ぷりずむ

政治も政治家も消費の対象に・・・

LINEで送る
Pocket

 小池百合子と希望の党の人気がガタ落ちした。それもそうだ。安保政策はアベを支持し、憲法改悪も積極的なんだったら、希望の党は何のために旗揚げしたのか。そこへ若狭が「次の次でいい」と言ってるのだから、今回は勝つ気すらない◆もともと前原が民進党を解体して希望の党へ合流させたのも、「何としてもアベ政権を終わらさせるため」だったわけで、前原はだまされたことになる。しかも、合流してくる連中を選別し排除までしてしぼり込んだことからも、勝つ気はなかった。希望の党がしぼむのと反比例して自民党が息を吹き返したのだから、小池がやりたかったのは野党共闘にクサビを入れてアベを延命させることだったのではないか◆それにしても、昨年の都知事選フィーバーに始まって、今年の都議選の雪崩のような勝利とそれに続く希望の党の結党と大人気。つい昨日のことなのに今や人気凋落と、東京―連中のこの心変わりの激しさに驚く。これまでにも、猪瀬しても舛添にしても、東京都知事を、みんな最初はもちあげておいて、スキャンダルを見つけて最後はひきずりおろす。まるでそんな政治ショーを楽しんでいるように見える◆かつて橋下が、「政治家にも賞味期限がある」と言ったことがある。テレビで人気になった彼らしい発言とは言え、いやらしい考え方だ。だが東京の連中を見ていると、彼らは政治も政治家も消費の対象にしかしていないことが、よくわかる。(や)

LINEで送る
Pocket