【映画紹介】ドキュメンタリー映画「米軍が最も恐れた男~その名は、カメジロー」

悲惨な選挙結果 現役政治家の浅薄さを際だたさせる

LINEで送る
Pocket

 総選挙が終わった。想定した通り悲惨な結果となってつくづく思うのは、与野党ともに政治家の人間的な魅力のなさ、思想のなさだ。数々の演説を我慢して聞いたが、胸打つものはどれもなかった。今の日本に「カメジロー」はいない。
 1945年の沖縄戦にはじまり、米軍統治下で屈辱的支配を受けながら、沖縄の人々を奮い立たせ、米軍支配との闘いの先頭に立ち続けた瀬長亀次郎の一生を追いながら、沖縄の米軍支配下における熾烈な闘いの歴史と、今日の辺野古・高江の闘いに至る過程をドキュメントした逸品だ。
 米軍支配下に置いても、本土復帰後も米軍基地の存在を強いられる差別と圧政のなか、彼の演説会場にはいつも数万の人々が押し寄せた。カメジローは、人々に「不屈」の精神、闘いへの確信と勇気を与え続け、その一生を終えた。
 沖縄の戦後史を知る上でも貴重なドキュメンタリー映画であり、また瀬長亀次郎が「日本共産党の衆議院議員」だったという一面だけを思い込みがちだが、この映画を通じて「不屈の人間カメジロー」を改めて知る機会となると思う。同時にこの時期の公開は、今の政治家のいかに浅薄かを暴きだす映像ともなった。
(松永了二)
▼公式HP:http://www.kamejiro.ayapro.ne.jp/
[東京]渋谷・ユーロスペース/[神奈川]横浜シネマ・ジャック&ベティ(~11月10日)/[大阪]十三・シアターセブン(~12月1日)/[広島]横川シネマ(~11月22日)/え[沖縄]那覇・桜坂劇場/※その他、全国で上映中。上映日・時間などは各館にお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket