【7月衆参同日選挙に向け】アベノミクスに対抗する 左派の経済政策を 松尾 匡(立命館大学教授)、山本 圭(立命館大学准教授)、西郷 南海子(薔薇マークキャンペーン事務局長)

薔薇マーク キャンペーン  以下の「反緊縮」の経済政策を公約に掲げた候補者を「薔薇マーク」に認定します。(1)消費税の10%増税凍結。(2)人々の生活健全化を第一に、社会保障・医療・介護・保育・教育・防災への大胆な財政出 …

【門真市】維新の実態を暴露する 活動を続ける 戸田 ひさよし(前・門真市議)

公明党叩きを期待する市民感覚が維新へ 大阪の統一地方選で維新が大勝したが、市民派として活動してきた戸田ひさよし市議は、惜しくも落選。市議会は、維新公認市長のもと、維新・公明・自民で議席の85%という圧倒的多数となった。戸 …

【与那国島】自然豊かな小さな島が 島嶼軍事拠点に山本 英夫(フォトグラファー/名護市在住)

 フォトグラファーの山本英夫さんは、1989年5月から沖縄を訪れ、95年から沖縄・日本各地の基地・軍隊を撮影している。近年、「与那国通い」を重ねる山本さんに、与那国島の現状について寄稿していただいた。 (編集部)  初め …

【時評短評 私の直言】戦没船員の追悼式 で感じた強い危惧柿山 朗(元外航船長/元海員組合全国委員)

 5月15日、私は観音崎公園(横須賀市)で行われた戦没・殉職船員追悼式に参加した。海に面した碑文には「安らかにねむれ わが友よ 波静かなれ とこしえに」と刻まれている。太平洋アジア戦争では約6万600名の船員が命を落とし …

【映画紹介】日本軍「慰安婦」 史実を物語で再現 「雪道」上映会主催者 方 清子さん(日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク)インタビュー

日本の加害責任明らかに 5月6日、日本軍「慰安婦」問題の韓国映画『雪道』が関西で初公開された。会場は東成区民センターで、150人以上が参加した。映画は史実に基づいたドラマで、「慰安婦」にされた少女の当時と、86歳となった …

【天皇制を考える】「特区構想」に抵抗し 釜ヶ崎から天皇制を突き崩す 尾崎 美代子(居酒屋はな店主)

意見特集(9) 釜ヶ崎より  天皇賛美の「令和! 令和!」の大合唱、「奉祝」ムード一色という異様な状況の対極にあるのが、釜ヶ崎だろう。その釜ヶ崎では3月31日以降、労働者らにより闘われていたセンターでの「自主管理」が、天 …

【天皇制を考える】国の中枢が天皇だから民主的で開明的な国にならない 読者T

「言わせて聞いて」への投稿  私は天皇制に反対だ。「明仁が平和主義者」だったとしてもだ。いや、「明仁が平和主義者」ならなおさら「天皇制に反対」だ。この2つは矛盾であるどころか論理的に直結する。   危うい制度、 天皇制 …

【天皇制を考える】天皇翼賛報道でメディアは死んだ浅野 健一(元・同志社大学大学院教授)

意見特集(4)メディアの視点から異論を排除する天皇交代・改元報道 エイプリルフールに安倍晋三首相が新元号発表で記者発表、メーデーに新天皇即位儀式が行われた。安倍官邸と電通・博報堂の共謀で、改元によって「新しい時代が始まる …

反戦・反基地運動の衰弱 安倍の軍拡を追及する運動を池田 五律さん(戦争に協力しない!させない!練馬アクション)インタビュー

国家安全保障官僚による軍拡路線(2) 前篇では、中国脅威論と自衛隊ミサイル配備の狙いを掲載した。今回は、日本の反戦運動の現状について、長年の経験をもとに、総括と展望を聞く。 (編集部) ―米朝首脳会談の継続、南北融和が進 …

【天皇制を考える】天皇制批判に応える一水会・元最高顧問 鈴木 邦男氏に聞く

意見特集(5)右翼団体の視点から 一水会元最高顧問・鈴木邦男氏は、天皇制を支持しつつも、安倍内閣や日本会議など改憲勢力を批判する。ネトウヨ的排外主義も厳しく批判する鈴木氏に対し、「天皇制は、(1)人民統治の道具、(2)植 …