沖縄・先島現地取材(2)石垣島の自衛隊ミサイル基地建設

中国敵視と離島の要塞化を推し進める日米政府 地域・農民のたたかい

LINEで送る
Pocket

  前号の沖縄・辺野古に先立ち、石垣島・宮古島の自衛隊基地建設も取材した。陸上自衛隊は旧日本軍の離島捨て石作戦を引き継ぎ、「対中国」のミサイル配備を急速に進めている。将来の自衛隊の沖縄配備と連動している。しかし、地元の住民たちは、平和な地域と産業を未来に残すべく、粘り強い反対運動を展開している。まず様々な住民が一体となって反対する石垣島からお伝えする。(編集部・園)

 

南西諸島軍事要塞化の現状

 自衛隊は冷戦崩壊で「ソ連の驚異」を軍備増強の理由にできなくなって以降、「中国脅威論」を宣伝し、南西方面へ配備をシフトしている。2010年の尖閣諸島=釣魚台沖での中国漁船拿捕、12年の「尖閣国有化」により、宣伝と「島嶼防衛作戦」が一気に進んだ。

 15年、防衛副大臣が石垣・宮古を相次いで訪れ、市長に自衛隊基地建設への協力を要請。南西諸島の計画の全貌が明らかになり、各地の住民が連携しながら反対運動を開始した。これは防衛のためではなく、中国を標的にミサイルを撃ちこむことが目的だ。もし現実化したら、反撃で離島は焦土と化すだろう。

 政府・防衛省の態度は、(1)離島を「対中国戦」の捨て石にする残忍な思考。(2)自治体市長を言いなりで同意を取り付ける。(3)徹底した説明拒否の強行だ。

 この結果、まず与那国島は16年3月に自衛隊の沿岸監視隊160人が配備・駐屯地が開設された。すでに地域生活や環境の破壊が起きている。だが各地の住民は歴史と地域に根ざして抵抗している。

 石垣島は15年8月に「自衛隊配備を止める住民の会」を結成し、内外から35558筆もの配備撤回署名を集め、提出。講演会や街頭アピール、ネットで反対世論を高めてきた。

 だが、市議会与党は16年に配備を求める決議を可決し、中山市長は突然年末に受入れを表明、18年3月には三選を果たすなど、厳しい状況が続いている。

 だが、「軍事基地を作らせない市民連絡会」の藤井幸子さんは「自らの立場を明確にすることがためらわれることの多い島社会だが、配備問題が市民に浸透し、行動する人が増えている。国が相手だから厳しい闘いだが、9月の市議選で野党多数を目指しています」と語る。

 

死ぬ前に後悔しないため声を挙げる医師

 「住民の会」の共同代表は、地元の医師や農家だ。その一人で内科医院の上原秀政さんは、八重山地区医師会の会長も務めている。

 「私は立場上、保守層とも付き合いがあり、市長も高校の後輩です。ただ、長崎の海上保安庁から要請され、ヘリに乗って脳出血の患者の救助に行った時、尖閣諸島の南小島に降り立っことがあります。石垣市の行政区ですが、岩だけの水もほとんどない島です。また10年に中国の漁船が海上保安庁に追われて衝突したとき、海保の嘱託医をやっており、けがした漁船の船長を診察しました。政治的ではない、少し荒っぽい普通の海人です。以前は魚を追って漁船が領域内に侵入しても、海保は逮捕せず、なあなあで済ましていた。なのに突然追いかけたから、船長はどうなるか不安で逃げようとしたわけです。診察したら、ストレスによる頭痛と不眠でした。

 こうした経験から、尖閣は国が勝手に八重山に編入し、国有化もしただけだと思うようになりました。八重山の歴史から見ても、尖閣に対する領土意識はありません。国が領土紛争を煽り、中国の怒りを買っているだけです。しかも自衛隊基地まで来る。かつて石垣に日本軍が来ましたが、マラリアで住民も軍も大勢が死にました。『国防の空白を埋める』と言われる実態は、犠牲の押しつけです。八重山が再び犠牲にされるのはごめんです。

 名護、沖縄市長選と同じく3月の石垣市長選でも自民党議員が50名以上来て、市長支援企業が期日前の集団投票を行いました。自衛隊配備は7割以上の住民が反対し、自分は仕事上の支障が少ないため声を挙げられています。仕事柄、人の死に接しますが、多くの人が死ぬ前に後悔することは『もっと言いたいことを言えばよかった』です。だから僕は後悔しないためにも声を挙げます」

 

親たちは沖縄で米軍に土地を取られてここに来た

 石垣島の自衛隊配備予定地は、島の中心部の「平得大俣(ひらえおおまた)」地区。「豊かな農地と、沖縄最高峰の於茂登(おもと)岳のふもとで、住民生活に多大な影響を及ぼす。周辺4地区は全て反対しており、その中心は農民だ。

 「住民の会」共同代表でマンゴー農家の金城哲浩さんは語る。「長年続けたマンゴー生育は、ようやく関東などに安定出荷できるようになりました。島の外に出た子どもたちも戻ってきて、一緒に作業できています。基地はこの環境を騒音や汚染水などで壊します。また若者も帰ってこなくなります。農業を大事に地域を作るべきです」

 同じく共同代表の嶺井善さんは、石垣島ウコン事業協同組合の理事だ。下校する子どもたちに「この地域の子どもはみんな自分の子どものようなものだよ」と挨拶しながら、語った。  「基地は生態系を壊します。私たちのような加工業は、どんな水を使っているかなどが問われますし、畜産も騒音で被害を受けます。良い環境をこのまま子どもたちに残したい。石垣のような小さな島は有事の逃げ場はなく、基地は一度作ったら国有地だから消えません。沖縄で米軍がやっている暴力が石垣島でも自衛隊にやられます。

 石垣も今は観光業が栄えていますが、外から来た企業は何かあればすぐ撤退するため、自衛隊に反対しません。私たち住民は残るしかないから反対するし、観光の繁栄には限界があります。私たちの親世代は、1940~50年代に沖縄で嘉手納基地に土地を取られたためこの地に移住してきました。何も無い場所を必死に石をどけて、耕し、畑を作ってきたのです。その流れに自分がいることを忘れたくありません」

 

防衛は口実離島を捨て石に

 住民の話から明らかなように、防衛省=自衛隊は住民生活を破壊している。

 沖縄の米海兵隊は先制攻撃の部隊であることと同じく、結局「防衛」は口実に過ぎない。中国を仮想敵化し、「尖閣が占領される」とでっち上げ、戦前と同じく離島を捨て石にして対抗するという、二重・三重に許されない作戦だ。

 石垣島住民一体で基地を止めている。次回はすでに基地建設が急ピッチで進む宮古島の現状と、反対する住民、農家の声をお伝えする。

LINEで送る
Pocket