【11月20日大阪地裁】国賠訴訟第6回へ参加を!

人民新聞編集長不当逮捕・家宅捜索抗議

 11月20日(水)13時半大阪地裁前アピール、14時202号大法廷/14時半~「銀行口座弾圧の拡大や全国の弾圧を許さない!報告集会」/弁護士会館9階904号

【発言予定】 ・「編集長逮捕と職場蹂躙を忘れない。国賠訴訟、必ず勝利!」人民新聞社、大川一夫弁護士他 ・「天皇制反対と銀行口座使用への弾圧拡大を許さない」統一共産同盟(北海道で亡くなった友人の生前の依頼に基づいて遺産を引き下ろしたら「窃盗罪」で不当逮捕。なお福岡でも友人に3千円を4回送金したら「無断で金貸し業」と逮捕。銀行口座と反天皇制弾圧の拡大) ・「帰ってきたぞ!残る仲間を返せ、今すぐ弾圧やめろ!」西山直洋さん(連帯労組関西生コン支部・被弾圧当該) ・他、各運動現場から  

17年11月に本紙編集長が不当逮捕され、兵庫県警が事務所を家宅捜索、名簿やパソコンを押収したことに対する国賠訴訟が、開始から1年を迎えます。前回は県警の反論と原告の再反論を事前に書面で提出しました。  

今回11月20日は、書面について双方が説明し、佳境に入ります。ぜひ傍聴席を埋めてください!  

また、天皇即位式の前に福岡、北海道で人民新聞と同じく銀行口座弾圧が多発しました。東京の反対デモでは3名が不当逮捕。関西生コンへの弾圧も止まりません。そこで当事者を招き、総合的な反弾圧集会として行います。ぜひこちらも参加を!

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。