【PARC50周年記念講座】 問い続ける者たち―アジアと日本の歴史から描く未来


イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ:

Pocket

2022年4月~2023年2月金曜日10:30~12:30
全12回 オンライン(zoom)
受講料:各回1,000 円(PARC会員、25才以下の方、生活困窮者の方は無料)

1973年に設立したアジア太平洋資料センター(PARC)は、来年の2023年で50周年を迎えます。
英文『AMPO』を通じた国際連帯、企業のアジア進出の裏で起こった環境破壊や人権侵害の告発、
身近なモノを通してグローバリゼーションを考える市民調査、国際行事ピープルズ・プラン21、
そしてODAや貿易、債務などに関する国境を越えた監視と提言――。
50年の活動は多岐にわたり、時代とともに変化もしてきました。
しかし、PARCの設立時に掲げた「私たちが変わることで、南と北の人びとが対等・平等に生きることのできるオルタナティブな社会をつくる」という理念は今も変わりません。
この講座では、設立50周年に向けた取り組みの一環として、これまで活動の中心を担って来られた諸先輩を講師に、
PARCでの経験やその成果・意義、課題や失敗、当時の思いなども含めて、じっくりとお話いただきます。
会員、理事、事務局はもちろん、多くの方と時代の流れと変容を共有した上で、国内・国際的な運動の未来に向けた議論をするような時間をイメージしています。

6月10日(予定)(金)10:30~12:30
なぜ私が「ベ平連」に関わるようになったのか/ダグラス ラミス(沖縄キリスト教大学客員教授/「平和を求める退役軍人の会琉球・沖縄国際支部」(VFP-ROCK)代表)
7月8日(金)10:30~12:30
民衆の視点でアジアを歩く/内海愛子(恵泉女学園大学 名誉教授)
8月5日(金)10:30~12:30
アジアを歩く調査研究…鶴見良行、村井吉敬の仕事から/宮内泰介(北海道大学 教授/さっぽろ自由学校「遊」共同代表)
9月2日(金)10:30~12:30
国際民衆連帯としてのPP21/大橋成子(ピープルズ・プラン研究所 運営委員)
10月14日(予定)(金)10:30~12:30
PP21「水俣宣言」を改めて読む―水俣が世界に問いかける課題/谷 洋一(NPO法人水俣病協働センター/水俣病被害者互助会)
11月11日(金)10:30~12:30
アジアと日本の農民運動をつなぐ/大野和興(ジャーナリスト/日刊ベリタ 編集長)
12月9日(金)10:30~12:30
グローバル経済への批判と提言―IMF・世界銀行・WTO
井上禮子(パルシック 代表理事)
2023年1月13日(金)10:30~12:30
人々による平和づくりと民際協力への道―東ティモール/井上禮子(パルシック 代表理事)
1月27日(金)10:30~12:30
民際協力運動体を育むスリランカ社会/中村尚司(パルシック 理事/龍谷大学 研究フェロー)
2月10日(金)10:30~12:30
開発援助の功罪―NGO・市民社会の50年/神田浩史(フェアトレードタウン垂井推進委員会 会長/NPO法人泉京・垂井 副代表理事)

Pocket