【映画紹介】「新聞記者」が公開

LINEで送る
Pocket

森友・加計事件や辺野古 赤土問題など、菅官房長官 追及した望月記者を題材に

 映画「新聞記者」がいよいよ公開される。森友・加計学園事件をきっかけに官邸付き社会部記者となり、菅義偉官房長官の定例記者会見において、加計学園事件などの真相に執拗にせまる望月衣塑子さん(東京新聞記者)を題材にしている。  

映画は彼女の著書「新聞記者」(KADOKAWA・2017/10/12)が原案になっているが、映画内容はサスペンス風に描かれている。  

魑魅魍魎とした官邸の忖度政治、政治家の暗躍と官僚の犠牲、メディアへの抑圧と堕落、それと果敢に闘う女性記者はリアルに描かれおり、参議院選挙を直前に権力から横やりが入らぬか心配する向きもあるそうで、注目される映画だ。  

日本映画ではあるが、主演に韓国の演技派女優シム・ウンギョンが起用され、東京新聞社も協力している。望月衣塑子記者や前川喜平元文科相事務次官も出演しているというから興味深い。   (松永了二)

LINEで送る
Pocket