【人民新聞弾圧】フィリピンからの抗議声明

LINEで送る
Pocket

フィリピンの運動団体 Kilusan para sa Pambansang Demokrasya (Anti-Imperialist and Democratic Movement) より、人民新聞への弾圧に対する抗議声明が寄せられました。以下紹介します。(編集部)

キルサン・パラ・サ・パンバンサング・デモクラシャ(反帝国主義民主主義運動)からの連帯声明

2017年12月6日

日本における共謀罪による言論の自由弾圧への抗議─これを許せば、次に何がくる?

 「テロ等組織犯罪準備処罰法」(共謀罪)発効後4か月、この法が成立すれば一般民衆の市民的・政治的権利が侵害されると多くの人々が心配していたことが、本当になった。

 我々、フィリンピンにおける反帝国主義・民主主義運動「キルサン」及び専制政治反対する人民運動のメンバーは、「犯罪」」としてリストアップされた227の行為を計画または準備すると当局から判断される人を予防逮捕、拘留、処罰する、建前上反テロを名乗るこの法律がもたらす恐るべき結果に、近隣アジア人として深い危惧の念を抱いている。

 11月20日、日本の公安警察は大阪にある人民新聞社に押し入った。その前に、午前7時、兵庫県尼崎市にある同新聞社編集長の自宅へ、きちんとした関係当局発行の捜索令状も示さずに乱入、家を隅々まであさり回り、パソコンや携帯電話などの編集長個人の私物を押収、編集長を逮捕し、兵庫県警生田署へ連行、不当拘留している。

 その後午前9時に人民新聞社を強制捜索。新聞社スタッフが出勤したとき、20人以上の警官が建物と入り口を取り囲んでいた。警官は質問する新聞社スタッフに答えず、捜査令状もきちんと見せず、強引に事務所に入った。社員に電話の使用も写真撮影も許さなかった。新聞社事務所は一般住宅ビルの中にあり、近所の住民を尋問したり、所持品検査をしたり、住居の中を調べたりした。警察はパソコンなど新聞社の備品類や読者名簿まで押収した。

 拘留中の編集長は接見禁止。
 人民新聞は、金持ちが支配する一般の商業新聞やメディアが提供しない批判的な考え方やものの見方、一般メディアが報道しない真実などを、労働者階級を中心とする日本人民に提供してきた。その新聞社への警察権力の襲撃は明らかに言論統制であり、一般民衆に猿ぐつわをかませる行為である。これに関連して東京でも弾圧があった。
 日本国会が先制攻撃あるいは予防逮捕と分類する共謀罪によって、一般民衆が権力の恣意によって犯罪者にでっちあげられる。社会を批判する者は、ますます独裁的で軍国主義化する現政権から、「犯罪者」として検挙される。実に恐ろしい法律である。

 我々は、全世界の人権活動家や民主主義者に、日本の反動化と軍国主義化に警戒し、それに反対する声を上げることを呼びかける。日本政府に再び近隣諸国侵略の道を歩むな、民主主義と民衆の自由を保障せよと要求しよう。日本を支配する政治家に、自国民を含むアジアの人々に地獄のような苦しみを与え、今もその傷跡が生々しく残している過去のファシズムに、二度と回帰するなと呼びかけよう。

 日本及び世界の軍国主義化と止めよう!
 不当な権力の犠牲者の即時釈放と補償を求める!

(文責:日本との連帯コーディネーター、エメリン M.アリヴィアノ)

Suppression of Freedom of the Press through the Conspiracy Law – What Comes Next?

Kilusan para sa Pambansang Demokrasya (Anti-Imperialist and Democratic Movement)

Four months after it took effect, the new Act on Punishment for Preparation of Acts of Terrorism and Other Organized Crimes or Conspiracy Law is proving right the fears expressed by a number of people earlier in the year that once passed, this law will be very open to abuse people’s civil and political rights.

We, members of Kilusan, an anti-imperialist democratic movement in the Philippines and the People’s Campaign Against Tyranny express our deepest concern over the terrifying effect of this supposedly anti-terrorism law that allows preemptive arrest, detention and punishment of persons planning or preparing any of the 227 crimes in a list.

Last November 21, Japanese security forces clamped down on the Jinmin People’s News in Osaka. Without any warrant from proper authorities, they entered the house of its editor in Amagasaki, Hyogo Prefecture, 7:00 am, ransacked the entire house, confiscated his personal belongings, including computers and cell phones arrested the editor and took him to the Ikuta police station of the Hyogo prefectural police.

The raid of the People’s News press office followed at 9:00 am. Over 20 police officers surrounded the office and as soon as a staff member showed up for work, the police started the search inside the office. They neither allowed the newspaper staff to use their phones nor use to take photos. As the office was located in a residential building, they frisked and interrogated all the residents and inspected their units. The police confiscated their personal computers and the list of their subscribers. They held the editor incommunicado for several days.

This clampdown on a legitimate community newspaper that provides Japanese working people a venue for critical views that otherwise would not see print in the millionaire-controlled mainstream media in Japan is therefore a clearly means gagging the Japanese common man.

This attack and the similar instances in Tokyo must be sending shivers down Japanese people’s spines. With the Conspiracy law that the Diet classifies as preemptive, ordinary people can easily be targeted and be accused of planning a crime. Social critics can easily become victims of tyranny of a state that is increasingly becoming autocratic and militaristic again.

We call on all human rights advocates and democrats the world over to speak out and campaign against the rising militarism in Japan and call on the Japanese government to reverse this track, uphold democracy and freedom. The Japanese ruling elite cannot, and should not be allowed to revisit its fascist past that caused widespread suffering to the people of Asia, including their own people, and for decades left its stigma on the Japanese people.

Stop the rising militarism in Japan and in the world!

We call for the release and indemnification of all those unjustly victimized.

LINEで送る
Pocket