【人民新聞弾圧】各界からの抗議メッセージ

抗議声明賛同300人超、執筆者・議員・弁護士多数 次号も掲載

LINEで送る
Pocket

我が友=山田編集長への弾圧を許さない! 戸田ひさよし(大阪府門真市議)

 私が最初に山田君と出会ったのは1985年に始まった指紋押捺拒否闘争の日本人支援者としてだったから、実に32年のつきあいだ。私は在日集住の大阪市生野区在住の、山田君は尼崎市の拒否当事者を真摯に支援する尼崎市在住の非共産党反差別の左翼活動家として我々は知り合った。次いで山田君の情熱的正義感と真実探求姿勢を知ったのが、92年発覚・全市議辞職~市議選に至る「尼崎市議会不正出張追及闘争」での市民活動家兼報道者としてだった。

 ほぼ同年齢(私が1才上)で「結構気の合う友人」(山田君の方がソフト文人派だが)として交流を重ねてきたが、山田君の人柄は32年前の青年時代と少しも変わらず、年輪と場数を踏んだ分だけ深さを増している。尼崎市で山田君と運動を共にした中から多くの市議が輩出され、県議や国会議員になった人もいる。そうした人たちには「赤軍支援だから」という権力弾圧正当化のプロパガンダに流されることなく、違法不当な逮捕監禁事件として事実を見据えて山田君救援の側に立ってほしい。

 編集長としての山田君は70代から10代までの多種多様な傾向の調整に苦慮しつつ、高精度PCの採用とIT分業体制を確立させ、茨木市の新事務所をウッディな開放的設計にするなどして人民新聞復興のメドを付けた名編集長でもある。過去の不当ガサには公安の顔写真を公開するなど、権力へのダメージも与えてきた。だからこそ権力が危機感と憎悪を持って逮捕監禁に踏み出したのかも。

 長期接見禁止投獄も予測されるが、彼のことだから多様な抵抗と記録作成をしていくだろう。それはそれで期待しつつも、私は「山田君をすぐに釈放せよ!」と求めていく。

明らかな出版・報道に対する弾圧だ 読者・山田耕平(和歌山県)

 先週の木曜日だったか、パソコンに向かいながらついでにMBS毎日放送、夕方のニュース「VOICE」を観ていたら、「日本赤軍に不正送金」と。

 いささか不謹慎ですが「日本赤軍とはまた懐かしい名前やなぁ。ある世代しか分からへんでぇ」などと独り言をブツブツ。ところが捜索を受けたのが「人民新聞社」で逮捕されたのが山田洋一編集長と。思わず「ええっ!」とテレビの方に向き直りました。というのも、その10日ほど前に当の山田編集長から電話があって、名乗ったのちに「地方の記事と写真を投稿して下さい」と言われました。文章は素人ながら、写真はプロのは端くれなので快諾したところでした。

 そもそも、普通の、ま、自分では普通だと思っていますが、生活をしている市民の知り合いが逮捕され、それがテレビで報じられるなどまあ一生経験することはないでしょう。

 ところがこれは実際に起こった、起こっている現実の話です。「ああなるほどなぁ」と。明らかな政治的弾圧に他なりません。しかも出版・報道に対する弾圧、平たく言えば嫌がらせです。逮捕容疑は「詐欺」とのことのようですが、これはかなり無理があります。

 本人が金銭的利益を得ていないのです。たとえ起訴できても、こんな稚拙な手法で公判維持などできません。とにかく、今、出版を妨害したい! ただそれだけです。また、なんでもかんでも古典的「過激派」キャンペーンの「赤軍」という名前を付ければ、世間の人はナットクするとでも思っているのでしょうか。改めて今回の逮捕に抗議し一刻も早い釈放を要求します。

収監者の健康を損ねる差し入れ制限に抗議する! 差し入れおばさん(兵庫県)

 編集長のために、人生で始めて警察に差し入れに行く。寒いので暖かい衣類が必要、ただし、Gパン、タートルネック、ひも付き、長いものはだめと聞いていた。セーター、フリースの上下、スエットの上下、ヒートテックのシャツを準備し生田署に駆け付けた。ここでは、ヒートテックのシャツが伸びるので却下。

 2回目、前回ダメといわれたヒートテックはやめ、長袖Tシャツ、毛糸のセーター、ハイソックス、厚手素材のズボンを用意。ところが、ここで通ったのはセーターのみ。

 係官は長いTシャツはだめ、靴下はくるぶしまでとまるで中高生の生活指導の教師。

 厚手のズボンはひももないし大丈夫と確信していたのでダメといわれても納得できず、「どうしてですか?」と聞く。係官は納得のいく説明をしてくれず、たまたまそばを通りかかった先輩らしき警察官に「これだめですよね」と聞くとその先輩は現物のズボンを手に取ることもせず「だめや」とバッサリ。ほとんど、いやがらせだ!

 衣類以外で本を差し入れたが、驚くことに栞紐を切り取ることが差し入れの条件。

 あほらしいと思いながらもイヤミで「つないで長くして首つりにするんですか?」と聞くとうなずいていた。生田署のいう長いものとは何センチ? 生田署の収監者いじめのドレスコード(!)ももらった。

 差し入れ者ビギナーとして驚くこと連発だが、これからますます寒い季節、生田署内で編集長の健康が損なわれないよう監視の目を持ち、差し入れを続けたい。

抗議声明の議員賛同者

木村真(豊中市議会議員)戸田ひさよし(門真市議)井奥雅樹(高砂市議)是永宙(高島市議)山﨑憲一(尼崎市議)けしば誠一(杉並区議)高木隆太(高槻市議)川口洋一(高槻市議)熊野以素(豊中市議)高橋登(泉大津市議)中西智子(箕面市議)手塚隆寛(枚方市議)佐々木希絵(河南町議)杉谷伸夫(向日市議)丸尾牧(兵庫県議)山下けいき(茨木市議)宮坂満貴子(川西市議)次田典子(京田辺市議)尾和弘一(岩出市議)

弁護士賛同者

大川一夫/辻恵/一瀬敬一郎/中北龍太郎/永嶋靖久/吉田哲也/弘川欣絵

LINEで送る
Pocket