差別の哲学入門』刊行記念企画 日常にある差別や偏見をどのように考えればいいのかに応える「差別の哲学入門」を著者と読み解く講座


イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ:

Pocket

テキスト/『差別の哲学入門』池田喬・堀田義太郎【著】(アルパカ/2021年12月)全国書店・Amazon等で発売中
視聴方法:ZOOMを使用
参加費:3回連続申し込み(割安/先着40名)3000円/本書と3回連続申し込み(更に割安+本送料無料/先着30名)5000円/各回申し込み(定員になり次第締め切り)1500円/1回
主催:デモクラシー・ラボ/運営協力:アルパカ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第2回:「第2章 差別はなぜ悪いのか」を読み解く
2022年2月26日(土)14:00~16:00
講師:池田 喬・堀田義太郎(著者)/進行:八尾浩幸(デモクラシー・ラボ)
内容:差別はなぜ悪いのかという問いに対し、差別の悪質さを考えるときの代表的な見解と言える四つの説を紹介します。こうした考え方を吟味し、それぞれの考え方のあいだの違いや、それぞれの考え方の重なりを確認するのは重要です。四つの説を説明し、考え方のポイントをわかりやすく説明します。
第3回:「第3章 差別はなぜなくならないのか」を読み解く
2022年3月19日(土)14:00~16:00
日常では差別や偏見が起きていますが、「これは差別なんだろうか?」と判断がつかなかったり、あるいはどう考えれば、どうすればいいのかと思い悩んだりしたことはありませんか。
本講座では、日常で起きている差別・偏見についていったいどのように考え、どのようにしていけばいいのかについて書かれた『差別の哲学入門』の著者が本書の読み方や大事な視点、ポイントをわかりやすく説明してくれます。
世界では盛んになってきた差別の哲学ですが、日本ではこれまで紹介されてきませんでした。悪質な差別をあたかも問題のない単なる区別かのように偽装せず、同時に、何でもかんでも差別と呼ぶような言葉のインフレに陥らないようにするために、「差別とはどういうものか」「差別はなぜ悪いのか」「差別はなぜなくならないのか」の3つの問いを通して、哲学的に差別について考える講座です。奮ってご参加ください。
質疑応答の時間もとってありますので、できるだけ本をお読みになって、わからないところなど著者に直接聞けますので、ぜひこの機会をご活用ください。
なお、早期であればかなり割安になるコースもありますのでお早目に申し込みください。
*この講座では、本書を持参してご参加ください。入手していない方は、イベント申込と同時に本サイトからもご注文できます。

Pocket