【ぷりずむ】

LINEで送る
Pocket

 発言当時は日本維新の会に属していた丸山穂高衆議院議員、北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として国後島を訪問した5月11日の夜、訪問団員への取材に割って入り「戦争しないとどうしようもなくないですか?」などと発言した。また維新の会が参院選で公認(発言当時)する長谷川豊氏は、今年2月の講演会で「日本には江戸時代にあまりよくない歴史がありました。士農工商の下に、穢多・非人、人間以下の存在がいる」などと発言した▼かつてナチスが権力を握ったのは、第一次大戦で失ったものを戦争で取りかえそうとする意識と、ユダヤ人への差別意識が結びついたからだ。ナチスはそれを巧みに使った。今回の2人の発言は、かつてのナチスを思い起こさせる。大阪においては、これを生み出した大阪維新の会が第一の政治勢力であり、全国的にはアベ政治そのものである▼今まさに日本は大きな分岐点にある。衆参同時選挙となれば、議会はその手の勢力が圧倒的多数となる。その先にあるのは、かつてのドイツである。そして大きな破局である。そこまでゆかねば変わらないのか。かつてのドイツを教訓にして、繰り返さぬ道はないのか。  (n)

LINEで送る
Pocket