師を務める著者が、授業で学生が挙げた事例に対し、どこがDVにあたるか解説し、解決策を提示している。

「デートDV」とは、恋人同士の間で起きるDVを指す言葉。デートDVは、5つのタイプ=(1)行動の制限、(2)精神的暴力、(3)経済的暴力、(4)身体的暴力、(5)性的暴力、に分けられ、殴る・蹴るといった身体的な暴力だけでなく、「通話履歴やメールをチェックする」「強引にAV動画などを見せる」といった精神的な暴力や、「デートの費用を全て出させる」などの経済的暴力も含まれる。

デートDVなんて、自分には関係ない、と思う人も多いだろう。しかし、 「ふつう」の恋愛にもDVの芽が潜む。授業を受けて、自分が加害者・被害者だったと気づいた学生もいる。

恋愛関係以外でもあてはまる内容も書かれている。例えば、「自分をコントロールし、成長や安全を脅かす人からは距離をとるべきだ」「世間の価値基準にあわせて自分の価値を計ってはいけない」などは、すべての人間関係に通じる考え方だ。パートナーがいない人も、人間関係の見直しに役立つ一冊だ。 (編集部 村上)

伊田 広行‥DV加害者プログラム・NOVO運営者。デートDV予防教育ファシリテーター。立命館大学など、大学非常勤講師。「ユニオンぼちぼち」執行委員。

LINEで送る
Pocket